フォト

« 「グループレッスンでも活かせる!ストレッチの全てが解る!これで完璧、ストレッチ講座 ~体幹・脊柱・肩甲帯・上肢編~」セミナー開催致します | トップページ | 新型コロナウイルスの対策と取り組みについて »

2020年3月31日 (火)

ストレッチをしましょう!

こんばんは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE(www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの今井です。

 

3月も終わりを迎えますが、この1か月間自粛等により、身体が動かせていないな~と感じる方がほとんどだと思われます。

そこで今回は、誰もが何処でも気軽にできるストレッチが身体に及ぼすメリットをお話しさせていただきます。

 

そもそもストレッチは身体の柔軟性を高めるor維持するor血流促進等の為に行われますが、逆に身体が硬い・関節が動かないというのはどのような状態のことを指すのでしょうか?

銀座TRUEでは、運動指導者・治療家・医療従事者向けセミナーでも必ず毎回お話しさせていただきますが、可動域制限の要因を下記の3つで分けて考えています。

筋攣縮(きんれんしゅく)・・・筋が痙攣した状態のこと=血液循環不良も起こしている

筋短縮・・・筋繊維を構成する基本単位である筋節が減少している=筋肉自体の長さが短くなってしまった

筋膜の線維化・癒着

 

という訳で、単に身体が硬い・関節が動かないといっても、生理的機序や要因が異なります為(例:使いすぎor使わなすぎ等)、細かく評価すると部位によっても対処方法が変わってきます。

 

①の場合は、使いすぎ・負担がかかりすぎている箇所に起こります為、血流の循環を良くするようなことを行い、最終的には負担がかかり過ぎないような姿勢・動作の獲得を習得することが一番の改善方法になります。

 

②・③は、不動や運動不足、もしくは代償運動により伸張されていない箇所が存在すること等が原因の場合が多いです(①との複合もあります・・・)。

 

Kinsyusyuku11024x478_20200331125701

上図は、筋肉の最小単位になる筋節が横に並んでいる図ですが、筋短縮とはこの数自体が減少してしまうわけですから、筋肉が伸びにくくなるイメージも湧くと思われます。

ストレッチを行った直後は誰でも柔軟性が増しますが、これは血流が良くなったり神経が抑制されることで起きている現象になる為、短縮部位がある場合、筋節の数が増えないことには本当の意味での可動域拡大ということにはなりません。

 

Suwaru_shisei_good_20200401002601

例えば、↑のように座っている姿勢は股関節の前面(赤曲線の部分)がずっと短縮しています。このような状態で長時間不動でほとんど歩かないでいますと(歩くという動作が股関節前面のストレッチになる)、筋節が減少して股関節の前面が伸びにくくなり、下肢が後ろに伸びない(股関節の伸展制限)歩き方↓に変化していくなんてことが起きる可能性も想像できます。

1_20200401002901

 

1カ所でも短縮部位があることで姿勢・動作が崩れていき、局所に負担がかかる筋攣縮部位が作られてしまうことにも繋がり、痛み・違和感・浮腫み・膨張等、精神にも見た目にもよろしくない状態が作られていくことになります。

 

ここまでお話しすると想像がつくと思われますが(笑)、想像通り、一度短縮してしまった筋長を取り戻すのに、ストレッチによる筋腱移行部への刺激が筋節の増加をもたらすという素晴らしい生理的機序が存在します。→筋短縮を予防するために毎日ストレッチを欠かさず行うという解釈でも良いかと思われます(残念ながら全身どの部位も短縮していないという方はそれほど多くありません、、、)🎶

 

毎日、全身隈なくストレッチされることがベストですが、それほど時間を確保できないという方には、股関節・足関節のストレッチが特におススメです!

Img_5730 Img_5687_20200401151701  

是非、毎日の習慣にしていただきますと幸いです

今井

 

新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡をいただきますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

 

 

☆~指導者向けセミナー情報~☆

「グループレッスンでも活かせる!ストレッチの全てが解る!これで完璧、ストレッチ講座 ~体幹・脊柱・肩甲帯・上肢編~

 ◆ ストレッチの効果・メカニズム・・・ストレッチをすることで身体はどのようになっている(いく)のか?

 ◆ 運動/神経生理学・機能解剖学から考える、効果的なストレッチ方法

 ◆ 体幹・脊柱・肩甲帯・上肢におけるセルフストレッチの実技習得

 ◆ 体幹・脊柱・肩甲帯・上肢におけるパートナーストレッチの実技習得

 【日時】2020年4月26日 (日) 15:30~17:30

【講師】

 今井 宏(銀座TRUE代表、NSCA-CSCS/CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、10年連続120本以上/月セッション実施)

菅原 利之(銀座TRUE/パーソナルトレーナー、大手フィットネスクラブ/パーソナルトレーナー、FUJII PERSONAL GYM/テクニカルアドバイザー、株式会社Feel&Release/取締役副社長、パーキンソン病友の会/コンディショニングトレーナー、Body Conditioning & Relax TOBIRA/テクニカルアドバイザー) 

【定員】 12名
【受講料】 6,600円(税込)(当日お支払いただきます)
【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具
【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)

 

 

 

 

 

« 「グループレッスンでも活かせる!ストレッチの全てが解る!これで完璧、ストレッチ講座 ~体幹・脊柱・肩甲帯・上肢編~」セミナー開催致します | トップページ | 新型コロナウイルスの対策と取り組みについて »

姿勢・動作分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「グループレッスンでも活かせる!ストレッチの全てが解る!これで完璧、ストレッチ講座 ~体幹・脊柱・肩甲帯・上肢編~」セミナー開催致します | トップページ | 新型コロナウイルスの対策と取り組みについて »

他のアカウント

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ