フォト

« 胸を開くという動作 | トップページ | 【股関節の付け根の痛みとバランスをその場で改善させる技】セミナー開催致しました。 »

2018年7月24日 (火)

むくみを考える

こんにちは!

 身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる

【パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE】 (www.kaatsu-true.jp/) トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。

猛暑が続いておりますが皆様元気にお過ごしでしょうか?連日、熱中症のニュースを耳にします。

熱中症対策について以前記事を書きましたので気になる方はコチラの記事
http://kaatsu-true.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-c0e8.htmlをご参考にして頂ければ幸いです。



さて、今回は【むくみ】に関しての内容になります。

M002130

 

むくみはどちらかと言うと冬のイメージが強いかもしれませんが、梅雨や台風など季節の変わり目にひどくなることも多く、夏場でも悩まれている人も意外と多い印象です。

むくみの原因の一つとして【気圧】の影響が考えられますが、これに対しての具体的な対策はなかなか難しいと思います。

ただ、実際影響を受けない人も大多数いることを考えると、普段の生活を見直し、自律神経の乱れを整えることが必要になってくると考えられます。

自立神経の乱れに関しては【呼吸】へのアプローチが有効であると考えております。

呼吸に関しては以前書いた記事
http://kaatsu-true.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-f47d.htmlをご参考にして頂ければ幸いです。

気圧の影響を除くとまむくみ対策としてまず考えられるのは【栄養】に関してです。

塩分を多く摂取していないか、アルコールを飲ん出来ないか、はよく言われている通りで、それぞれ量を少なくすることが対策となります。

また、余計な水分を出すためにコーヒーや紅茶などに含まれるカフェインを摂り、利尿作用を利用するのも一つの解決策となります。

栄養面で問題がない場合は、【運動】に関して考えていくことになります。

むくむ人の生活パターンとして日中座りっぱなしであったり、立ち仕事だったりということが挙げられます。

これは重力の影響で下半身に血流がたまってしまうことが原因です。

よく言われている対策としてウォーキングが挙げられます。

歩くことによってふくらはぎの筋肉を使うことになり、筋肉の収縮によって血液の循環を良くしようという意図があります。

また、同じ目的で踵を上げ下げする運動も良く行われている対策です。

ただし、【栄養面】や【運動面】でこれまでに挙げた対策を一通り行っても解決しないといった場合もあります。(気圧の問題は除いて)

その場合は【姿勢】や【歩き方】が原因ではないかと考えるようにしています。

姿勢がある部分の緊張が強くなるような状態の場合、負担になっている場所の筋肉は硬くなりやすく、その為血流が悪くなることが考えられます。

例えば、下↓↓のような立ち方の場合、もも前やふくらはぎなどは緊張が高くなり、その状態が持続することによって血流が悪くなるものと考えられます。

Win_20180721_10_03_09_pro_2



歩行中は下↓↓の画像のように本来様々な筋肉が働いているはずですが、実際ほとんどの人がこんなにたくさん筋肉を使うことが出来ていないのではないかと思います。

Win_20180721_09_53_07_pro_2

また、そのような状態での歩き方は、おそらくバランス良く筋肉を使うことが出来ないものと思われます。

ウォーキングなどの運動をしてもむくみが解決しないという方は【姿勢】や【歩き方】にむくみの原因を考えてみることも必要かもしれません。


今回は【むくみ】の原因として考えられることをお伝え致しました。今回の内容が少しでもむくみ解決のお役に立てれば幸いです。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。


それではまた次回まで。

細田




新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡を頂きますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808




~指導者向けセミナー情報~☆

1部:ヘルスケアマーケティング初級編 ~お客様に選ばれる為の方法論~ (15:30~17:00) 

〇10年前に比べパーソナルトレーナの数やトレーニングジムの数は飛躍して増加しました。しかし、多くのトレーナーがアンマッチングな訴求、もしくは販促皆無で活動しているのが現状です。今回は、ヘルスケアに特化した販促の手法や顧客開拓までの流れをレクチャー致します。フリーパーソナルトレーナとして活動を始めてから数か月で体験会参加者数45名→43名の入会者数(入会率95,5%)の実績を誇る菅原がその秘訣を教えます!



2部:これだけ筋膜リリース ~下肢・腰部編~17:00~18:30)

〇様々な筋膜リリース法が世の中には溢れていますが、特に効果的と考えるものを菅原セレクトしました。通常の押圧法からマルチタスクリリースまで習得しやすく効果的な技術をレクチャーします!

【日時】 2018年8月5日 (日) 15:30~18:30

【講師】菅原 利之(銀座TRUE/パーソナルトレーナー、大手フィットネスクラブ/パーソナルトレーナー、株式会社フィットベイト/パーソナルトレーナー事業部マネジャー兼アカデミー講師、FUJII PERSONAL GYM/テクニカルアドバイザー、元フィットネスクラブ/チーフトレーナー→スーパーバイザー

【定員】 12名様

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808 MAIL:info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください(お名前と連絡先をお伺いいたします)。




基礎から肩を学ぼう!~肩関節の触診・評価・改善アプローチ法 

◆肩関節の機能解剖学・関節構造・動きのメカニズム 

◆肩関節の触診方法(骨・筋肉・靭帯等)

◆肩関節の評価法

◆肩関節の改善アプローチ法

◆脊椎・胸郭との運動連鎖

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.35(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2018年8月19日 (日) 16:00~19:30

【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、8年連続110本~140本/月セッション実施)

【定員】 12名様

【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

« 胸を開くという動作 | トップページ | 【股関節の付け根の痛みとバランスをその場で改善させる技】セミナー開催致しました。 »

運動・栄養・休養」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110986/73913190

この記事へのトラックバック一覧です: むくみを考える:

« 胸を開くという動作 | トップページ | 【股関節の付け根の痛みとバランスをその場で改善させる技】セミナー開催致しました。 »

他のアカウント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ