フォト

« 原始反射と身体への影響 | トップページ | 「身体機能改善の為の手技&改善アプローチ ~体幹・肩甲帯・上肢編~」セミナー開催致しました »

2019年8月23日 (金)

食物繊維の効果

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE(www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。

今回は【食物繊維】についてお伝えいたします。

10b37be6953570aad11c6118c5ca39db_s

食物繊維というと【エネルギーにならない】ことや【糖質や脂質の消化・吸収を邪魔をする】といった観点から【ダイエット】をする際に役立つイメージがあるのではないでしょうか??

あるいは【便秘】の解決策として「食物繊維を摂ること大切」というイメージのある人も多いと思われます。

食物繊維にも種類がありますが、食物繊維のこれらの効果は大まかではありますが、間違っておりません。

例えば、食事の最初に食物繊維を含む食べ物を食べる 【ベジタブルファースト】の考え方は、食事の最初に食物繊維を含む食べ物を食べることで血糖値の上昇や脂肪の蓄積に対して効果的な為、ダイエットの際とても重要です。

しなしながら近年、食物繊維の効果はこれだけではないと言われてきています。

それは最近、食物繊維が大腸で【腸内細菌】により分解され、【短鎖脂肪酸】が作られる、いうことがわかってきているからです。

短鎖脂肪酸には、大腸のエネルギーとして使われたり、水分の吸収に役立ったり、腸内環境を酸性に保つことによりビフィズス菌や乳酸菌などのいわゆる善玉菌を増やしたり、といった機能があります。

つまり、食物繊維を摂ることは、ダイエット的なメリットだけでなく、腸内環境を整えることに繋がり、大腸の消化機能が高まったり、免疫機能を改善したりといった効果も期待できるということです。

以前もご紹介しましたが、腸内細菌は腸や脳などとの関係性が強い為、腸内細菌をコントロールし、腸内環境を整えることは私たちの健康にとって非常に重要なことであると考えられます。

また、短鎖脂肪酸には脳の食欲をコントロールする中枢に作用し、食欲を低下させる、といったことも言われており、ダイエットという観点からも益々重要な栄養素と言えそうです。

腸内細菌はヒトの身体の中に100兆個以上いると言われていて、その数は人間の細胞の数である37兆個よりもはるかに多く存在していて、まだまだ研究中のことが多く、今後益々注目されていくと思われます。

今回、ご紹介させて頂いたように食物繊維はダイエットの際にとても重要な栄養素というだけでなく、腸内環境を整えることにも大きく貢献し、健康な身体を作る上でも重要な栄養素といえます。

食事摂取基準によれば食物繊維は1日20g以上摂ることが推奨されていますが、国民栄養健康調査によると不足している(15g程しか摂れていない)と言われています。(5g程足りていない人が多いということですね!)

食物繊維を多く含む食品は下記の5種類を覚えておいてください。(食物繊維の分類に関しては、今回は割愛させて頂きます)

①緑黄色野菜・・・オクラ・モロヘイヤ・春菊・ブロッコリーなど

②淡色野菜・・・ニンニク・ごぼう・キャベツなど

③こんにゃく類・・・こんにゃく・しらたき

④キノコ類・・・なめこ・まいたけ・えのきだけ エリンギなど

⑤海藻類・・・のり・わかめ・ひじき 

因みに私は色々考えるのが面倒なときは、このサラダを食べるようにしています↓↓↓(決してナチュラルローソンの回し者ではございません)

Image1_20190823135301

ジャガイモ・かぼちゃ・枝豆なども入っている為、これだけでも意外とお腹いっぱいになります。

 

食物繊維はダイエットの為にも、健康の為にも上手く摂り入れたい栄養素です。

皆さんもご自身の好みや生活に合った方法で食事に取り入れる工夫をしてみてください!

最後までお読み頂きありがとうございます。

それではまた次回まで。

細田

 

 

新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡をいただきますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

 

 

 

☆~指導者向けセミナー情報~☆

「身体機能改善の為の手技&エクササイズ法 ~体幹・肩甲帯・上肢編~」

 ◆体幹~肩甲帯~上肢における機能改善の為の手技法(ストレッチ、関節モビライセーション、リラクセーション、軟部組織リリーステクニック等)

 ◆体幹~肩甲帯~上肢における機能改善の為のエクササイズ法

 【日時】2019年8月25日 (日) 16:00~19:30

【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、9年連続120本以上/月セッション実施)

【定員】 12名様

【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp

 迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)

 

 

1部トレーナー・インストラクター・治療家の為のビジネス戦略」 

2部:「歩行をスムーズにするコンディショニング方法

 【日時】2019年9月15日 (日) 15:30~18:30

【講師】菅原 利之(銀座TRUE/パーソナルトレーナー、大手フィットネスクラブ/パーソナルトレーナー、FUJII PERSONAL GYM/テクニカルアドバイザー、株式会社Feel&Release/ディレクター、元フィットネスクラブ/チーフトレーナー→スーパーバイザー、パーキンソン病友の会/コンディショニングトレーナー

 【定員】 12名様

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp

 迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)

 

 

 

 

« 原始反射と身体への影響 | トップページ | 「身体機能改善の為の手技&改善アプローチ ~体幹・肩甲帯・上肢編~」セミナー開催致しました »

運動・栄養・休養」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原始反射と身体への影響 | トップページ | 「身体機能改善の為の手技&改善アプローチ ~体幹・肩甲帯・上肢編~」セミナー開催致しました »

他のアカウント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ