フォト

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月31日 (火)

ストレッチをしましょう!

こんばんは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE(www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの今井です。

 

3月も終わりを迎えますが、この1か月間自粛等により、身体が動かせていないな~と感じる方がほとんどだと思われます。

そこで今回は、誰もが何処でも気軽にできるストレッチが身体に及ぼすメリットをお話しさせていただきます。

 

そもそもストレッチは身体の柔軟性を高めるor維持するor血流促進等の為に行われますが、逆に身体が硬い・関節が動かないというのはどのような状態のことを指すのでしょうか?

銀座TRUEでは、運動指導者・治療家・医療従事者向けセミナーでも必ず毎回お話しさせていただきますが、可動域制限の要因を下記の3つで分けて考えています。

筋攣縮(きんれんしゅく)・・・筋が痙攣した状態のこと=血液循環不良も起こしている

筋短縮・・・筋繊維を構成する基本単位である筋節が減少している=筋肉自体の長さが短くなってしまった

筋膜の線維化・癒着

 

という訳で、単に身体が硬い・関節が動かないといっても、生理的機序や要因が異なります為(例:使いすぎor使わなすぎ等)、細かく評価すると部位によっても対処方法が変わってきます。

 

①の場合は、使いすぎ・負担がかかりすぎている箇所に起こります為、血流の循環を良くするようなことを行い、最終的には負担がかかり過ぎないような姿勢・動作の獲得を習得することが一番の改善方法になります。

 

②・③は、不動や運動不足、もしくは代償運動により伸張されていない箇所が存在すること等が原因の場合が多いです(①との複合もあります・・・)。

 

Kinsyusyuku11024x478_20200331125701

上図は、筋肉の最小単位になる筋節が横に並んでいる図ですが、筋短縮とはこの数自体が減少してしまうわけですから、筋肉が伸びにくくなるイメージも湧くと思われます。

ストレッチを行った直後は誰でも柔軟性が増しますが、これは血流が良くなったり神経が抑制されることで起きている現象になる為、短縮部位がある場合、筋節の数が増えないことには本当の意味での可動域拡大ということにはなりません。

 

Suwaru_shisei_good_20200401002601

例えば、↑のように座っている姿勢は股関節の前面(赤曲線の部分)がずっと短縮しています。このような状態で長時間不動でほとんど歩かないでいますと(歩くという動作が股関節前面のストレッチになる)、筋節が減少して股関節の前面が伸びにくくなり、下肢が後ろに伸びない(股関節の伸展制限)歩き方↓に変化していくなんてことが起きる可能性も想像できます。

1_20200401002901

 

1カ所でも短縮部位があることで姿勢・動作が崩れていき、局所に負担がかかる筋攣縮部位が作られてしまうことにも繋がり、痛み・違和感・浮腫み・膨張等、精神にも見た目にもよろしくない状態が作られていくことになります。

 

ここまでお話しすると想像がつくと思われますが(笑)、想像通り、一度短縮してしまった筋長を取り戻すのに、ストレッチによる筋腱移行部への刺激が筋節の増加をもたらすという素晴らしい生理的機序が存在します。→筋短縮を予防するために毎日ストレッチを欠かさず行うという解釈でも良いかと思われます(残念ながら全身どの部位も短縮していないという方はそれほど多くありません、、、)🎶

 

毎日、全身隈なくストレッチされることがベストですが、それほど時間を確保できないという方には、股関節・足関節のストレッチが特におススメです!

Img_5730 Img_5687_20200401151701  

是非、毎日の習慣にしていただきますと幸いです

今井

 

新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡をいただきますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

 

 

☆~指導者向けセミナー情報~☆

「グループレッスンでも活かせる!ストレッチの全てが解る!これで完璧、ストレッチ講座 ~体幹・脊柱・肩甲帯・上肢編~

 ◆ ストレッチの効果・メカニズム・・・ストレッチをすることで身体はどのようになっている(いく)のか?

 ◆ 運動/神経生理学・機能解剖学から考える、効果的なストレッチ方法

 ◆ 体幹・脊柱・肩甲帯・上肢におけるセルフストレッチの実技習得

 ◆ 体幹・脊柱・肩甲帯・上肢におけるパートナーストレッチの実技習得

 【日時】2020年4月26日 (日) 15:30~17:30

【講師】

 今井 宏(銀座TRUE代表、NSCA-CSCS/CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、10年連続120本以上/月セッション実施)

菅原 利之(銀座TRUE/パーソナルトレーナー、大手フィットネスクラブ/パーソナルトレーナー、FUJII PERSONAL GYM/テクニカルアドバイザー、株式会社Feel&Release/取締役副社長、パーキンソン病友の会/コンディショニングトレーナー、Body Conditioning & Relax TOBIRA/テクニカルアドバイザー) 

【定員】 12名
【受講料】 6,600円(税込)(当日お支払いただきます)
【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具
【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)

 

 

 

 

 

2020年3月27日 (金)

ストレスと体重増加

こんにちは!

 身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE(www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。

今回は【ストレスと体重増加】についてお伝えいたします。

「ストレスを溜めると太るよ」

「ストレスで食べ過ぎてしまった」

など【ストレス】【体重増加】に何となく関係があることはご存知かと思いますが、【なぜそうなるのか?】そのメカニズムを簡単にご説明いたします。

D5f256352c7aa96f2ce1dc940da7f6b2_s

ストレスというと対人関係や緊張などの【心理的なストレス】をまず思い浮かべると思いますが、他にも種類はあって

寒い・暑い、痛みなどの【物理的なストレス】

細菌・ウイルス、炎症といった【生物的ストレス】などもストレスの一つです。

これらのストレスを脳が感じると、副腎という器官から【アドレナリン】【コルチゾール】といったホルモンが分泌されます。

アドレナリンもコルチゾールも身体の中(肝臓)に貯蔵しているエネルギーの源である【グリコーゲン】分解してを血糖値を上げ、心拍数、血圧を上昇させ、身体の危機に備えようとしてくれる働きがあります。

いわゆる身体を【戦闘モード】に導く役割をしているということです。

これらのホルモンは【運動する際】にも分泌されるのですが、ストレスを感じた時と、運動をした時でグリコーゲンを分解した後の使われ方に違いがあります。

運動時にグリコーゲンを分解することによって得られたエネルギー源(糖)は【筋肉で使われる】ので消費されますが、ストレス時に分泌された場合は、グリコーゲンを分解して得られたエネルギー源(糖)は【消費することがない】ので、血液中で漂うことになり、高血糖状態となってしまいます。

そうすると身体は血糖値を下げようとして脂肪細胞に糖を【体脂肪として取り込む】ことになります。

これがストレスで太るメカニズムです。

また、肝臓のグリコーゲンが減ってしまっている為、お腹が空いて、【食欲が増す】ことにも繋がります。

ストレスで食欲が増してしまう原因です。

ストレスがあると【バランスの良い食事をしていても食事量を減らしても太ることがある】ので注意が必要ですね!

とは言っても生きているとストレスを感じることは多いと思います。

その際は、是非【運動】をしてみましょう!

Nkj56_aozoraran_tp_v4

ストレスで高血糖状態となった際に、身体を動かすことにより、糖を消費することができるので太るのを少し防げるはずです。

また、ストレスが大きい状況が続けば、ストレスに耐える為にホルモンを分泌し続けている【副腎】が酷使され続けることになり、【副腎疲労】という状態に陥ってしまうことにもなりかねません。

そうなってしまうと気力が無くなったり、疲れやすくなったり、などといった症状が出てきます。

副腎疲労に関してはまた別の機会にお伝えできればと思います。

 

今回は【ストレスと体重増加】に関してお伝えいたしました。

現在、新型コロナウイルスの影響で通常よりも非常にストレスが大きい生活をされてい方が多いと思います。

厳しい状況の中ですが、家の中で出来る簡単な体操やエクササイズなどを行って精神的にも肉体的にもストレスの影響を少しでも減らして行けたら良いですね。

最後に、、、

この厳しい状況の中で、在宅勤務となっている方も多くなっていると思われますが、この機会を利用して、ウォーキングをしていつもより歩くようになったり、夕食の時間が早くなったり、外食の回数が減り、自炊をすることが多くなったりなどすることにより、上手く結果を出していらっしゃる方もおられます。

本当に素晴らしいことだと思います!

自分の力ではどうしようもないことで悩んでいても仕方ないので、今の状況で自分ができることを考え、行動していけたら良いですね!!

最後までお読み頂きありがとうございます。

細田

 

新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡をいただきますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

 

 

☆~指導者向けセミナー情報~☆

「グループレッスンでも活かせる!ストレッチの全てが解る!これで完璧、ストレッチ講座 ~体幹・脊柱・肩甲帯・上肢編~

 ◆ ストレッチの効果・メカニズム・・・ストレッチをすることで身体はどのようになっている(いく)のか?

 ◆ 運動/神経生理学・機能解剖学から考える、効果的なストレッチ方法

 ◆ 体幹・脊柱・肩甲帯・上肢におけるセルフストレッチの実技習得

 ◆ 体幹・脊柱・肩甲帯・上肢におけるパートナーストレッチの実技習得

 【日時】2020年4月26日 (日) 15:30~17:30

【講師】

 今井 宏(銀座TRUE代表、NSCA-CSCS/CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、10年連続120本以上/月セッション実施)

菅原 利之(銀座TRUE/パーソナルトレーナー、大手フィットネスクラブ/パーソナルトレーナー、FUJII PERSONAL GYM/テクニカルアドバイザー、株式会社Feel&Release/取締役副社長、パーキンソン病友の会/コンディショニングトレーナー、Body Conditioning & Relax TOBIRA/テクニカルアドバイザー) 

【定員】 12名
【受講料】 6,600円(税込)(当日お支払いただきます)
【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具
【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)

 

2020年3月11日 (水)

活動量の低下に気を付けよう!

こんにちは!

 身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE(www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。

 

今回は【日常生活の活動量の低下】に関してお伝えいたします。

 

現在、新型コロナウイルスの影響により【在宅勤務】となっている方もいらっしゃると思いますが、そのような方は通勤しないことによりご自身が考えているよりも一日の活動量がかなり少なくなっていると思われます。

通常一日の歩数は平均男性6846歩、女性5867歩(理想目標は1日8000歩)と言われていますが、在宅勤務に加えてコロナウイルスのこともあり、ほとんど外出しないような生活を送っていると1000歩も歩かずに1日終えるといったことにもなりかねません。

 

このような状況が続けば、身体の機能がどんどんと落ちていってしまうのは間違いないのではないでしょうか。

また、活動量が落ちたのにも関わらず、食事量は変わらなかったり、むしろ増えたりする場合もある為、体重・体脂肪の増加も懸念されます。



01620d387f312d07c1648f09d4102e2a_s

 

実際、1週間在宅勤務後の週末にトレーニングにいらっしゃった方のお身体の状態を見てみたところ通常に比べて

①体重・体脂肪率のアップ(体重1.5kgほど増加)

②柔軟性の低下

③筋力の低下(いつもよりも明らかに力が出ない)

などの変化が顕著に見られました。

体重増加に関してはやはり活動量と食事量のバランスが崩れ、更に間食のしやすい環境となったことが一因とご本人もおっしゃられていました。

 

現在の状況を考えるといつもと同じように外出することは、心理的に難しいとは思いますが、あまりにも活動量が低下してしまうとこのような別の問題も出てくると思われます。(活動低下による免疫力の低下が心配ということもあります)

ウイルスに対して軽視することはもちろん良くないですが、必要以上に過剰に警戒するのもそれはそれで別の問題が起きるということです。 

 

現在、銀座TRUEでは最大限のウイルス対策をしながら通常通りのペースでお客様にトレーニングを継続してもらえるように営業を続けております。

しかし、そうとは言ってもこのような状況もあり、トレーニングを休まれる方もいらっしゃいます。

そのような方にはなるべく活動量を落とさないように、いつもセッション中にご紹介させて頂いている簡単なエクササイズやストレッチやセルフケアなどをやって頂くように伝えてさせて頂いております。

 

また、散歩などでしたら感染のリスクも低いと思いますので、少しでも良いので外へ出て歩くことをお願いしております。

1543588

 

 

このような状況でもやれることは沢山ありますので、体力の向上まではいかなくとも現状維持ができるような活動は是非継続して頂ければと思います。

【運動】に加え、【栄養】にも気を配り、健康な身体を維持して頂ければ幸いです。

 

繰り返しになりますが、ウイルスに過剰になりすぎるあまり、別の要因でご自身の体力低下・身体機能低下とならないようご自愛くださいませ。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

細田

 

 

新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡をいただきますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

 

 

☆~指導者向けセミナー情報~☆

「グループレッスンでも活かせる!ストレッチの全てが解る!これで完璧、ストレッチ講座 ~体幹・脊柱・肩甲帯・上肢編~

 ◆ ストレッチの効果・メカニズム・・・ストレッチをすることで身体はどのようになっている(いく)のか?

 ◆ 運動/神経生理学・機能解剖学から考える、効果的なストレッチ方法

 ◆ 体幹・脊柱・肩甲帯・上肢におけるセルフストレッチの実技習得

 ◆ 体幹・脊柱・肩甲帯・上肢におけるパートナーストレッチの実技習得

 

【日時】2020年4月26日 (日) 15:30~17:30

【講師】

今井 宏(銀座TRUE代表、NSCA-CSCS/CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、10年連続120本以上/月セッション実施)

菅原 利之(銀座TRUE/パーソナルトレーナー、大手フィットネスクラブ/パーソナルトレーナー、FUJII PERSONAL GYM/テクニカルアドバイザー、株式会社Feel&Release/取締役副社長、パーキンソン病友の会/コンディショニングトレーナー、Body Conditioning & Relax TOBIRA/テクニカルアドバイザー) 

【定員】 12名

【受講料】 6,600円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)

2020年3月 9日 (月)

「グループレッスンでも活かせる!ストレッチの全てが解る!これで完璧、ストレッチ講座 ~体幹・脊柱・肩甲帯・上肢編~」セミナー開催致します

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE(www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの今井です。

 

3月に入り、春の気配がムンムンと立ち込めていますね🎶

 

今回は2020年4月に開催致します、指導者向け(トレーナー・インストラクター・医療従事者・治療家等 )セミナーのご案内をさせていただきます。

 

下記をご参照の上、お申込みいただきますと幸いです。


「グループレッスンでも活かせる!ストレッチの全てが解る!これで完璧、ストレッチ講座 ~体幹・脊柱・肩甲帯・上肢編~

◆ ストレッチの効果・メカニズム・・・ストレッチをすることで身体はどのようになっている(いく)のか?

◆ 運動/神経生理学・機能解剖学から考える、効果的なストレッチ方法

◆ 体幹・脊柱・肩甲帯・上肢におけるセルフストレッチの実技習得

◆ 体幹・脊柱・肩甲帯・上肢におけるパートナーストレッチの実技習得

 

【日時】2020年4月26日 (日) 15:30~17:30

【講師】

今井 宏(銀座TRUE代表、NSCA-CSCS/CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、10年連続120本以上/月セッション実施)

菅原 利之(銀座TRUE/パーソナルトレーナー、大手フィットネスクラブ/パーソナルトレーナー、FUJII PERSONAL GYM/テクニカルアドバイザー、株式会社Feel&Release/取締役副社長、パーキンソン病友の会/コンディショニングトレーナー、Body Conditioning & Relax TOBIRA/テクニカルアドバイザー) 

【定員】 12名

【受講料】 6,600円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)

 

(前回2020年2月開催、下肢・骨盤帯編の様子)

Photo_20200309161603 Photo_20200309161602 Photo_20200309161601

前回2020年2月に、ストレッチ等手技アプローチによる機能改善セミナー講師としておなじみの、菅原利之トレーナーとのW講師体制という初の試みで、下肢・骨盤帯編を開催致しましたが、今回は「体幹・脊柱・肩甲帯・上肢編」になります。

菅原利之トレーナー

フィジカルコンディショニングトレーナー 菅原 利之(すがはら としゆき)

 

ストレッチをすることで、「身体にどのような変化があらわれるのか?」「身体の中でどのようなことが起きることで伸張感が得られるのか?といったような、知っていそうで知らないことの多いストレッチのメカニズムを学んでいただき、効率的・効果的なストレッチ方法を習得いただきます(パートナーストレッチはもちろんのこと、グループレッスンでも活用できますよう、セルフストレッチも盛り沢山です!)

 

実技習得では、菅原トレーナーと私の2グループに分けて行いますので、細部に渡る箇所まで徹底指導をさせていただきます!

※前回受講いただきましたインストラクターの方から、「メカニズムを理解して行うことで、丁寧に行うようになりました。セルフストレッチでこれほど伸長感を感じたことはなく、早速グループレッスンで取り入れています!という嬉しいご連絡をいただきました。

 

また少人数制の為、様々なご質問にも受け答えしやすいですので、ストレッチに関して普段抱えられている疑問等も解消できると思います。

是非一緒に学びましょう!よろしくお願い致します。

 

今井

 

新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡をいただきますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

他のアカウント

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ