フォト

« 足の機能について | トップページ | 楽に歩くためには・・・ »

2017年8月24日 (木)

トレーニングすることは大切な事ですが・・・

こんにちは!

 身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE (www.kaatsu-true.jp/)

トレーナーの今井です。


8月も
旬になりましたが、先週は梅雨のような天気が続きましたねrain

このような天気の時は駅等で転倒される方を見かけますが、改めて、地面との摩擦力・床反使われることで円滑な歩行動作が完結されるのだなと感じます。

さて、今回は起床時に足関節に痛み・炎症が起きている方のお話をさせていただきます。

Img_4718


セッション開始時の状態ですが、下腿と踵の位置関係くの字(距骨下関節 過回内)になっており、中指~小指が見え拇指が隠れてしまう程、足部が外転しております。(左足と比較してみてください)

Img_4733_2

↑↑↑ 文献ではアキレス腱内側と書いてありますが、同様に内踝周辺の軟部組織にも伸長ストレスが加わります。


内踝周辺組織↓↓↓

Img_4729_2



歩行分析では、この状態がさらに助長されるようになり、後脛骨筋に伸長ストレスがかかることが推察され、圧痛ポイントも腫れも後脛骨筋の内踝後方周辺でした。
また、自動運動による後脛骨筋の収縮感も左側に比べ3分の1程度であり、底屈・内転の可動域も狭い状態でした。

まずは、後脛骨筋を中心に、長母指屈筋・長指屈筋・アキレス腱等の滑走を良くさせ、距骨が後方に滑ると同時にやや内転(旋?)出来るように試みました。

Img_4719_3


非荷重位では、大きく変化がありましたが、荷重位では上写真のように少し中指が隠れてきた程度で大きな変化は見られませんでした。


荷重位では、明らかに後脛骨筋に対する腓骨筋群の優位性が起きており、また、背屈時には前足部回外が顕著なため、腓骨筋と長指伸筋・ヒラメ筋等の滑走性を促し、前脛骨筋のリリースと長趾伸筋の神経筋トレーニングを行いました。

腓骨筋群↓↓↓

Img_4731


歩行時には、大分しっかりと足の裏全体に荷重される感覚を感じて頂きましたが、まだ、内踝周辺の痛みが少し残っているということで、後脛骨筋の再リリース&長趾屈筋のリリースも実施しました。

Img_4720_5

薬指が隠れ、踵がなんとなく真っすぐになってきました。歩行時にも痛みがなくなり、足の軽さを感じていただけるようになりました。


お客様は、「股関節の使い方が良くない為、足部に代償が起きている→高重量のスクワットを行って股関節を鍛える」というトレーニング指導をされてきたということでした。

これに関しては、見解としては誤っていないかもしれないのですが、程度の問題で、今回のように炎症が出て機能が落ちている場合は、まず炎症が起きてしまっている箇所の機能を戻すということを最優先に考える必要があります。というのも、股関節の機能が高まったとしても、足部の位置が安定しない+痛みが出ることでその位置関係を嫌がるということが起きてしまう為です。

また、炎症・痛み→癒着・硬縮・拘縮→ますますの機能低下という流れも起きる為、1日でも早く炎症が起きなくなるようにすることが必要になります。


という訳で、何が何でも激しい運動(エクササイズ)で身体を改善していくという考えではなく、場合によってはお客様に受動的になっていただく場合も多々ある訳です。→もちろん最終的には運動(エクササイズ)が必要です!

 

その上で、お客様の普段の生活等を考慮し、現実的に可能であろう形で(その中でも最短で)目標が達成できるようサポートをさせていただくというのが我々の考え方になります。

色々なことを試しているものの、動き・痛み・違和感が中々改善されないという方は、是非銀座TRUEに足を運んでいただきますと幸いです。



※世界陸上100mで優勝した
ガトリン選手&全国高校野球の決勝に駒を進めた2チーム広陵高校・花咲徳栄高校も加圧トレーニングを行っているようです。

Photo_2

では、また次回まで。

今井

 

ご体験をご希望の方はコチラまで↓↓↓ご連絡を頂ければ幸いです。

 ~「銀座 TRUE」~ 

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808




☆★~9月開催 指導者向けセミナー情報~☆★


「脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の評価/改善アプローチ法」


◆脊柱・体幹・肩甲帯・上肢における評価→原因考察→関節可動域獲得→トレーニングによる改善法を学ぶことができます。

◆脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の理想的(機能的)な肢位・動作・呼吸法とは?

◆猫背・四十肩・肩こり・二の腕のむくみ&張り感等の発生メカニズム・改善法

◆脊柱・体幹~肩甲帯・上肢の運動連鎖・前額面、水平面上における左右差等の評価法

◆パートナーストレッチ、筋間・筋膜・皮膚リリース、関節モビライゼーション等、各関節可動域を向上させるための考え方・手技を学ぶことができます。

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.4(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2017年9月24日 (日)  15:30~19:30

【講師】今井 宏
(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー)

【定員】 12名様(残り5名様

【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp  迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、資格取得年、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

« 足の機能について | トップページ | 楽に歩くためには・・・ »

トレーニングによるお客様の変化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110986/71438710

この記事へのトラックバック一覧です: トレーニングすることは大切な事ですが・・・:

« 足の機能について | トップページ | 楽に歩くためには・・・ »

kaatsutrueのつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ