フォト

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月28日 (火)

【基礎から肩を学ぼう!】セミナー開催致しました。

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE(www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの今井です。


まだまだ暑い日が続きますが、日差しも弱くなってきており、少しずつ夏⇁秋へ移行しているのを感じられる今日この頃ですね。



さて先日、銀座TRUEで
基礎から肩を学ぼう!~肩関節の触診・評価・改善アプローチ法~】指導者向けセミナーを開催致しました(4月に続き2回目の同内容でのセミナー開催になりました)。

今回は、トレーナー・理学療法士・柔道整復師・インストラクター等様々なバックグラウンドをお持ちの方にご参加いただきました。誠にありがとうございます!

39467807_1754131464705564_2164606_2

39543545_1754131524705558_852560229

39674659_1754131641372213_189947855

今回も触診から始まり、肩甲上腕・肩甲帯に分けた評価を行い、改善アプローチ法まで3、5時間内でボリューム満載で行わせていただきました。


関節窩:上腕骨頭=1:3という
可動域は大きいものの骨性に不安定と言える肩甲上腕関節に対して、痛み・違和感を感じさせないような肩関節の動き=上腕の動きに肩甲骨が付随しているかがポイント(逸脱していない)になります為、例としてベンチプレス時によくある「肩甲骨を完全に固定してください!」という指導が、肩甲上腕関節にどのようなストレスが起こりえるか等を推察した上で判断する必要がとりわけ大切な箇所であります。


又、痛み・違和感が起きていない時点でしっかりとした機能的な評価をしておかないと、トレーニングを行うことで将来的な破綻を誘発している可能性も否めません。非常に複雑な動きが様々な組み合わせにより行われている箇所ですので、しっかりと復習いただき、現場でご活用いただきますと幸いです。


セミナー受講後もほとんどの受講者が実技の復習を繰り返されていた為、今回もセミナー開催冥利に尽きる時間になりました。




次回のセミナーは、1
0月に開催させていただきます予定です。また、告知をさせていただきますのでよろしくお願い致します。

今井

 

新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡を頂きますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~  
h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp 

tel:03-6226-2808

2018年8月27日 (月)

関節の詰まり感

こんにちは! 

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE(www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。


さて、今回は
【関節の詰まり感】についてのお話をさせていただきます。

この詰まるという感覚でお困りの人は結構多いのではないかと思います。

そして、詰まりを感じる部位として
一番多いのは股関節の前側のようなイメージがあります。

詰まり感の原因の一つとして運動時に関節の中の骨の動きが悪くなってしまっていたり、関節が本来あるべき位置から少しずれてしまったりしていることが考えられます。

関節の中の骨の動きの代表として「転がり」と「滑り」の2つがあります。

「転がり」はボールが転がっていくように回りながら移動するような動きです。

「滑り」はボールが回転せずに移動するような動きです。


それぞれ下の図のようなイメージです。

Win_20180825_17_46_31_pro_2

 

関節の中の骨が「転がり」しかしない場合、関節から骨はコースアウトしてしまうことになります。

脱臼のようなイメージですね。

また、滑るしかしない場合、関節を動かすことがほぼできないことになります。

実際の動きの中で関節を動かす際には、「転がり」運動と「滑り」運動が両方とも適切なタイミングで適度に起こることによって関節位置がちょうど良い位置に調整されるように本来できています。

関節に詰まり感や不快感や違和感などがある方はこの関節の中の骨の運動が上手く機能していない可能性やそもそもの関節のポジションがズレてしまっている可能性があります。

関節内の動きやポジションがズレることにより、周りの組織が圧迫されることが詰まり感や不快感や違和感そして痛みの原因となっていると考えられます。

これらの原因の一つとして、関節回りの筋肉のバランスの崩れが考えられます。

股関節を例に考えてみます。

 

太ももを挙げていく動作の際、関節内の骨は本来であれば後方に滑るところですが、この後方への滑り運動が股関節の後方にある筋肉などによって邪魔をされてしまうことがあります。


そうなってしまうと本来のルートとズレた場所を転がることになり、それによって前側の組織が詰まったり、挟まったりして、詰まり感や不快感、あるいは痛みを感じることとなります。


この状態の改善には

①柔軟性が低下している筋肉などの組織を緩めてあげること

②適切な関節内の運動を促してあげること

③関節の位置を調節する働きのある筋肉を鍛えてあげること

などが考えられます。

実際、軽度の詰まり感の場合、これらを実行するだけで瞬間的に詰まり感や不快感が無くなることはよくあります。



また、関節内の骨の動きが正常になれば柔軟性も改善することも期待できます。

足首などは特にその感覚が感じやすく、足首の関節内の骨の動きが改善されると今まで踵を着いたまましゃがめなかった人がしゃがめるようになるといったケースが多いです。

そのような状態になれば関節の動く範囲をフルに使ってのトレーニングも可能となるのでトレーニング効果が上がることも期待できますね!

また、関節が安定することにもなりますので、疲労や怪我などのリスクの軽減にもなるかと思います。

今回は【関節の詰まり感】についてお話させて頂きました。

もちろん、今回ご紹介した内容ですべてがうまくいく事はないですが、詰まり感への一つのアプローチ方法としてご参考にして頂ければ幸いです。

このような症状でお困りの方がいらっしゃいましたら一度、銀座TRUEまでご相談頂ければお力になれるかと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

それではまた次回まで。

細田





新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡を頂きますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808







2018年8月 8日 (水)

【ヘルスケアマーケティング初級編】セミナー開催致しました。

こんばんは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE(www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの菅原です。

先日、銀座TRUEで
【ヘルスケアマーケティング初級編導者向けセミナーを開催致しました。

今回も、トレーナー・理学療法士・鍼灸師・インストラクター等、様々なバックグラウンドをお持ちの方にご参加いただきました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございます!

38496498_1730034227115288_810373488

38458645_1730034413781936_343404423

38482588_1730034330448611_352019283

各内容異なるものの、今年から始めて3回目になりましたマーケティングセミナーですが、指導者としての知識や技術の専門知識の勉強に力を入れてはいるもののなかなかお客様からご予約がいただけない、といった業界全体で抱えている悩みを解消し、お客様の身体を改善するというサービスが提供でき、仕事として確立できるようビジネススキルを高めていただく目的で開催しております。


その中で、今回は「お客様に対する訴求方法」というテーマで行いました。


過去にもセミナー受講されている方から「毎月セッション数が増えています!」といった声や、

今回のセミナー翌日には、ご体験されたお客様に「これだけ色々と確認していただけて感動しました!」という声をいただいたとのご連絡をいただき、継続して開催してきて良かったと実感しております!

今後も、多くの方の健康サポートを提供出来る指導者を増やしていけるよう、皆さまと一緒に学べる時間を作っていきたいと思っております!

菅原




新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡を頂きますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~
 
h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808



~指導者向けセミナー情報~☆

基礎から肩を学ぼう!~肩関節の触診・評価・改善アプローチ法 

◆肩関節の機能解剖学・関節構造・動きのメカニズム 

◆肩関節の触診方法(骨・筋肉・靭帯等)

◆肩関節の評価法

◆肩関節の改善アプローチ法

◆脊椎・胸郭との運動連鎖

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.35(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2018年8月19日 (日) 16:00~19:30

【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、9年連続110本~140本/月セッション実施)

【定員】 12名様(残り2名様

【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

2018年8月 2日 (木)

栄養の選択ミス

こんにちは!

 身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる

【パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE】 (www.kaatsu-true.jp/) トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。

8月になりましたね!

そして、引き続き厳しい暑さが続いておりますね!

暑さにやられて体調を崩されている人も多いと思います。

暑い夏を乗り切る為には【運動】も大切ですが、【栄養】に関しては更に大事ではないかと思います。

さて、今回はその栄養に関して【食事の選択】についてお伝えいたします。

Ml3902



ダイエット(減量)を目標にするにしても、筋肉アップを目標にするにしても【栄養面】の与える影響はとても大きいです。

もちろん、筋力アップに関しては【運動】が必須ですが、単に減量するのであれば【栄養面】だけでも効果を上げることは可能です。

ただし、やはり【健康】という大きな括りで考えると、【運動】【栄養】【休養】の3つをバランス良く考えていきたいところです。

【食事の選択】ということで大事なのは、選択した食事、食材や食品が目的に適しているものになっているかということです。

例えば、ダイエット(減量)を目的とした場合、むやみにカロリー管理を行ったり、食事の量を何となく減らしたり、闇雲に糖質制限を行っていないでしょうか?

また、テレビなどで紹介された魅力的な流行りの食べ物に無暗に飛びついてはいないでしょうか?

ダイエットの為に食事制限をしているのに結果がでていないという人や、正しく筋力トレーニングをしているのに筋肉が付かないという人は栄養の【選択】の段階で間違ってしまっているかもしれません。

例えば、健康診断で中性脂肪が多いと言われた人の食事状況が、朝はバナナにヨーグルトのみ、お昼は定食、夜は糖質を控え、サラダチキンなど肉類のみ、といった具合だった場合、おそらく数値は良くならないと思います。

また、筋トレをしているが思うように筋肉がついてこない(トレーニング内容はしっかりできているものと考える。)といった悩みを抱えている人の食事内容が、朝はプロテインのみ、お昼・夜ともに糖質制限を行っており、ご飯などは極力避け、お肉を中心とした食事といった場合も、筋肉はなかなかついてこないものと思います。


ご自身では良かれと思って選択しているものが、その目的にとっては実はマイナスの影響を及ぼしていることが、現場で栄養指導をしていると結構多い印象です。

【食べていないけど痩せない】、や【食べているけど筋肉が付かない】、などといったお悩みをお持ちの方はご自分の食事内容が選択の段階で間違っていないか再検討してみることをおすすめ致します。


私は、栄養も運動と同じで、その人その人の身体の状態や目的、あるいは性格なども考慮した上で、食事を選択していく必要があると考えます。

栄養を賢く選択して、それぞれの目標に最短ルートで導けるように日々サポートしていきたいと思います。

食事でお悩みの方は是非一度、銀座TRUEにご相談を頂ければ、お力になれるかと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます!

それではまた次回まで。

細田




新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡を頂きますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/
tel:03-6226-2808



~指導者向けセミナー情報~☆

1部:ヘルスケアマーケティング初級編 ~お客様に選ばれる為の方法論~(15:30~17:00) 

〇10年前に比べパーソナルトレーナの数やトレーニングジムの数は飛躍して増加しました。しかし、多くのトレーナーがアンマッチングな訴求、もしくは販促皆無で活動しているのが現状です。今回は、ヘルスケアに特化した販促の手法や顧客開拓までの流れをレクチャー致します。フリーパーソナルトレーナとして活動を始めてから数か月で体験会参加者数45名→43名の入会者数(入会率95,5%)の実績を誇る菅原がその秘訣を教えます!

2部:これだけ筋膜リリース ~下肢・腰部編~17:00~18:30)

〇様々な筋膜リリース法が世の中には溢れていますが、特に効果的と考えるものを菅原セレクトしました。通常の押圧法からマルチタスクリリースまで習得しやすく効果的な技術をレクチャーします!

【日時】 2018年8月5日 (日) 15:30~18:30

【講師】菅原 利之(銀座TRUE/パーソナルトレーナー、大手フィットネスクラブ/パーソナルトレーナー、株式会社フィットベイト/パーソナルトレーナー事業部マネジャー兼アカデミー講師、FUJII PERSONAL GYM/テクニカルアドバイザー、元フィットネスクラブ/チーフトレーナー→スーパーバイザー

【定員】 12名様

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください(お名前と連絡先をお伺いいたします)。




基礎から肩を学ぼう!~肩関節の触診・評価・改善アプローチ法 

◆肩関節の機能解剖学・関節構造・動きのメカニズム 

◆肩関節の触診方法(骨・筋肉・靭帯等)

◆肩関節の評価法

◆肩関節の改善アプローチ法

◆脊椎・胸郭との運動連鎖

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.35(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2018年8月19日 (日) 16:00~19:30

【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、9年連続110本~140本/月セッション実施)

【定員】 12名様

【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 





« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

他のアカウント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ