フォト

« 週一回のパーソナルトレーニングより大切なこと!? | トップページ | O脚と足関節と歩行 »

2017年5月 3日 (水)

空腹時or満腹時? 

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる 
「パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp/)
 トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。 

早速ですが、今回はトレーニングするなら空腹時と満腹時のどちらが良いのか?ということについてお伝えさせて頂きます。

トレーニングにいらっしゃったお客様の中には、いつもより明らかに力が出なかったり、身体が動きが悪かったりする場合があります。

特に風邪など体調を崩しているわけではないはずなのにトレーニングをしてみたらなんだか力が出ないといったようなご経験がある方も多いのではないでしょうか?

A0006_000031_m_3

その際にお話しを聞いてみると朝からほとんど何も食べていないままトレーニングにいらっしゃっていたり、逆にトレーニングにいらっしゃる直前にかなり重めの食事(例えばラーメンなど)をしていたりといったことがけっこう多いです。


これらの事実からも分かるように、空腹時or満腹時のどちらがトレーニングに向いているかと言えば、どちらも向いておりません。(どちらが良いか?と質問しておいて、申し訳ありませんbleah

まず、空腹時ですが、身体にエネルギーが少ない状態でトレーニングをしようとすれば身体は自分の筋肉を分解してエネルギーを作ろうとする為、トレーニングの本来の目的である筋肉を付けるとは逆の方向に向かってしまいます。

※お腹が減っている状態は血糖値が下がっている状態であり、その状態での運動は血糖を上げる為に副腎皮質ホルモンの分泌を盛んにします。このホルモンが筋肉を分解してエネルギーを作るように作用します。

またそのような状態ではいつもより力も出ない為、トレーニングの質も下がると考えられます。

続いて、満腹時にトレーニングした場合は、胃の中に消化物を停滞させてしまい、消化吸収が非常に悪くなるといった問題があります。

消化吸収時は消化器(胃腸)に身体の血液が優先的に流れ込む為、そのような状態でトレーニングをしてしまうと筋肉に必要なエネルギーは届きにくく、トレーニングも消化も中途半端になってしまうと考えられます。

また、食後は副交感神経が優位になり、身体は休息モードになるといった問題点もあります。


以上の理由からトレーニングをするのに適した時間は食後1時間程度以上空いていて空腹感のない状態の時、となります。

※栄養素の種類により消化吸収時間にバラつきがある為、考慮が必要。

食事をする時間がないといった場合でも、1時間前までに、おにぎり1個など少しでもエネルギーを入れておくとトレーニングできちんと動けるかと思います。

今回は簡単ではありますが、トレーニング時のお腹の状態についてお伝え致しました。

また、今回はトレーニング前の食事について書かせて頂きましたが、トレーニング後の食事も超重要です。

今回は詳しくは書きませんがトレーニング後にお酒を飲みに行くといったことは最低限避けるようにしてください!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

それではまた次回まで。

細田



新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

 

~「銀座 TRUE」~

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808




☆★~5月開催 指導者向けセミナー情報~☆★


「脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の評価/改善アプローチ法」

◆脊柱・体幹・肩甲帯・上肢における評価→原因考察→関節可動域獲得→トレーニングによる改善法を学ぶことができます。

◆脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の理想的(機能的)な肢位・動作・呼吸法とは?

◆猫背・四十肩・肩こり・二の腕のむくみ&張り感等の発生メカニズム・改善法

◆脊柱・体幹~肩甲帯・上肢の運動連鎖・前額面、水平面上における左右差等の評価法

◆パートナーストレッチ、筋間・筋膜・皮膚リリース、関節モビライゼーション等、各関節可動域を向上させるための考え方・手技を学ぶことができます。

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.4(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2017年5月28日 (日)  15:30~19:30

【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー)

【定員】 12名様

【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具


【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp  迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、資格取得年、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

お陰様で好評につき、今回で3回目の同タイトルでのセミナー開催となりますが、過去ご受講いただいた方からは

評価法を学ぶことが出来、トレーニング指導に対する考え方が大きく変わりました

呼吸に対して抱いていた曖昧さが消えました

肩が挙がらなお客様の肩が挙がるようになりました

「常に左側の肩甲挙筋ばかりが緊張を感じている理由・機序が分かりました

「左側の肋骨が右側に比べて前に出ている理由、その為に感じているであろう身体に対するストレス、改善方法が分かりました」

二の腕が劇的に細くなりました!」

等々の嬉しい言葉をいただいております。



また、少人数制講師以外にトレーナーがサポートに入らせていただくため、評価法や実技が習得しやすいと好評をいただいております。

パーソナルトレーナー・医療従事者・治療家・インストラクターの方等、誰でもご参加いただけます。

« 週一回のパーソナルトレーニングより大切なこと!? | トップページ | O脚と足関節と歩行 »

運動・栄養・休養」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110986/70456051

この記事へのトラックバック一覧です: 空腹時or満腹時? :

« 週一回のパーソナルトレーニングより大切なこと!? | トップページ | O脚と足関節と歩行 »

kaatsutrueのつぶやき

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ