フォト

« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月12日 (木)

胸を開くという動作

こんにちは!


身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる

パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE(www.kaatsu-true.jp/)

トレーナーの今井です。


サッカーワールドカップも残すところ決勝戦のみになりました。ヨーロッパ勢同士の戦いになりましたが、ベスト4に残ったヨーロッパ勢の選手達をみても、黒人の選手が多いのが非常に特徴的だなと感じております。


さて本日は、胸を開く・背骨を反らすといった動作についてお話をさせていただきます。

【猫背・背中の丸さ】を改善させる目的で、「胸を開きましょう」「背骨を反らしましょう」という記事を見かけたり、指導を受けられたりすることは誰しも1度は経験があると思われます。



この場合、反らしたい背骨は胸椎を指していることが多いのですが(赤丸の部分)、

Img_5340_2

この胸椎は12個ございます。「胸椎の伸展」という言葉は胸椎を反らすという動きのことを指します。

Th1


元々、背骨は上図のように腰椎・頸椎が少し反っているのに対して、胸椎はやや丸まっている状態になりますが、

Img_5321

☝の方のように、丸まりすぎると首・頭が前に移動しすぎ、結果、様々な箇所の痛みや違和感等を引き起こす場合が多くなります(写真は腰椎も丸まっております)。


また、

Img_5319

☝の写真は一見良い姿勢に見えますが、やはり首・頭が前方に移動しております。

上写真は、胸椎の下側から丸まっているのに対して、下写真は胸椎の下側は反りがやや強い状態になり、胸椎の下側に対して相対的に胸椎の上側の丸みが強くなります。


下写真のような方に、立位で正面を向いたまま「顎を引いて首を後方に動かすように胸を反らしましょう」と伝えると、

Img_5323

のように、下部胸椎の反りがさらに強くなり、本来動きを出したい下部胸椎に対する相対的な上部胸椎の動きは非常に少ないです。

その為、胸椎のどこの動きが悪いのかを明確にすることが改善への近道になってきます。

Img_5329_2

Img_5328

Img_5331_2

明確にしたところで、胸椎の動きを促すアプローチを実施していただき、身体全体との動きの連動を考慮していくことが改善への近道になってきます。

根本的に姿勢改善を図りたい、不良姿勢による痛み・違和感を改善されたい】という方は是非、『銀座TRUE』のセッションをご体感いただきますと嬉しい限りです!



※今月、東京ビックサイトで開催されます日本最大のスポーツ・健康産業総合展示会「SPORTEC2018」にチームSKLZとしてワークショップを行います。ご参加いただきますと幸いです!詳細は・・・https://sklz.jp/news/14/ 

36351935_229166424356172_48989053_3

よろしくお願い致します!


では、また次回まで。

今井


新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡を頂きますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

tel:03-6226-2808




~指導者向けセミナー情報~☆

1部:ヘルスケアマーケティング初級編 ~お客様に選ばれる為の方法論~(15:30~17:00) 

〇10年前に比べパーソナルトレーナの数やトレーニングジムの数は飛躍して増加しました。しかし、多くのトレーナーがアンマッチングな訴求、もしくは販促皆無で活動しているのが現状です。今回は、ヘルスケアに特化した販促の手法や顧客開拓までの流れをレクチャー致します。フリーパーソナルトレーナとして活動を始めてから数か月で体験会参加者数45名→43名の入会者数(入会率95,5%)の実績を誇る菅原がその秘訣を教えます!

2部:これだけ筋膜リリース ~下肢・腰部編~17:00~18:30)

〇様々な筋膜リリース法が世の中には溢れていますが、特に効果的と考えるものを菅原セレクトしました。通常の押圧法からマルチタスクリリースまで習得しやすく効果的な技術をレクチャーします!

【日時】 2018年8月5日 (日) 15:30~18:30

【講師】菅原 利之(銀座TRUE/パーソナルトレーナー、大手フィットネスクラブ/パーソナルトレーナー、株式会社フィットベイト/パーソナルトレーナー事業部マネジャー兼アカデミー講師、FUJII PERSONAL GYM/テクニカルアドバイザー、元フィットネスクラブ/チーフトレーナー→スーパーバイザー

【定員】 12名様

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください(お名前と連絡先をお伺いいたします)。


基礎から肩を学ぼう!~肩関節の触診・評価・改善アプローチ法 

◆肩関節の機能解剖学・関節構造・動きのメカニズム 

◆肩関節の触診方法(骨・筋肉・靭帯等)

◆肩関節の評価法

◆肩関節の改善アプローチ法

◆脊椎・胸郭との運動連鎖

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.35(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2018年8月19日 (日) 16:00~19:30

【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、8年連続110本~140本/月セッション実施)

【定員】 12名様

【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

2018年7月 7日 (土)

ベンチスレス100kg

こんにちは!

 身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる

【パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE】 (www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。

梅雨が明け、7月初旬ですが、早くも夏の暑さが続いていますね!

早速ですが、今回は【ベンチプレス100kg】を達成されたお客様についてご紹介させて頂きます。

因みに、ベンチプレスとは下の画像のように重りを胸に下ろし持ち上げるトレーニングのことです。

Win_20180705_21_11_50_pro_2_2



今回ベンチプレス100kgに成功されたお客様は、30代後半の男性で、週1回くらいのペースで約5年間トレーニングを継続されております。

実際のところ、お休みする週もある為、平均すると10日に1回くらいのペースで月に3回くらいのペースになるかと思います。

トレーニングを始めた頃は、50kgがやっと1回できるくらいの状態でした。

そこからコツコツとトレーニングを継続され、今回初めて100kgを挙げることに成功されました!

トレーニングをされている方であればベンチプレス100kgは普通にトレーニングをしていてもなかなか到達するのが難しい重さであることを感じて頂けるのではないかと思います。


また、ベンチプレスをしている方にとって100kg挙上は一つの到達点であると思います。

今回、この結果が出たことに私もすごく嬉しい気持ちになると共に、少しずつでも継続することで身体は変わるのだということを改めて感じました。

トレーニング頻度は10日に1回というペースでしたので、普通に考えれば、かなり低頻度に感じるかと思われます。(自主トレーニングなどは一切行っていないとのことです。)

トレーニング頻度の理想としては3日に1回くらいのペースと言われており、今回かなり低頻度でもベンチプレス100kgを挙げるような大幅な筋力アップという結果が出たことは私自身、新たな発見になりました。

トレーニング内容は、高重量(最大挙上重量の約80%)のウエイトトレーニング後に加圧トレーニングを行うといった内容を基本として、2か月ほどを目安にウエイトトレーニングの重量を90%にしたり、スピードや反動を意識したやり方に変更を加えたりしながら、とにかく毎回限界まで追い込みました。

100kg挙上するのに5年かかったという結果が早いか遅いかは分かりませんが、お忙しい中でも、継続してトレーニングを続けて頂いた結果が今回のベンチプレス100kgに繋がったことは間違いありません。

毎回、限界まで追い込んでトレーニングをされているお客様には、いつも尊敬の念を抱いております!

今後とも全力でサポートをしていきたいと思います。



今回は【ベンチプレス100kg】を達成したお客様のご紹介を致しました。

普段、ブログで姿勢や痛みについての記事を書く
ことが多いですが、今回ご紹介させて頂いた方のようにウエイトトレーニングを中心にトレーニング指導をさせて頂く場合も多いです。

姿勢については、100点の完璧な姿勢を目指す必要はなく、70点くらいの姿勢であったとしても痛みがなく、日常生活が送れていればある程度はOKではないかと個人的には考えております。

もちろん、姿勢を改善することを第一目標にする方や痛みがある方の場合には、それらを優先に取り組みますが。

 

 

また、ウエイトトレーニングを良いフォームでやるには、あるいは高重量を挙げるには柔軟性などの身体の機能が重要である為、結局は機能改善や姿勢改善のトレーニングが必要になってくる部分も多々あります。

結局のところ、お客様の目標と、現在のお身体の状態を照らし合わせながら、トレーニング内容を選択されて頂いております。

ウエイトトレーニングをガンガンやりたい方から痛みや姿勢を改善したい方まで、銀座TRUEには様々な目標をお持ちの方々にお越し頂いております。

今後も多くの方々の目標を叶えられるよう、全力でサポートして参ります!


最後までお読み頂きありがとうございます。

それではまた次回まで。

細田



新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡を頂きますと幸いです。


~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/
tel:03-6226-2808





~指導者向けセミナー情報~☆
1部:ヘルスケアマーケティング初級編 ~お客様に選ばれる為の方法論~(15:30~17:00) 

〇10年前に比べパーソナルトレーナの数やトレーニングジムの数は飛躍して増加しました。しかし、多くのトレーナーがアンマッチングな訴求、もしくは販促皆無で活動しているのが現状です。今回は、ヘルスケアに特化した販促の手法や顧客開拓までの流れをレクチャー致します。フリーパーソナルトレーナとして活動を始めてから数か月で体験会参加者数45名→43名の入会者数(入会率95,5%)の実績を誇る菅原がその秘訣を教えます!

2部:これだけ筋膜リリース ~下肢・腰部編~17:00~18:30)

〇様々な筋膜リリース法が世の中には溢れていますが、特に効果的と考えるものを菅原セレクトしました。通常の押圧法からマルチタスクリリースまで習得しやすく効果的な技術をレクチャーします!

【日時】 2018年8月5日 (日) 15:30~18:30

【講師】菅原 利之(銀座TRUE/パーソナルトレーナー、大手フィットネスクラブ/パーソナルトレーナー、株式会社フィットベイト/パーソナルトレーナー事業部マネジャー兼アカデミー講師、FUJII PERSONAL GYM/テクニカルアドバイザー、元フィットネスクラブ/チーフトレーナー→スーパーバイザー

【定員】 12名様

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください(お名前と連絡先をお伺いいたします)。




「基礎から肩を学ぼう!~肩関節の触診・評価・改善アプローチ法~」 

◆肩関節の機能解剖学・関節構造・動きのメカニズム 

◆肩関節の触診方法(骨・筋肉・靭帯等)

◆肩関節の評価法

◆肩関節の改善アプローチ法

◆脊椎・胸郭との運動連鎖

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.35(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2018年8月19日 (日) 16:00~19:30

【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、8年連続110本~140本/月セッション実施)

【定員】 12名様

【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

 
 
 

 
  

« 2018年6月 | トップページ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ