フォト

« 「グループレッスンでも活かせる!美しい背中作りの為の【肩関節】~評価・改善アプローチ法~」セミナー開催いたしました | トップページ | 「グループレッスンでも活かせる!美しい背中作りの為の【体幹・脊柱・胸郭】~評価・改善アプローチ法~」セミナー開催いたしました »

2020年12月19日 (土)

空間的評価と相対的評価

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp)

トレーナーの今井です。

 

寒い毎日が続きますが、手洗い・うがいといった対処法はもちろんのこと、防衛体力(免疫力含む)を高める心がけを年間通してルーティン化していきたいものですね

睡眠・栄養はもちろんのこと、体温を上げるということが非常に大切なキーワードになります⇒筋量を増やす&ストレッチ等で血液循環を良好にするということは良く耳にすると思いますが、機能的な姿勢・動作を保てる身体作りということが根本になってくると思われます。

 

さて、今回はまず↓の画像をご覧ください!

  Img_20201218_224148_20201219154001

像左側は、「胸を張りましょう!」「肩の真上に耳をもってきましょう!」とよくあるフレーズで修正されることの多い、一見良さそうな姿勢になります。

 

ちなみに、中間位(ニュートラル)はこちら↓↓↓

ソース画像を表示

 

画像左側の腰部を中間位(左側は明らかに反り腰ということになります)にしていただいた画像が右側になります。

お気づきの方もいらっしゃるかと思われますが、左側も右側も背骨下部(腰椎~胸椎下部)に対する背骨上側(胸椎上部~頸椎下部)の角度は一緒になります。

という訳で、左側は腰を反らすことで、一見良さそうな姿勢になっていますが、腰への負担はもちろんのこと、背骨下側に対する背骨上側の角度は右側同様大きい為、肩(肩甲骨)が上がってしまい、首は全くリラックス出来ていません。

一見姿勢が良さそうなのに、腰痛・肩こり・二の腕、首、鎖骨周りがスッキリしないなんて方は、この辺りに理由があるかもしれません。

※運動指導者・治療家等の方は、上記のように空間的評価と相対的評価を考慮する必要があります。

 

Dsc_1366_20201219155201

↑画像のように、股関節を深く曲げると腰部が反りにくくなりますので、画像の状態で、肩を下げる意識を持ちながら上背部・首の付け根を反らす動きは大変意義深いエクササイズになります(謝っている訳ではありません)💪

是非、お試しください!

 

新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております! 

~「銀座 TRUE」~  

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

0001_20200817173401

 

 

 

 

 

 

« 「グループレッスンでも活かせる!美しい背中作りの為の【肩関節】~評価・改善アプローチ法~」セミナー開催いたしました | トップページ | 「グループレッスンでも活かせる!美しい背中作りの為の【体幹・脊柱・胸郭】~評価・改善アプローチ法~」セミナー開催いたしました »

姿勢・動作分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「グループレッスンでも活かせる!美しい背中作りの為の【肩関節】~評価・改善アプローチ法~」セミナー開催いたしました | トップページ | 「グループレッスンでも活かせる!美しい背中作りの為の【体幹・脊柱・胸郭】~評価・改善アプローチ法~」セミナー開催いたしました »

他のアカウント

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ