フォト

« O脚と足関節と歩行 | トップページ | 「下肢(足・膝・股関節・骨盤)の評価・改善アプローチ法」 セミナー開催いたします!(NSCA 0.4A付与) »

2017年5月20日 (土)

パーソナルトレーニングはどなたでも始められる

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる 
「パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp/)
 トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。

今回のブログでは、【パーソナルトレーニングはどなたでも始められる】ことについて書かせて頂きます。

早くも5月下旬を迎えましたね!

毎年、このくらいの時期は新しくパーソナルトレーニングを始めようとお考えの方も多く、ご体験の方が増えています。

ご体験の際に、アンケートでトレーニングの目的を伺っているのですが、やはりシェイプアップや筋力アップという方が圧倒的に多いです。

一方で、姿勢改善や痛み・不調の改善という目的を第一に考えてパーソナルトレーニングを選択される方もこのところ増えてきているように感じます。

また、シェイプアップや筋力アップを目的に上げられる方もあわせて姿勢改善や機能改善を希望されている方がほとんどです。

元気そうに見えても実際は姿勢や痛みなどで悩まれている方は多いのだな、と感じます。

パーソナルトレーニングと聞くと、元気な人が更に、筋肉を鍛えて身体を大きくしたい!と思ったり、引き締めて美しくしなりたい!と思ってやるものというイメージがどうしても強いですが、実際はそれだけではありません。

どこか痛くて困っている人に役立てることも多々あります。

むしろ、どこかが痛む人にこそパーソナルトレーニングが必要な面はあると思います。

毎週、整形外科や接骨院などに通われ、痛みの治療をされている方にとってパーソナルトレーニングはハードルが高く、選択肢としてそもそも無い場合も多いかと思いますが、選んでもらえるように地道に活動していくしかありませんね!

また、パーソナルトレーニングは若い人がやるもの、というイメージをお持ちの方もいると思いますが、実際そんなことはありません。

銀座TRUEの例ですと、60歳以上の方も沢山いらっしゃいます。

その方の体力や状態に合わせてトレーニングできるのが、パーソナルトレーニングであり、年齢や体力による心配は要りません。

銀座TRUEの場合になりますが、60分間のパーソナルトレーニングの内、すべての時間トレーニングをしている訳ではなく、その方の状態に合わせ、ストレッチや筋膜リリースのような手技を行ったりするケアの時間もございます。

その為、場合によっては筋肉トレーニングの時間は僅かで、身体のケアの時間を多く取らせて頂くことも出てきます。(もちろん、ほぼ筋力トレーニングの方もいらっしゃいます。)

あくまで、その方の目的と状態によってパーソナルトレーニングの内容は変わりますので、トレーニングを今まで一度もやったことがなくて不安、という方でも全く心配要りません。

テレビや雑誌などの広告により、パーソナルトレーニングの認知度が上がりましたが、一方で、筋トレで身体をムキムキにする場所というイメージも強くなってしまったという面もあるのではないかと思います。
(パーソナルトレーニングのスタジオによる特色はもちろんありますのでそれぞれの目的にあった場所を選べると良いですね。)

もちろん、筋トレで引き締まった身体を作ることもパーソナルトレーニングの目的の一つですが、パーソナルトレーニングの目的はそれだけではなく、様々な目的に合わせてどなたでも始められるものであるということを感じて頂ければ幸いです。


今回は簡単ではございますが、【パーソナルトレーニングはどなたでも始められる】ことについて書かせて頂きました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

それでは、また次回まで。


細田

Pic0000a5_2


新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

 

~「銀座 TRUE」~

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808




☆★~5月開催 指導者向けセミナー情報~☆★


「脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の評価/改善アプローチ法」

◆脊柱・体幹・肩甲帯・上肢における評価→原因考察→関節可動域獲得→トレーニングによる改善法を学ぶことができます。

◆脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の理想的(機能的)な肢位・動作・呼吸法とは?

◆猫背・四十肩・肩こり・二の腕のむくみ&張り感等の発生メカニズム・改善法

◆脊柱・体幹~肩甲帯・上肢の運動連鎖・前額面、水平面上における左右差等の評価法

◆パートナーストレッチ、筋間・筋膜・皮膚リリース、関節モビライゼーション等、各関節可動域を向上させるための考え方・手技を学ぶことができます。

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.4(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2017年5月28日 (日)  15:30~19:30

【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、

日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー)

【定員】 12名様

【受講料】 10,800円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp 迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、資格取得年、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

お陰様で好評につき、今回で3回目の同タイトルでのセミナー開催となりますが、過去ご受講いただいた方からは

評価法を学ぶことが出来、トレーニング指導に対する考え方が大きく変わりました

呼吸に対して抱いていた曖昧さが消えました

肩が挙がらなお客様の肩が挙がるようになりました

「常に左側の肩甲挙筋ばかりが緊張を感じている理由・機序が分かりました

「左側の肋骨が右側に比べて前に出ている理由、その為に感じているであろう身体に対するストレス、改善方法が分かりました」

二の腕が劇的に細くなりました!」

等々の嬉しい言葉をいただいております。



また、少人数制講師以外にトレーナーがサポートに入らせていただくため、評価法や実技が習得しやすいと好評をいただいております。

パーソナルトレーナー・医療従事者・治療家・インストラクターの方等、誰でもご参加いただけます。

« O脚と足関節と歩行 | トップページ | 「下肢(足・膝・股関節・骨盤)の評価・改善アプローチ法」 セミナー開催いたします!(NSCA 0.4A付与) »

パーソナルトレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110986/70608713

この記事へのトラックバック一覧です: パーソナルトレーニングはどなたでも始められる:

« O脚と足関節と歩行 | トップページ | 「下肢(足・膝・股関節・骨盤)の評価・改善アプローチ法」 セミナー開催いたします!(NSCA 0.4A付与) »

kaatsutrueのつぶやき

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ