フォト

« 目と舌の動きの関連性 | トップページ | HOPSの「H」=Historyの重要性 »

2019年4月22日 (月)

【美しく機能的な足の作り方!~足部・足関節の触診・評価・改善アプローチ法~】セミナー開催致します(NSCA0.35A付与)

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE(www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの今井です。

花粉症も緩和され、気持ちの良い日が続く今日この頃ですね


今回は、2019年6月に開催致しますセミナーのご案内をさせて頂きます。

 

記をご参照の上、お申込みいただきますと幸いです。


「美しく機能的な作り方!~足部・足関節の触診・評価・改善アプローチ法~」
◆足部・足関節の機能解剖学・関節構造・動きのメカニズム

◆足部・足関節の触診方法(骨・筋肉・靭帯・脂肪組織等)

◆足部・足関節の評価法(距腿関節・距骨下関節・ショパール関節・リスフラン関節)

◆足部・足関節の改善アプローチ法

◆膝関節・股関節との運動連鎖

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.35(A)】のCEUが取得できます。

【日時】2019年6月16日 (日) 16:00~19:30

【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、9年連続120本以上/月セッション実施)

【定員】 12名様

【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。


 

Unnamed11_21   

26815426_1512249642227082_523701111

27072900_1512249662227080_1645859_2

 

下図のように足部は26個の骨から構成されており(左右で52個・・・身体全体が206個なので足部のみで約4分の1)、付着している筋肉も非常に多く(足底は4層構造)、

また、脛骨・腓骨から足底・足背に付着する筋肉・足底だけで付着している筋肉・様々な靭帯・脂肪組織等、覚えるのに根気が必要な箇所でもある為、資料の数も他の部位と比較して1.5倍程度多くなっております。

Img_2720Img_2757


そして、距腿関節・距骨下関節・ショパール関節・リスフラン関節等それぞれの運動軸が大きく異なり複雑な場所であるが故に、
学び方も一苦労+身体全体に与える影響も大きいという理由からか、受講者からは比較的人気の高い部位になります。

 

下写真は、踵骨・距骨に対する下腿の位置関係を評価しているのですが(leg-heel angle)、後足部内反、距骨下関節回内という解釈になります。この角度が高ければ高いほど、歩行時に骨盤が側方に揺れて大腿の外側に対するストレスが高まりやすくなることがイメージできると思います。もし、足部/足関節が原因因子でこのよう状態に陥っている場合は、いくら股関節・大腿部にアプローチをしても改善は困難だと思われます。

Img_4999

セミナーでは、距骨下関節とは何処?、回内ってどういう動き?、何故写真のような状態に陥るの?、陥るとどのような不具合があるの?、改善方法は?というような内容で進めさせていただきます(評価する箇所も沢山ありますので、3,5h非常にボリューム満載です!)。

 

ちなみに、下写真のように、距腿関節の一箇所のみを2分程度かけて調整することで、

 before

Img_2651

after

Img_2661


のように膝関節から上部まで影響してくるのがお分かりになると思います。

 

長年現場で個人的に強く感じていることの一つとして、足部・足関節の機能的な動きが獲得できない限り、どんなに膝関節・股関節・体幹等を改善してもすぐに元の状態に戻ってしまうということが挙げられます(土台が崩れていれば・・・と考えると当たり前のことですね)。反対に、根気強く足部・足関節の改善を図られている方は、全身が機能的な状態に変化してくれている印象が強いです。

という訳で、個人的に非常に大切な箇所であると感じている関節になります。

是非、じっくりと一緒に学びましょう!



2_2

Img_0338_2



今井

 

 

 

新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡を頂きますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~ 
h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

 


☆~指導者向けセミナー情報~☆

1部:ロイヤルカスタマーを増やす方法(15:30~17:00) 

パーソナルトレーニングに関連付けた、サブスクリプションビジネスについて

お客様継続に繋がるセッション方法

2部:「THE美脚~機能的で美しい脚のつくり方」(17:00~18:30)

美脚を阻害する原因を探る方法

〇関節可動域を回復させる施術テクニック

〇キネティックリンクを考えた美脚トレーニング方法

【日時】 2019年4月28日 (日) 15:30~18:30

【講師】菅原 利之(銀座TRUE/パーソナルトレーナー、大手フィットネスクラブ/パーソナルトレーナー、株式会社フィットベイト/パーソナルトレーナー事業部マネジャー兼アカデミー講師、FUJII PERSONAL GYM/テクニカルアドバイザー、株式会社Feel&Release/ディレクター、元フィットネスクラブ/チーフトレーナー→スーパーバイザー

【定員】 12名様

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください(お名前と連絡先をお伺い致します)。

 

 

「美しく機能的な体幹の作り方! ~胸郭/脊柱の触診・評価・改善アプローチ法~」 (NSCA0.35A付与)

◆体幹(胸郭/脊柱)の機能解剖学・関節構造・動きのメカニズム

◆体幹(胸郭/脊柱)周辺の触診方法(骨・筋肉等)

◆体幹(胸郭/脊柱)の評価法

◆体幹(胸郭/脊柱)の改善アプローチ法

◆痛み(椎間関節性疼痛・筋/筋膜性疼痛・脊柱管狭窄症等)のメカニズム・評価法・改善アプローチ法

◆呼吸機能・骨盤帯との運動連鎖

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.35(A)】のCEUが取得できます。

【日時】2019年5月26日 (日) 16:00~19:30
【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、9年連続120本以上/月セッション実施)

【定員】 12名様(残席6名様)
【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)
【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具
【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。







« 目と舌の動きの関連性 | トップページ | HOPSの「H」=Historyの重要性 »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 目と舌の動きの関連性 | トップページ | HOPSの「H」=Historyの重要性 »

他のアカウント

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ