フォト

« 11周年ありがとうございます! | トップページ | 血液検査から分かること »

2019年10月15日 (火)

トレーナーとして出来ること

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp)

トレーナーの今井です。

 

2018年10月1日をもちまして、銀座TRUEは11周年(12年目)を迎えました!

いつもご来館いただいておりますお客様はもちろんのこと、スタッフ、関係者の方々、先輩・後輩の皆様、友人達等、様々な方々に支えられて営業させていただいております。本当にいつもありがとうございます!

 

普段パーソナルトレーナーという職種で仕事をさせていただいている我々ですが、どのようなことまで身体に対してアプローチできるのかを、実際のお客様の例(60代、男性)を例にお話させていただきます(お客様に快くご了承いただきました)。

 

知り合いのパーソナルトレーナーの方からのご紹介でTRUEにご来館いただきましたが、

【経緯】:1年半程前からGYMにて体力づくりの為、週4回ほどトレーニングを実施される。4か月後、脹脛の張り・股関節の痛み・肩の痛みが発生。痛みが酷くなった為、大学病院で約2週間の徹底的な検査入院(血液検査、CT、MRI、内視鏡、炎症マーカー等)を実施したが、痛みの原因が分からず。その後、整体や鍼灸に通われる。

【症状】:電車で一旦座ると、一駅前から立ち上がっていないと降りられない(力が入らない)。ベッドから起き上がるのが困難。一度起き上がりストレッチすると改善するが、しばらくすると元に戻る。

 

というようなお話をカウンセリングでお聞きし、ご本人も肩の痛みは生活にそれほど支障がないと仰られた為、下肢の改善に注力して評価を行いました。

 

脳・脊髄といった中枢神経系は病院での検査で問題がない、ということを前提にトレーナーとして出来る範囲で評価をさせていただきましたが、立ち上がりを困難にさせている結果因子=「とりわけ脹脛の筋肉の出力が弱い」ということが分かりました。

ということで、何故弱くなっているのかを考え、脹脛を支配している末梢の神経・血管がどこかで阻害されている可能性を考えました(脹脛の感覚神経は良好で、運動神経も出力はしっかりあるものの筋繊維自体は細い印象)。

 

カウンセリングのお話から推察して、股関節前面に位置している血管へのストレスを考え(下画像参照、股関節前面から膝裏側へ位置しているのが分かると思います)、

Dsc_0448 Dsc_0450 Dsc_0449 Dsc_0451

 

最初に、静的姿勢を評価させていただいた後、股関節前面の軟部組織のリリースを行い⇁リラクセーション(自動運動)を1分程行いました。結果、急に脹脛に力が入り、立ち上がり・歩行とも大きな改善が見られました。

筋力的に落ちている箇所があるのは否めない&身体の使い方がすぐ改善される訳ではない為、これで全てが改善するという訳にはもちろん行きませんでしたが、私なりの原因因子を説明させていただき、ご自宅で行っていただくこと(ストレッチやエクササイズ)をメモしていただき、お客様の相当の努力の甲斐あり(少しずつメニューを増やさせていただいています為、現在は朝・夕2回、30分ずつ時間がかかるとのことです)、1か月後には立ち上がる・歩くということに関してはほとんど問題がなくなりました。

 

今回のケースは、我々トレーナーが判断できない内臓・血管内・脳・脊髄等に関する問題がある程度クリアできており、トレーナーとしての解剖学・運動生理学の範疇での評価・推察で可能だった為、改善できたということになります。

 

トレーナーとして日頃感じることの一つに、身体に対する将来的に起きうる支障を予防するには(例えば腕が挙がらなくなる)、腕が挙がる際の動きのメカニズムを理解いただき、「ご自分の身体がどのようになっているのか・メカニズムから逸脱しているorする可能性がありそうか」ということを感じていただいた上で、トレーニングで改善いただくということが挙げられます(痛みがあるから評価する、改善するではなく)。

 

それと併せて、「このようなトレーニングが必要」ではなく、「このような身体の使い方」「このような関節運動が必要」ということを説明できるようになることが理想的です(ここのコミュニケーション力が本当に一番の課題ですが、、、)。

 

子供の頃には出来ていたような、身体本来の機能的な動きを理解いただき&獲得(取り戻して)いただくことを前提に、お客様の理想とする身体作りを提供することが、トレーナーとして出来ることでもあり役目だと勝手に理解しています。

 

我々TRUEトレーナーは12年目も、一日一日精進しながら進んでいきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願い致します。

 

今井

 

新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡をいただきますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

 

 

 ☆~指導者向けセミナー情報~☆

「世界一分かりやすい五十肩の病態理解と拘縮期最終挙上&回旋可動域劇的改善法」

 【日時】 前編:2019年10月20日(日) 15:30~19:30

              後編:2019年11月24日(日) 15:30~19:30

           (2日間受講可能な方のみとさせていただきます)

 【内容】

前編

①周囲炎の病態理解

②拘縮とは?

③拘縮でなぜ可動域制限だけではなく痛みまで起こるのか?そのメカニズム

④急性期の夜間痛病態理解と治療ターゲットを明確化させること

⑤肩インピンジメントを世界一分かりやすく理解する方法

⑥周囲炎症状で必発する1st外旋制限一発改善法

⑦不良アライメントから原因を見抜く!肩峰下滑液包-棘上筋間癒着剥離の一例

後編

①ラスト5~10°の挙上制限を改善させたい人の運動療法

②周囲炎後最も苦労する複合回旋可動域の獲得方法(背中で握手)

【講師】細井 淳(理学療法士/パーソナルトレーナー、機能改善研究会、NSCA-CPT、毎月15日間勤務で約140本セッション実施、全国各地で指導者向けセミナー開催/月4~8回

【定員】 12名様

【受講料】 22,000円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp迄ご連絡ください(お名前と連絡先をお伺いいたします)

 

 

« 11周年ありがとうございます! | トップページ | 血液検査から分かること »

トレーニングによるお客様の変化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11周年ありがとうございます! | トップページ | 血液検査から分かること »

他のアカウント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ