フォト

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月29日 (土)

2018年もありがとうございます!

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE (www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの今井です。


【銀座TRUE】は昨日をもちまして、2018年の仕事納めとなりました。



本年も、いつもご来館いただいているお客様・
スタッフの皆・関係者の方々・諸先輩・後輩・友人の方々のお陰で今年も運営することが出来、感謝の気持ちで一杯です。

本当にありがとうございます!


11年目を迎えましたが、今年は人口関節置換術後の方等、
痛み・機能改善を目的とされた方のセッションが著しく増加し、今まで以上に頭を悩ます1年でもありました。

と同時に、菅原トレーナーの加入によりトレーナー4名体制となりました為、1年間を通して過去最多のセッション数を行わせて頂くことが出来、本当に有難い1年間になりました(栄養指導の一環として、スマホで毎食サポートさせて頂く栄養アトレータ⇁http://www.climbfactory.com/sportsict/atleta/ も開始して、好評をいただいております!)。


2019年も今まで通り、お客様の身体が機能的に変化してくことにより、将来的に健康な状態が続くということを常に頭に入れた取り組みをしていきます!ただ単に体重を減少して頂くだけではなく、子供の頃のような痛み・違和感を感じさせないしなやかで機能的な身体作をサポートさせて頂くことで、栄養指導も組み合わせ結果的にシェイプアップされた身体に変化されるよう、スタッフ一同1日1日全力で取り組んでいきたいと思います。

また、来年も細田・石沢・菅原トレーナー共々、よろしくお願い致します!

Image100Image14

Image12Image3Image7

Studio_0121Pb190281

2019年もどうぞよろしくお願い致します。

※新年は1月4日(金)より営業させて頂きます。


今井




新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

~「銀座 TRUE」~  

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808



~指導者向けセミナー情報~

代謝及びホルモンの影響を考慮した、効率良い筋量アップ・シェイプアップの為の栄養戦略

~栄養摂取に関して様々な情報がありますが、イメージだけでの栄養摂取は効果が出ないばかりか、身体に悪影響を及ぼすリスクがあります。今回は下記の内容を学んでいただくことで、科学的根拠に基づいた効率的且つ効果的且つ健康的な栄養戦略を習得いただきます~

○そもそも栄養とは?

○栄養成分の基本 

○糖質の由来・分類・役割・消化/吸収(糖尿病・絶食時含む)・糖質摂取のポイント

○脂質の由来・分類・役割・消化/吸収・脂質摂取のポイント 

○たんぱく質の由来・分類・役割・消化/吸収・たんぱく質摂取のポイント

○食物繊維・アルコールの基本的知識 

○消化吸収に関わる消化管と臓器の基本的知識 

○消化吸収された栄養素の行方

○筋量アップ/シェイプアップのキーとなるホルモン・栄養摂取のポイント

○効率良く、健康的なシェイプアップの為の栄養摂取のポイント

【日時】 2019年2月10日 (日) 15:30~18:30

【講師】石沢 直之(栄養コンシェルジュ®、専門学校非常勤講師/栄養学、東急スポーツオアシス/パーソナルトレーナー養成サポート、NSCA-CPT、PAIマットピラティス

【定員】 15名様

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください(お名前と連絡先をお伺い致します)。 

※トレーナー・インストラクター等の運動指導者の方はもちろんのこと、栄養に興味のある方でしたら誰でもご参加いただけます。また、資料も復習がしやすいようにボリューム満載でご用意しております。






「美しく機能的な股関節の作り方!~股関節の触診・評価・改善アプローチ法~」

◆股関節の機能解剖学・関節構造・動きのメカニズム

◆股関節の触診方法(骨・筋肉等)

◆股関節の評価法

◆股関節の改善アプローチ法

◆変形性股関節症・股関節痛(股関節唇損傷/FAI等)のメカニズム・改善アプローチ法

◆体幹・膝関節・足関節との運動連鎖

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.35(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2019年2月24日 (日) 16:00~19:30
【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、9年連続110本~140本/月セッション実施)

【定員】 12名様
【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)
【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具
【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

 

2018年12月27日 (木)

今年も一年間ありがとうございました!

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp/)


トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。


今年も残りあと4日ほどとなりましたね。



銀座TRUEは年内は明日12月28日(金)まで、年始は1月4日(金)より営業しております。

今年もあっという間の1年でしたが、こうして無事に1年を終えることができるのは銀座TRUEにお越し頂いているお客様をはじめ、銀座TRUEに関わってくださる皆様の支えがあってのこことだと感じでおります!

今年も一年間、本当にありがとうございました!

Pb190281_2

今年は銀座TRUEに菅原トレーナーが加わり、今までよりも更に様々な角度からヒトの身体であったり、ビジネスであったりと考え方を広げることができた1年であったと感じております。


個人的には、今年も様々な外部のセミナーに参加させていただき、様々なことを学ばせて頂きました。

今年は特に【栄養】と【呼吸】について学んだことが大きかったです。

特に栄養については【栄養コンシェルジュ】さんで勉強をさせて頂き、栄養に対する考え方がより明確になり、より自信を持って栄養指導できるようになりました。

 

 

まだまだ至らない点も多々ございますが、お客様に良い結果を出していただけるように引き続き日々精進していきたいと思います。

それでは、皆さま良いお年をお迎えください。

2018年も一年間、本当にありがとうございました!

来年もよろしくお願いいたします。

細田

 

新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

 

~「銀座 TRUE」~

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808





~指導者向けセミナー情報~

代謝及びホルモンの影響を考慮した、効率良い筋量アップ・シェイプアップの為の栄養戦略

~栄養摂取に関して様々な情報がありますが、イメージだけでの栄養摂取は効果が出ないばかりか、身体に悪影響を及ぼすリスクがあります。今回は下記の内容を学んでいただくことで、科学的根拠に基づいた効率的且つ効果的且つ健康的な栄養戦略を習得いただきます~

○そもそも栄養とは?

○栄養成分の基本 

○糖質の由来・分類・役割・消化/吸収(糖尿病・絶食時含む)・糖質摂取のポイント

○脂質の由来・分類・役割・消化/吸収・脂質摂取のポイント 

○たんぱく質の由来・分類・役割・消化/吸収・たんぱく質摂取のポイント

○食物繊維・アルコールの基本的知識 

○消化吸収に関わる消化管と臓器の基本的知識 

○消化吸収された栄養素の行方

○筋量アップ/シェイプアップのキーとなるホルモン・栄養摂取のポイント
○効率良く、健康的なシェイプアップの為の栄養摂取のポイント

【日時】 2019年2月10日 (日) 15:30~18:30
【講師】石沢 直之(栄養コンシェルジュ®、専門学校非常勤講師/栄養学、東急スポーツオアシス/パーソナルトレーナー養成サポート、NSCA-CPT、PAIマットピラティス
【定員】 15名様
【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)
【ご持参いただくもの】 筆記用具
【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp
 迄ご連絡ください(お名前と連絡先をお伺い致します)。 

※トレーナー・インストラクター等の運動指導者の方はもちろんのこと、栄養に興味のある方でしたら誰でもご参加いただけます。また、資料も復習がしやすいようにボリューム満載でご用意しておりますので、是非この機会に一緒に学びましょう!





「美しく機能的な股関節の作り方!~股関節の触診・評価・改善アプローチ法~」

◆股関節の機能解剖学・関節構造・動きのメカニズム

 

◆股関節の触診方法(骨・筋肉等)

 

◆股関節の評価法

 

◆股関節の改善アプローチ法 

◆変形性股関節症・股関節痛(股関節唇損傷/FAI等)のメカニズム・改善アプローチ法 

◆体幹・膝関節・足関節との運動連鎖

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.35(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2019年2月24日 (日) 16:00~19:30
【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、9年連続110本~140本/月セッション実施)

【定員】 12名様
【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)
【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具
【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

2018年12月25日 (火)

【美しく機能的な股関節の作り方!~股関節の触診・評価・改善アプローチ法~】セミナー開催致します(NSCA0.35A付与)

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる

パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの今井です。


今年も残す所あとわずかですね!

2018年は足・膝・肩・体幹とそれぞれ部位別に分けたセミナーを開催させていただきました。

今回は、まだ未開催部分でもある「股関節」セミナーのご案内をさせていただきます。

 

下記をご参照の上、お申込みいただきと幸いです。


「美しく機能的な股関節の作り方!~股関節の触診・評価・改善アプローチ法~」

◆股関節の機能解剖学・関節構造・動きのメカニズム

◆股関節の触診方法(骨・筋肉等)

◆股関節の評価法

◆股関節の改善アプローチ法

◆変形性股関節症・股関節痛(股関節唇損傷/FAI等)のメカニズム・改善アプローチ法

◆体幹・膝関節・足関節との運動連鎖

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.35(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2019年2月24日 (日) 16:00~19:30
【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、9年連続120本/月セッション以上実施)

【定員】 12名様
【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)
【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具
【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。





股関節は、
球形の大腿骨頭とおわん形の寛骨臼蓋からなる関節を指し、体幹の重さが最初に負荷され、立つ・しゃがむ・座る・歩く・走る等の基本動作に非常に大切な役目を果たしております。

その為、
支持性が強く求められる一方、大きな可動域も必要とされる為、周囲に付着している筋肉も大きいものが多いです。


Dsc_0077_2Dsc_0078


また、肩関節よりも臼蓋が深い為、安定性に良く適した関節構造ですが、

Dsc_0080_2

上図のように、前方側は決して完全に安定した状態にないとも言えます。

銀座TRUEには、人工股関節置換術後の方・股関節痛の予防/改善・下肢を弱くしたくないといった健康増進を目的とされる方から、O脚改善・大腿を引き締めたいといった見た目の美しさを獲得することを目的とされる方まで様々な目的をお持ちの方がいらっしゃいますが、根本的には股関節が機能的に動くように評価~アプローチ・エクササイズを提供させていただくことが痛みの改善・予防・下肢の強化・見た目の美につながってくる為、方法論としての大きな道筋は同じになります。


又、股関節は機能的な左右差も大きく、片方だけ痛みが生じていたり、関節可動域等も大きな差が生じやすい箇所でもある為、歩行動作等から左右の股関節がそれぞれどのように動いているのかを評価・推察することも大切になります。

 

例として、股関節痛と言えば、

Dsc_0072_2

上図のようにインピジメントに由るものが多くみられますが、何故片側だけ起きているのか等を

Dsc_0075_2Dsc_0081

Dsc_0082

上図のように矢状面・前額面・水平面から評価していくことが重要です(もちろん、足・膝・体幹・肩等からの運動連鎖に由る場合も多分にありますが・・・)。


股関節は特に、機能的な関節運動が習得できることで、見た目にも美しい状態を作るのに大きな影響を及ぼしている箇所だと経験上からも強く感じております。

 

Photo_211Photo_411

1480255349051_31




と、長文になりましたが、今回も3.5時間ボリューム満載&資料もボリューム満載で開催させて頂きますので、
是非、一緒に学びましょう!

2月10日(日)開催の石沢トレーナーによる「
栄養学」セミナー共々、よろしくお願い致します。


今井




新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808





~指導者向けセミナー情報~

代謝及びホルモンの影響を考慮した、効率良い筋量アップ・シェイプアップの為の栄養戦略


~栄養摂取に関して様々な情報がありますが、イメージだけでの栄養摂取は効果が出ないばかりか、身体に悪影響を及ぼすリスクがあります。今回は下記の内容を学んでいただくことで、科学的根拠に基づいた効率的且つ効果的且つ健康的な栄養戦略を習得いただきます~

○そもそも栄養とは?

○栄養成分の基本 

○糖質の由来・分類・役割・消化/吸収(糖尿病・絶食時含む)・糖質摂取のポイント

○脂質の由来・分類・役割・消化/吸収・脂質摂取のポイント 

○たんぱく質の由来・分類・役割・消化/吸収・たんぱく質摂取のポイント

○食物繊維・アルコールの基本的知識 

○消化吸収に関わる消化管と臓器の基本的知識 

○消化吸収された栄養素の行方

○筋量アップ/シェイプアップのキーとなるホルモン・栄養摂取のポイント
○効率良く、健康的なシェイプアップの為の栄養摂取のポイント

【日時】 2019年2月10日 (日) 15:30~18:30
【講師】石沢 直之(栄養コンシェルジュ®、専門学校非常勤講師/栄養学、東急スポーツオアシス/パーソナルトレーナー養成サポート、NSCA-CPT、PAIマットピラティス
【定員】 15名様
【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)
【ご持参いただくもの】 筆記用具
【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp
 迄ご連絡ください(お名前と連絡先をお伺い致します)。 

※トレーナー・インストラクター等の運動指導者の方はもちろんのこと、栄養に興味のある方でしたら誰でもご参加いただけます。また、資料も復習がしやすいようにボリューム満載でご用意しておりますので、是非この機会に一緒に学びましょう!

2018年12月21日 (金)

健康診断の結果から食生活を考える

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる

【パーソナルトレーニングスタジオ銀座TRUE】トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。

今年も残り2週間余りとなってきましたね。

寒い日が続いておりますが、風邪などに気を付けて元気に年末を過ごしたいですね!

さて、今回は健康診断の結果から身体の状態を考え、現在の状態を把握し、改善する為にはどうすれば良いのか?について具体例を挙げて考えてみたいと思います。

Photo

健康診断は会社などによって時期は違うものの、毎年一回だいたい同じ周期で行われていると思います。

その目的は、堅苦しく言うと【健康状態を評価することで健康の維持や疾患の予防・早期発見に役立てるものである。】となります。

実際のところ、検査はするものの異常な数値がなく、基準範囲内にある場合は、結果シートを渡されるだけで、特に何の説明を受けることもない為、主に体重と体脂肪率位しか気にしない人も多いと思います。

また、少し基準値より高めになっている場合でも「運動をしましょう!」や「体重を落としましょう!」!などかなり抽象的なアドバイスのみで終わってしまっていることが多いのが現状だと思います。

今回は健康診断で実際に【中性脂肪が高い】【γGTPが高い】という結果が出てしまった方についてその原因を考えてみたいと思います。

【中性脂肪が高い場合に考えられること】

まずこの【中性脂肪が高い】とは、血液中の脂質の量が多くなっている状態のことを言います。

本来、食後は健康な人でも数値が高くなりますが、ある程度時間が経つと余った分は脂肪細胞内に取り込まれ体脂肪となります。

血液中の中性脂肪が多くなっている場合、身体にある脂肪細胞が中性脂肪でいっぱいになり、入りきらなくなってしまった為、血液中に溢れてしまっている状態と考えられます。
この場合、まず最初に
①中性脂肪を多く含む食べ物を食べていないか?を考えます。(当たり前のようですが意外と抜けていることが多いです。)

お肉、乳製品、油を多く含む食品(ナッツやアボカドの入ります)の摂取量が多くなっていないか、食生活を振り返って考えてみることが必要です。

ご自身が脂肪が少ないと考えている食べ物が意外と脂肪が多く、原因となっている場合もある為、詳しく確認することが大切です。

次に
②身体に入ったあとで中性脂肪に変化する食べ物を多く食べていないか?を考えます。

ご飯やパンなどのブドウ糖は適量であれば、身体のエネルギーをなりますが、多く摂ってしまい余ってしまうと、体脂肪となってしまいます。

また、甘いもの(砂糖)や果物に多く含まれる果糖はご飯やパンなどよりも中性脂肪になりやすい為、これらを多く食べていないかにはより注意が必要です。(特に砂糖を含むお菓子やジュースや清涼飲料水に注意しましょう!)

最後に
③アルコールを摂取していないか?について考えます。

こちらのブログでも何度か書かせて頂いておりますが、アルコールは肝臓での脂肪代謝を停止してしまう為、アルコール摂取が多くなると(量・頻度)、中性脂肪値が高くなるリスクがグッと高くなると考えられます。

特に甘いタイプのお酒(果実酒、カクテルなど)は要注意です。

また、お酒と一緒にフルーツやアイスを食べるのも要注意です。


これらの栄養面での問題をクリアした上で、運動について考えることが【中性脂肪を下げる】ためには必要です。



【γGTPが高い場合に考えらえること】

このγGTPとは肝臓の解毒作用に関係している酵素のことです。

この値が高くなっているということは、肝臓の負担が多くなっていることが考えられ、主な原因として
①飲酒が多くなっていることが考えられます。

(アルコールの処理能力は個人によって差がかなりある為、飲酒量が多いか少ないかの判断は個人差がかなりあると考えましょう。)

もし、お酒を飲んでいないのにγGTPが高くなっているという場合は
②果糖を過剰摂取していないか?を考えます。

γGTPは果糖の過剰摂取でも上昇するからです。

その為、γGTPの数値が高くなっている人は①お酒、もしくは②果物や甘いお菓子、のごちらかを多く摂取していないかを疑い、多いようでしたら摂取を控えることが重要です。


中性脂肪とγGTPの数値が多くなっているこの方の場合、カウンセリングの結果①アルコール摂取がほぼ毎日であること
、②果糖(砂糖)の多いお菓子や果物はほとんど食べていなことが分かりました。また、その他に③毎朝牛乳を飲んでいること④豚カツなどの揚げ物を夕食で食べていることが分かりました。

その為、①アルコールの摂取の頻度と量を少しずつ減らしていただくこと②豚カツなどの揚げ物を食べる頻度を減らし、食べる場合はなるべく昼食でとるようにすること③牛乳は毎日は飲まないこと、などをお願いしました。

次回の健康診断でしっかりと結果が出るように今後もサポートしていきたいと思います。


さて、今回ご紹介させて頂いたように健康診断のデータからその人の身体状態や食習慣を知ることで、より的確なアドバイスをすることが可能となります。

これは運動指導と全く同じで、栄養指導も一人一人の習慣や状態を評価することで、その人にとって必要なことは変わっていくこととなります。

そう考えれば無暗に何かを制限することや何か一つの食品を食べ続けるようなやり方に飛びつくことは無くなるのではないでしょうか?

健康診断の結果数値が高めになっていると指摘されてしまった方や、気になる項目がある方は一度、是非銀座TUREにご相談ください。


また、栄養について学びたい方は是非、2月に銀座TRUEで開催される【栄養セミナー】にご参加ください!詳細は下記のセミナー情報をご覧ください。


最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

それではまた次回まで。

 

細田







新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡を頂きますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~

 
h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

~指導者向けセミナー情報~☆

代謝及びホルモンの影響を考慮した、効率良い筋量アップ・シェイプアップの為の栄養戦略


~栄養摂取に関して様々な情報がありますが、イメージだけでの栄養摂取は効果が出ないばかりか、身体に悪影響を及ぼすリスクがあります。今回は下記の内容を学んでいただくことで、科学的根拠に基づいた効率的且つ効果的且つ健康的な栄養戦略を習得いただきます~

○そもそも栄養とは?

○栄養成分の基本

○糖質の由来・分類・役割・消化/吸収(糖尿病・絶食時含む)・糖質摂取のポイント

○脂質の由来・分類・役割・消化/吸収・脂質摂取のポイント

○たんぱく質の由来・分類・役割・消化/吸収・たんぱく質摂取のポイント

○食物繊維・アルコールの基本的知識

○消化吸収に関わる消化管と臓器の基本的知識

○消化吸収された栄養素の行方

○筋量アップ/シェイプアップのキーとなるホルモン・栄養摂取のポイント

○効率良く、健康的なシェイプアップの為の栄養摂取のポイント

【日時】 2019年2月10日 (日) 15:30~18:30

【講師】石沢 直之(栄養コンシェルジュ®、専門学校非常勤講師/栄養学、東急スポーツオアシス/パーソナルトレーナー養成サポート、NSCA-CPT、PAIマットピラティス

【定員】 15名様

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください(お名前と連絡先をお伺い致します)。 


トレーナー・インストラクター等の運動指導者の方はもちろんのこと、栄養に興味のある方でしたら誰でもご参加いただけます。

また、資料も復習がしやすいようにボリューム満載でご用意しておりますので、是非この機会に一緒に学びましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年12月19日 (水)

【代謝及びホルモンの影響を考慮した、効率良い筋量アップ・シェイプアップの為の栄養戦略】 セミナー開催致します。

こんばんは!


身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる

パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE(www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの石沢です。
フィジカルコンディショニングトレーナー 石沢 直之(いしざわ なおゆき)

 

2018年も残り10日程となりましたが、今年は指導者向けセミナー開催に始まり、専門学校の講師活動(栄養学)、スマホでお客様の栄養指導を行う栄養アトレータの開始と、パーソナルセッション以外での活動も、多くさせていただきました一年になりました!


また、石沢直之の2018年を漢字で表すとすると、「
栄養学」という言葉が当てはまるのではないかと思われる1年間でもありました


銀座TRUEにも「栄養」に関連したセミナー開催のご要望が多いということで、今回は、2019年に開催予定の栄養学セミナーの告知をさせていただきます。


下記をご参照の上、お申込みいただきますと幸いです。


代謝及びホルモンの影響を考慮した、効率良い筋量アップ・シェイプアップの為の栄養戦略


~栄養摂取に関して様々な情報がありますが、イメージだけでの栄養摂取は効果が出ないばかりか、身体に悪影響を及ぼすリスクがあります。今回は下記の内容を学んでいただくことで、科学的根拠に基づいた効率的且つ効果的且つ健康的な栄養戦略を習得いただきます~

○そもそも栄養とは?

○栄養成分の基本

○糖質の由来・分類・役割・消化/吸収(糖尿病・絶食時含む)・糖質摂取のポイント

○脂質の由来・分類・役割・消化/吸収・脂質摂取のポイント

○たんぱく質の由来・分類・役割・消化/吸収・たんぱく質摂取のポイント

○食物繊維・アルコールの基本的知識

○消化吸収に関わる消化管と臓器の基本的知識

○消化吸収された栄養素の行方

○筋量アップ/シェイプアップのキーとなるホルモン・栄養摂取のポイント

○効率良く、健康的なシェイプアップの為の栄養摂取のポイント

【日時】 2019年2月10日 (日) 15:30~18:30

【講師】石沢 直之(栄養コンシェルジュ®、専門学校非常勤講師/栄養学、東急スポーツオアシス/パーソナルトレーナー養成サポート、NSCA-CPT、PAIマットピラティス

【定員】 15名様

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください(お名前と連絡先をお伺い致します)。


トレーナー・インストラクター等の運動指導者の方はもちろんのこと、栄養に興味のある方でしたら誰でもご参加いただけます。

また、資料も復習がしやすいようにボリューム満載でご用意しておりますので、是非この機会に一緒に学びましょう!


石沢




新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡を頂きますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~
 
h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

2018年12月 5日 (水)

ダイエット中に忘年会に参加する際に気を付けたいこと

こんにちは!

 

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる【パーソナルトレーニングスタジオ銀座TRUE】トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。

早いもので、12月に入りましたね!

 

これからの時期は忘年会が多くなってきますね。

365d03c67a1180c0c46e1622f9080c98_s

そこで今回は【アルコール】に関してお伝えしたいと思います。


以前、アルコールを飲むと痩せにくくなる理由について書かせて頂きました。 

以前のブログはコチラ ⇒ http://kaatsu-true.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-c0e8-2.html


初めてお読みになる方もいらしゃると思いますので、簡単におさらいしておくと、

アルコールを摂取するとその後しばらくの間は肝臓の糖代謝と脂肪代謝が停止(低下)してしまう(この場合は消費する方が低下、吸収に関してはそのままの状態)為、太りやすくなります。

 

このアルコール摂取後の代謝の停止(低下)期間はアルコールの量と度数によって変わります。(量も度数も増えれば増える程代謝停止期間は長くなります。)

その為、ダイエットを真剣に考えている人にとってはアルコールは出来るだけ摂らない方が良い、というとこでした。

 

とは言っても、お仕事や人付き合いで飲む機会が多くなるのがこの時期ですね!


そこで今回はアルコールを飲む際に気を付ける点について簡単ではございますがお伝えさせていただきます。


①アルコールの量・度数に気を付ける

先程もご説明致しましたが、肝臓の代謝停止時間はアルコールの量と度数に比例しますので、量に気を付けるのはもちろんですが、アルコール度数も気にしながらドリンクの選択を出来れば良いですね!因みに、ビールを300ml飲んだ場合で2時間は脂質代謝が低下します。(想像以上に長いですね

②尿排泄を促す

アルコールが肝臓で分解され、尿で排泄されることで肝臓は代謝を再開し、脂肪燃焼できる状態に戻ります。その為、利尿作用のあるカフェインを飲酒の前・中・後に飲むことで、肝臓の代謝を早く元に戻すことができます。コーヒー・紅茶・お茶などを飲むのがおススメです。




③飲酒前に野菜や脂質を少量含む食品を摂っておく

これらを摂ることにより、胃から腸に排出されるアルコール排出スピードがゆっくりとなる為、吸収速度が遅くなるので、飲酒による酔いが抑えられます。(これに関してはダイエットと言うよりは楽しくお酒を飲む為に、とお考え下さい。)チーズやナッツなどがおススメです。




④果糖とアルコールの組み合わせに注意する

アルコールで脂肪代謝が低下(停止)している時に果糖が入ってくると肝臓内に脂肪が著しく溜まって太りやすくなります。飲酒後の果物・アイス・シャーベットやそもそもアルコールと果糖がセットになったカクテルや酎ハイは飲み物として選択しないようにしましょう。

もちろん↓↓↓のようなお菓子を食べながら飲むのは当然NGです!!

6a6d94d4396cbe84df393f4e7c7b1af1__2

⑤筋トレをして筋肉をアップしておく

アルコール分解は第一段階として肝臓で行われますがその後は筋肉でも分解される為、筋肉の量が増えるとアルコール分解の時間が短くなります。アルコールの分解時間が短くなれば、肝臓の代謝が停止(低下)している時間が短くなりますね。その為、お酒をよく飲む人は普段から筋トレをして筋肉の量を増やしておくことが大切です。(忘年会には間に合いませんが)

因みにアルコールに強い・弱いに関しては筋トレで筋肉を付けても変わりませんのでご注意ください。



以上、簡単ではございますが、アルコールを飲む際の注意点として5つご紹介致しました。




番外編となりますが、お酒を沢山飲む習慣は膵炎や咽頭がんのリスクが高まります。

 

特にお酒を飲んで赤くなるタイプの人は特に気を付けましょう。



また、お酒に強いという人も年齢が上がってくれば、内臓の機能も落ちてきますので、やはり量には気を付けましょう。 

お酒は人それぞれご自分に合った飲み方で楽しめたら良いですね!(最近はなくなってきましたが、お酒の強要や一気のみなどは絶対にやめましょう!)


今回は【アルコール】に関してお伝え致しました。 

最後までお読みいただきありがとうございます。それではまた次回まで。

細田




新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡を頂きますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~

 
h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

他のアカウント

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ