フォト

« 2023年6月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月

2023年9月18日 (月)

腰痛のお客様への評価・改善アプローチ例  

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp

トレーナーの鈴木です。

 

9月に入りましたが、まだまだ暑い毎日が続きますので、喉が渇く前に定期的に水分を補給するよう心がけていきましょう!

 

さて、今回は突発性腰痛(ぎっくり腰)を発症されたお客様の改善例と、実際の評価項目とアプローチを公開させていただきます。

銀座TRUEのセッション内容を知りたい方や痛みに悩まれている方、ご参照いただきますと幸いです。

 

〇急性腰痛改善の症例

50代の女性

既往歴:特に誘因なし

荷物を持ち上げる際に突如発症

急性期の痛みが落ち着き、発症から2週間後のセッション

 

評価

・疼痛動作 : 前屈時激痛 後屈時痛やや痛み 回旋時やや痛み 歩行動作は可能

・疼痛部位 : 左仙腸関節つまり感 左臀部の痛み T10〜L5 圧迫感のある痛み

・静的アライメント評価 : 左寛骨前傾・左大腿骨内旋 体幹左側屈 下位胸郭右回旋

・動的アライメント評価 : 前屈時PSIS上方偏位顕著 左胸郭の拡張低下 下位胸郭左回旋機能低下 歩行動作左大腿骨の内旋過多

 

目標

・痛みの除去 改善

・寛骨のアライメントの改善

・胸郭拡張性左右対称性の獲得

・体幹機能の安定性の獲得

 

改善プログラム

・大腿直筋 大腿筋膜張筋 小臀筋前部繊維 中殿筋前縁 上臀皮神経のリリース

・股関節 伸展外旋内転位でのストレッチ

左寛骨のアライメント調整の為、腸腰筋 股関節外旋筋群 右多裂筋の活性化

⇒前後屈時の仙腸関節痛は無くなったが、後屈時の腰部痛残存

 

・胸腰筋膜周辺のリリース

・T6〜T12から腸肋筋 広背筋のリリース

・内腹斜 腹横筋深層 腰方形筋から腸肋筋、広背筋のリリース

・腹直筋 外腹斜筋のリリース

・体幹右側屈 左回旋のストレッチ⇒前屈 後屈 回旋時痛とも消失

 

セッション後

・日常生活動作における痛みの改善

・頭部〜上位胸椎による代償が減少し、矢状面アライメント改善

Image0_20230804130301

今回は、胸郭拡張性低下、骨盤アライメント不良との2つの改善点がある症例であり、前屈後屈での起きている痛みの原因が異なり、一方のアプローチだけでは痛みの改善には至りませんでした。

痛みの部位とそれぞれの痛みに対する原因についての評価が必要であり、それを元に的確な改善アプローチが必要となると再認識したケースでもあり、身が引き締まりました。

 

銀座TRUEでは長年通われているお客様でも必ず毎回お身体の評価をさせていただいております。

病院で診断せずに薬を処方することと、評価せずエクササイズを提供することは同じように危険な行為だと思っております。

長々とお読みいただきありがとうございました。

 

新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡を頂きますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~  

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

« 2023年6月 | トップページ | 2023年10月 »

他のアカウント

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ