フォト

« 「脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の評価・改善アプローチ法」セミナー 開催致しました。 | トップページ | 足部・足関節が身体に与える影響 »

2017年6月 8日 (木)

柔軟性の低下の一因

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる 
「パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp/)
 トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。


今回のブログでは柔軟性低下の原因の一つとして「関節内の動き」に着目してお話しさせて頂きます。

①「関節内の動き」とは?②関節内の動きが妨げられるとどんなことが起きるのか?③関節内の動きを妨げる原因 の順に簡単にご説明致します。



最初に①「関節内の動き」について肩の関節の動きを例にご説明いたします。
手を挙げるという動作の際に、腕の骨が上方向に動いていくのは、目で見てすぐに分かると思いますが、その動作中には腕の骨が付いている肩の関節の中でも小さな運動が起きています。

この場合は腕の骨の丸みを帯びた頭の部分が、上方向に転がる動きが起こります。

ただし、そのまま転がっていってしまうと関節からコースアウトして脱臼してしまいます。

実際は、肩の関節の上のスペースは非常に狭くかつ、いろいろな組織が密集しているため、コースアウトする前にそれらの組織を挟み込んで痛みの原因となる場合があります。

そうならないように、上方向に転がる際には、下方向に滑るという動きが同時に起こります。

Win_20170608_15_16_08_pro_2_2



転がるという動きは、地面をボールが転がって移動していくような運動をイメージしてください。


また、滑るという動きは、凍った地面でタイヤが回転することなくそのまま滑っていくような運動をイメージしてください。

Win_20170608_15_35_24_pro_2



この2つの動きが逆方向に同時に起きると、凍った地面上をタイヤが回転していることになり、頭の位置がほぼ変わることなく運動が行われることになります。

腕を挙げるという単純な動作中には関節内でこのような小さな動きが正確に行われています。

肩の関節を例にご説明致しましたが、他の関節においてもぞれぞれ動きに違いがありますが、関節内では動きが起きています。

②関節内の動きが妨げられると何が問題になるのか??

本来、通るべきコースから外れる為、周りの組織を挟み込んだり、骨同士がぶつかったりする為、関節に詰まり感が出たり、痛みが起きたりします。

そして、それらが原因で柔軟性が低下している場合があります。

バンザイとしていくと肩の外側が挟まれる感じで痛いという人、膝を胸の方に抱えると股関節に詰まりを感じる人、しゃがむと踵があがってしまったり、そもそもしゃがめない人でふくらはぎが張るというよりは足首の前側が詰まるという人などは原因として、関節内の動きが考えられるかもしれません。

③関節内の動きを妨げる原因とは??

関節の周りにある筋肉や靭帯などの軟部組織の癒着や柔軟性の低下・筋バランスの低下などが考えられます。

特に関節周りの筋肉や靭帯などの軟部組織同士が滑らないことによる影響は大きいと考えられますのでそれらの組織の癒着をとり、お互いの組織が滑り、邪魔をし合わないような状態を目指すのが解決への一歩となると考えられます。

ストレッチを長年おこなっているけれど、全然柔軟性が改善しないという方は関節内の動きに着目したアプローチをしてみると改善に繋がるかもしれません。

もし、お悩みの方がいらっしゃいましたら、ご一報頂ければお力になれるかと思います。



今回は柔軟性の低下の原因の一つとして「関節内の動き」に着目してお話させて頂きました。

柔軟性改善の参考にして頂ければ幸いです。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

それでは、また次回まで。

細田


新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

~「銀座 TRUE」~ 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808



☆★~7月開催 指導者向けセミナー情報~☆★

「下肢(足・膝・股関節・骨盤)の評価・改善アプローチ法」

◆足関節・膝関節・股関節・骨盤帯における評価→原因考察→関節可動域獲得→トレーニングによる改善法を学ぶことができます。

◆下肢の理想的(機能的)な肢位とは?、理想的(機能的)な歩行とは?

◆O脚・X脚・外反拇趾・内反小趾・足部痛・膝痛・股関節痛・ふくらはぎ・太もものむくみ等の発生メカニズム・改善法

◆足部・足関節の評価・改善アプローチ法(距腿関節~中足指節関節)

◆膝関節の評価・改善アプローチ法(大腿脛骨関節・大腿膝蓋関節)

◆股関節の評価・改善アプローチ法

◆足部~骨盤の運動連鎖・前額面、水平面上における左右差等の評価法

◆パートナーストレッチ、筋間・筋膜・皮膚リリース、関節モビライゼーション等、各関節可動域を向上させるための考え方・手技を学ぶことができます。


※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.4(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2017年7月30日 (日)  15:30~19:30

【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー

【定員】 12名様(残り6名様

【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp  迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、資格取得年、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

« 「脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の評価・改善アプローチ法」セミナー 開催致しました。 | トップページ | 足部・足関節が身体に与える影響 »

姿勢・動作分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110986/70590561

この記事へのトラックバック一覧です: 柔軟性の低下の一因:

« 「脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の評価・改善アプローチ法」セミナー 開催致しました。 | トップページ | 足部・足関節が身体に与える影響 »

kaatsutrueのつぶやき

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ