フォト

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月26日 (月)

糖質制限について

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
「パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp/) トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。
こんにちは!

今回は久しぶりに栄養に関して【糖質制限】についてお伝えします。


Photo_2



このブログを読んでくださっている方には、当たり前に感じる内容かもしれませんが確認の意味でも読んで頂ければ幸いです。

減量の為に糖質を制限する方法はまだまだ流行っているかと思いますが、糖質制限で体重が落ちるのは、糖質制限をしたからというよりも、エネルギー摂取のトータルの量が減ったから、との見方が強くなっています。

 

 

多くの研究によると、減量をする際に糖質制限をしたAというグループと糖質を制限しないがAのグループと同じカロリー摂取になるようにカロリーを調整したグループを比べると、減量効果はほぼ一緒だったとのことです。

その為、糖質制限に躍起になりすぎず、あくまで三大栄養素である糖質・脂質・タンパク質のバランスを極端に崩しすぎないようにしながら全体の量を減らしていくという形の食事を心掛けることが大切だと思います。

しかし、糖質制限は他の脂質やタンパク質と比べてコントロールしやすいメリットはあります。

理由は、糖質を制限してタンパク質と脂質を多く摂ることによって消化・吸収に時間がかかる為、空腹を感じにくく、食事の量をコントロールしやすくなるからです。

とは言うものの、糖質は運動をする際のメインのエネルギー源ですし、脳のエネルギーでもある為、減らしすぎるのはやはり問題ありだと思います。

特に、トレーニングをされている方やスポーツをされている方、アスリートの方は糖質制限はしない方がパフォーマンスにとって良いと思われます。

強度の高いスポーツをする選手の場合、エネルギーを生み出すには糖質が必須となる為、糖質制限をしている場合明らかに競技にとってマイナスとなってしまいます。

 

 

また、試合や練習後の回復の為にも糖質をきっちりと補給する必要があります。

トレーニングをしている方も身体に糖質が無い状態でトレーニングを行った場合、エネルギーが不足となり、それを補う為に筋のタンパク質分解がどんどん進む為、身体作りの為にはマイナスとなります。(そもそもその状態ではトレーニング自体の質も下がってしまいますね)

やはり糖質制限を意識しすぎた食事はデメリットの方が多い気がします。

そもそもの話になりますが、一言で【糖質制限】と言ってもどの程度の制限なのか、といったことにもよりますし、糖質制限を行う人の現状を把握した上で必要であるならば制限することは間違ってはいないと思います。

また、糖質と一括りにせずにブドウ糖なのか果糖なのかなどといったように糖質の種類も考慮して考えていく必要もあるかと思います。


運動指導をする際にはまずその人の目的を把握し、身体の評価をして、それにあった内容のトレーニングを指導します。

食事指導についても全く同じで、その人の目的や現状を把握した上で、栄養アドバイスをすることが大切ではないかと思います。

そしてあまり拘りすぎず、食事を楽しむこともとても大切ですね!


今回は【糖質制限】について簡単ではありますが、お伝えさせて頂きました。


最後までお読み頂き、ありがとうございます。


それではまた次回まで。


細田



新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808



☆~指導者向けセミナー情報~☆

「3ヶ月で平均7セッション/日を実施するための秘訣!」
~体験会への集客方法・入会率90%以上の極意~

☆大手フィットネスクラブのチーフトレーナー~スパーバイザーを歴任後、2018年8月よりフリーのパーソナルトレーナーとして活動を始め、[約10日間/月]の活動期間で2018年10月には[月間セッション(60分/本)70本(平均7本/日)]を達成。その極意とは・・・☆


1部:体験会における集客方法15:30~17:00)

〇まずは自分を知ってもらおう!~フィットネスクラブ内外における販促方法~ 

・セッション時間外での活用方法

・ターゲットを絞った体験者の獲得方法

2部:体験会における実際のセッション内容(17:00~18:30)

カウンセリング~評価法~説明~改善法等の実技

 ・自分本位にならない話の聞き方・伝え方、本来の目的の引き出し方等

 評価~心に突き刺さるエクササイズ・筋膜リリース等

トレーナーとしての心構え等

【日時】 2018年3月11日 (日) 15:30~18:30

【講師】菅原 利之(銀座TRUE/パーソナルトレーナー、某フィットネスクラブ/パーソナルトレーナー、株式会社フィットベイト/パーソナルトレーナー事業部マネジャー兼アカデミー講師、 元フィットネスクラブ/チーフトレーナー→スーパーバイザー

【定員】 12名様(残り3名様)

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)

「基礎から膝を学ぼう!~膝関節の触診・評価・改善アプローチ法~」

◆膝関節の機能解剖学・関節構造・動きのメカニズム

◆膝関節の触診方法(骨・筋肉・靭帯・関節軟骨・半月板・脂肪組織等)

◆膝関節の評価法(膝蓋大腿関節・大腿脛骨関節)

◆膝関節の改善アプローチ法(膝蓋大腿関節・大腿脛骨関節)

◆足関節・股関節との運動連鎖

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.35(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2018年3月25日 (日) 16:00~19:30

【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、8年連続110本~140本/月セッション実施)

【定員】 12名様

【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

2018年2月 6日 (火)

【基礎から膝を学ぼう!~膝関節の触診・評価・改善アプローチ法~】セミナー開催致します。(NSCA0.35A付与)

こんばんは!
 

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの今井です。

本日は朝から自宅でデスクワークを行っていた為、夕方頃、体幹にスイッチを入れようとスイングストレッチ


Img_3219Img_3417


のような動作を行いましたが、左側の動きが全くできなくなっており、デスクワーク中における左右差の大きい筋活動が続くことによる弊害を強く感じることが出来ました→その後左右均等に反応できるよう改善しました!




さて
今回は、3月25日(日)に開催いたします、指導者向けセミナーのご案内をさせていただきます。

下記をご参照の上、お申込みいただきますと幸いです。



「基礎から膝を学ぼう!~膝関節の触診・評価・改善アプローチ法~」

◆膝関節の機能解剖学・関節構造・動きのメカニズム

◆膝関節の触診方法(骨・筋肉・靭帯・関節軟骨・半月板・脂肪組織等)

◆膝関節の評価法(膝蓋大腿関節・大腿脛骨関節)

◆膝関節の改善アプローチ法(膝蓋大腿関節・大腿脛骨関節)

◆足関節・股関節との運動連鎖

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.35(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2018年3月25日 (日) 16:00~19:30

【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、8年連続110本~140本/月セッション実施)

【定員】 12名様

【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

Img_4781

Img_4782

Img_4784

17553637_1222350034550379_238366801

23915731_1451466754972038_4512984_2

前回11月に開催をして好評をいただきました、膝関節(膝蓋大腿関節・大腿脛骨関節)のセミナーを3.5時間に拡大して開催致します。

前回のセミナー開催約1か月後に、受講者の方から「約2年間毎週セッションを受けていただいているお客様で膝の痛みがある時とない時が半々位の状態だった方に対して、痛みを誘発している要因(結果因子)をしっかり評価して改善アプローチしたところ、この1か月間痛みが全くなくなりました。今は、その痛みが何故誘発されていたかの根本原因(原因因子)を突き止めながらセッションを行っています」という嬉しいご報告をいただきました。

60歳以上の約80%(約3,000万人)がX線上の関節症性変化が観られ、40%が痛み等の症状があると言われている膝関節ですが、この数字をみる限り、普通に生活をしていては将来的に膝の痛みが誘発される可能性は非常に高そうですね。

又、人工関節置換術は90,000件とも言われており、約1,500億円が使用されていることから、医療費の高騰にも非常に関与している関節でもあります。

お客様の痛みを予防したい・改善したいと思っていても、触診はもちろんのこと、動きのメカニズムを熟知していなければ対応しにくい箇所でもあり、医師にマシンのレッグエクステンションを勧められたということでマシンの使用方法を説明したところ、
痛みが増発してしまったという経験を指導者の方も多いと思われます。

今回のセミナーは、膝関節の骨や筋肉・靭帯等の位置の確認や触れるところから、機能解剖学・動きのメカニズムを学び、機能的と言われる動きに対して逸脱していないか否かの評価、痛みの評価、なぜ逸脱した動きが出てしまうのかのメカニズム、改善アプローチ法等が学べる内容になります。

 

パーソナルトレーナー・医療従事者・治療家・インストラクターの方等、誰でもご参加いただけます。(良く分からないという方こそ、奮ってご参加ください!)

皆様のご参加を楽しみにお待ちしております。
是非、一緒に学びましょう!


今井





新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808



☆~指導者向けセミナー情報~☆

「3ヶ月で平均7セッション/日を実施するための秘訣!」
~体験会への集客方法・入会率90%以上の極意~

☆大手フィットネスクラブのチーフトレーナー~スパーバイザーを歴任後、2018年8月よりフリーのパーソナルトレーナーとして活動を始め、[約10日間/月]の活動期間で2018年10月には[月間セッション(60分/本)70本(平均7本/日)]を達成。その極意とは・・・☆


1部:体験会における集客方法15:30~17:00)

〇まずは自分を知ってもらおう!~フィットネスクラブ内外における販促方法~ 

・セッション時間外での活用方法

・ターゲットを絞った体験者の獲得方法

2部:体験会における実際のセッション内容(17:00~18:30)

カウンセリング~評価法~説明~改善法等の実技

 ・自分本位にならない話の聞き方・伝え方、本来の目的の引き出し方等

 評価~心に突き刺さるエクササイズ・筋膜リリース等

トレーナーとしての心構え等

【日時】 2018年3月11日 (日) 15:30~18:30

【講師】菅原 利之(銀座TRUE/パーソナルトレーナー、某フィットネスクラブ/パーソナルトレーナー、株式会社フィットベイト/パーソナルトレーナー事業部マネジャー兼アカデミー講師、 元フィットネスクラブ/チーフトレーナー→スーパーバイザー

【定員】 12名様(残り3名様)

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)

同じパターンから抜け出そう!

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる 「パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp/) トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。

今回のブログでは【人の動作】についてお伝えしようと思います。

早速ですが、人の基本動作として36種類の動作があるそうです。(いろいろな分類がありますが)

36_2



【立つ】、【歩く】、【持つ】、といったようなほぼ毎日何気なく行っている動作から、【回る】、【ぶら下がる】、【登る】、【くぐる】といったような子供のころにはよくやっていたけれど今ははとんどやらないような動作まで36種類。

大人になるとこの36種類の動作のうち、半分以下くらいの種類の動作で日々過ごしていると思われます。

だんだんと動作の種類が減ってきて、身体を動かすパターンが日々同じようになってくると、よく使う筋肉や関節の動きも限定されてきてしまいますね。

関節の動きは基本的に3つの面の動きがあります。

Win_20180201_17_59_31_pro_2_2



人の身体を左右に分ける面(矢状面)・前後に分ける面(前額面)、上下に分ける面(水平面)の3つです。

この3つの面のうち、日常で多い動きは矢状面の動きです。

歩くときは手足を前後に振って前に進む為、基本的に日常生活中はこの面の動きがメインになりますね!

また、トレーニングにおいてもスクワットやデットリフト、アームカール、シットアップなど矢状面でのエクササイズは多く、気を付けないとトレーニングすべてが矢状面の運動になってしまっているケースもあるかもれません。

逆に前額面と水平面、特に水平面の動きは日常生活やトレーニングにおいても少なくなりがちですので、意識的に動かしてあげることが必要となります。

同じパターンの動きをばかり繰り返していると関節の動く方向や範囲は限定され、使う筋肉も限られ、身体の使い方に偏りがでてきます。

そうなってしまうと、筋肉のバランスの崩れやそれに伴う姿勢の崩れが生まれやすく、関節や筋肉を始めとした組織に痛みや違和感などが起きやすい状態となってしまいます。

そうならない為には、普段からなるべく多くの種類の動作を生活に取り入れ、自然とさまざまな運動方向に身体を動かすことが必要ではないかと思います。

とはっても、日常生活ででんぐり返しをしたり、木によじ登ったり、雲梯にぶら下がったりするなどを行う機会はそうそうありませんね。

トレーニングをされている方でしたら、トレーニングの際に、重さや回数だけでなく、様々な運動面のエクササイズを取り入れることも考えるようにしてみてください。

また、ご自宅でお一人でも簡単にできる方法として、関節を回す体操のような動きがおススメです。

足首・股関節・肩・肩甲骨・手首などの関節を回す運動を行うことで、先程の関節の動きの3つの面をすべて含む運動になります。

そこまで難しい運動ではないので、是非取り入れてみてください。

↓参考として手首の運動です。

Win_20180202_15_35_30_pro_2



その際はゆっくりと、出来る範囲で最大限大きく動かすようにコントロールして行ってみてください。(痛みがある場合にはやめておきましょう。)

この動きをスポーツやトレーニングのウォーミングアップとして取り入れることもおススメです。

また、様々なスポーツを楽しんだり、様々なアクティビティーなどに参加することも身体を自然といろいろな方向に動かすことになります。

お休みの日などは、子供時代を思い出して様々なことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか??
(怪我にはくれぐれもご注意ください)


今回は【同じパターンから抜け出そう!】というタイトルで、身体に様々な方向に動かすことの重要性についてお伝え致しました。


最後までお読み頂き、ありがとうございます!
それでは、また次回まで。

細田



新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡を頂きますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~ 
h.p:http://www.kaatsu-true.jp/
tel:03-6226-2808



★★指導者向けセミナー情報★★

「3ヶ月で平均7セッション/日を実施するための秘訣!」
~体験会への集客方法・入会率90%以上の極意~
☆大手フィットネスクラブのチーフトレーナー~スパーバイザーを歴任後、2018年8月よりフリーのパーソナルトレーナーとして活動を始め、[約10日間/月]の活動期間で2018年10月には[月間セッション(60分/本)70本(平均7本/日)]を達成。その極意とは・・・☆


1部:体験会における集客方法15:30~17:00)
〇まずは自分を知ってもらおう!~フィットネスクラブ内外における販促方法~ 
・セッション時間外での活用方法
・ターゲットを絞った体験者の獲得方法


2部:体験会における実際のセッション内容(17:00~18:30)
カウンセリング~評価法~説明~改善法等の実技
 ・自分本位にならない話の聞き方・伝え方、本来の目的の引き出し方等
評価~心に突き刺さるエクササイズ・筋膜リリース等
トレーナーとしての心構え等
 

【日時】 2018年3月11日 (日) 15:30~18:30

【講師】菅原 利之(銀座TRUE/パーソナルトレーナー、某フィットネスクラブ/パーソナルトレーナー、株式会社フィットベイト/パーソナルトレーナー事業部マネジャー兼アカデミー講師、 元フィットネスクラブ/チーフトレーナー→スーパーバイザー

【定員】 12名様(後3名様)
【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)
【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具
【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp
迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)
 

2018年2月 1日 (木)

「3ヶ月で平均7セッション/日を実施するための秘訣!」セミナー開催致します。

こんにちは! トレーナーの今井です。

早いもので1月も終わりを迎え、そろそろ花粉症と格闘する季節がやってきますimpact
今年は大分早い段階から対策をしてきた為、結果に結びつくと良いなと少しだけ期待しておりますdiamond



さて、3月11日(日)に「フィットネスクラブで活動されているパーソナルトレーナー」の方を対象としたセミナーを開催致します。


下記をご参照の上、お申込みいただきますと幸いです。



「3ヶ月で平均7セッション/日を実施するための秘訣!」
~体験会への集客方法・入会率90%以上の極意~

☆大手フィットネスクラブのチーフトレーナー~スパーバイザーを歴任後、2018年8月よりフリーのパーソナルトレーナーとして活動を始め、[約10日間/月]の活動期間で2018年10月には[月間セッション(60分/本)70本(平均7本/日)]を達成。その極意とは・・・☆


1部:体験会における集客方法15:30~17:00)

〇まずは自分を知ってもらおう!~フィットネスクラブ内外における販促方法~ 

・セッション時間外での活用方法

・ターゲットを絞った体験者の獲得方法


2部:体験会における実際のセッション内容(17:00~18:30)

カウンセリング~評価法~説明~改善法等の実技

 ・自分本位にならない話の聞き方・伝え方、本来の目的の引き出し方等

 評価~心に突き刺さるエクササイズ・筋膜リリース等

トレーナーとしての心構え等

 

【日時】 2018年3月11日 (日) 15:30~18:30

【講師】菅原 利之(銀座TRUE/パーソナルトレーナー、某フィットネスクラブ/パーソナルトレーナー、株式会社フィットベイト/パーソナルトレーナー事業部マネジャー兼アカデミー講師、 元フィットネスクラブ/チーフトレーナー→スーパーバイザー

【定員】 12名様(残り2名様)

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp

迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)

フィジカルコンディショニングトレーナー 菅原 利之(すがはら としゆき)



2018年1月より銀座TRUEに加入頂いた菅原トレーナーですが、上記のように週2~3日某フィットネスクラブでもパーソナルトレーナーとして活動しております。

 

パーソナルトレーナーのアカデミー講師として教育現場でも活躍されている彼が、実際に0からお客様の信頼をいただき、現在に至るまでのプロセスを余すことなくお伝えさせて頂きます。実際の数字と照らし合わせたお話をしていただけるという事で、私も楽しみでなりません!


職人的能力と営業力・宣伝力個人で兼ね備えないと仕事として成り立たないトレーナー業界ですが、日々トレーニングに励み、知識・技術レベルの勉強を一生懸命行っているにも関わらずお客様が一向に増えず悩んでいらっしゃる方、これからパーソナルトレーナーとして活動される方(インストラクターの方等、指導者の方ももちろん歓迎です)のご参考になりましたら嬉しい限りです。

当日は、私も彼から初心に戻って色々と学ばせていただきます。

 

皆様のご参加楽しみにお待ちしております!

今井





新規ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡を頂きますと幸いです。

~「銀座 TRUE」~ 
h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

他のアカウント

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ