フォト

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月26日 (土)

足部について②

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。

先日は11月としては非常に珍しく雪が降りましたねsnow

このところ、かなり冷え込んでおりますので防寒対策はしっかりしていきたいですね!

さて、前回は足部の構造と機能について簡単にご説明をさせて頂きました。


今回は足部アーチについてご説明したあと簡単な足部の評価についてお話致します。

足部は28個の骨から構成されており、その骨同士の結合(関節)が強くなったり緩くなったりしてその時の状況に合わせて機能を変化させることを前回ご説明致しました。

骨同士の結合が強くなった状態のとき、足のアーチは高い状態となり、骨同士の結合が緩い状態のとき、足のアーチは潰れた状態となります。

足のアーチというと足の内側にある土踏まずの部分をイメージするかと思いますが、実際は内側の部分はアーチの1つで、他に外側と横にもアーチがあり、合計3つのアーチが足部にはあります。

ただし、この3つのアーチは繋がっていてイメージはドーム状のアーチが1つある状態です。

アーチの高さの変化は踵を内側に倒したり外側に倒したりするとこによって行われます。

皆さん、ご自身の足の踵を内側に倒したり、外側に倒したりして動かしてみてください。

 

Win_20161125_15_58_10_pro_3

上の写真は踵を内側に倒した状態です。

また、下の写真は、踵を外側に倒した状態です。

 

 

Win_20161125_15_58_51_pro_2

 

踵を内側に倒すとアーチが高くなり、外側に踵を倒すとアーチが低くなるのを体感できると思います。

歩いている最中にはこのような足の微妙な変化が絶妙なタイミングで行われるはずですが、普段から踵が外側や内側に倒れすぎていたりするとこの機能が上手く働かなくなってしまします。

普段の足部の状態が良い状態でないと足部の本来もっている機能は低下していまうということです。


さて、それではここからは足部の状態を把する為の評価について話を進めさせていただきます。

評価をする際は足が地面についた状態とついていない状態の2つの状態をみます。

まずは足が地面に着いていない状態=非加重位での評価ですが、うつ伏せでベッドなどに寝てもらい、踵を内側・外側に動かしたり、足前側の部分を雑巾を絞るように動かしてみてください。


Win_20161126_12_18_58_pro_2_4



どのくらい動くか、どちらにいきにくいのかなどがポイントです。

出来ればいろいろな人の足を触ってみて比べてみると人によって硬さの差があることが体感できるかと思います。

また、足の裏にマメができていないかなどのチェックもしておくのも大事です。


Win_20161126_12_17_22_pro

まめのできている位置によってもその方の足の状態を探るヒントとなります。


次に地面に足がついている状態=加重位での評価です。

自然に立って頂いて、後ろから足部を観察します。

その際の踵との傾き・足の指の向きなどをチェックします。


Win_20161126_12_16_31_pro_2



立っている際、踵は若干外側に倒れているのが標準的な状態です。

 

踵が外側・内側のどちらに向いているかをチェックしてみてください。

画像では足の指が外側からけっこうはみ出ているように見えますね。

そして、同じように内側と外側からアーチの高さを観察します。

外側アーチは皮膚によって見た目では確認できないので外側アーチの頂点(立方骨という骨)の下に指を入れてチェックします。


Win_20161126_14_06_32_pro_2



きちんとしたアーチがあれば指が潰されることはありません。


より細かい評価法は沢山ありますが、割と簡単に足部が評価できる方法をいくつかご紹介させて頂きました。

ご自身で確かめられる簡単な評価法ですので是非やってみてください。


次回は足部の状態を改善する為の簡単な手技やエクササイズをご紹介致します。

 

最後まで読んでき頂き、ありがとうございます!

それではまた次回まで。

細田





新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

 ~「銀座 TRUE」~  

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808


~指導者向けセミナー情報~

「脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の評価/改善アプローチ法」 

◆脊柱・体幹・肩甲帯・上肢における評価→原因考察→関節可動域獲得→トレーニングによる改善法を学ぶことができます。

◆脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の理想的(機能的)な肢位・動作・呼吸法とは?

◆猫背・四十肩・肩こり・二の腕のむくみ&張り感等の発生メカニズム・改善法

◆脊柱・体幹~肩甲帯・上肢の運動連鎖、前額面、水平面上における左右差等の評価法

◆パートナーストレッチ、筋間・筋膜・皮膚リリース、関節モビライゼーション等、各関節可動域を向上させるための考え方・手技を学ぶことができます。


※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.4(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2017年1月29日 (日)  15:30~19:30

【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト                          日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー)

【定員】 12名様

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808
  MAIL:info@kaatsu-true.jp  迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、資格取得年、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

2016年11月19日 (土)

足部について

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの細田聡一郎(ほそだそういちろう)です。

先日2016年の流行語が発表されましたが、毎年そういうニュースを聞くと早くも1年の終わりを感じてしまいますねcoldsweats01

毎年感じるのは1年経つのがとてつもなく早い、ということです。

いろいろ予定・計画をし、実行していかないと何もしないで時間だけが過ぎて行ってしまいますねweep

あくまで形式的な区切りではありますが、2016年はまだあと一か月以上ありますので、私自身やるべきことを実行していきたいと考えております。


さて、今回より何回かに分けて足部について書かせていただきます。

人の身体の中から足部を選んだ理由は、立ったり、歩いたり、走ったりなどの際に、足部は唯一地面に触れている部分であり、身体の部位の中でも特に身体全体に与える影響が大きい部位であると考えられ、特に重要だと考えているからです。

今回は足部の簡単な
構造と機能についてご説明致します。

まず、足部がどこを指しているのかというと、下の骨の写真にありますように、両くるぶしの間にある骨から足の先端にある骨までのことを指しており、その間には28個の骨が存在します。

Win_20161118_15_37_23_pro_2_2

皮膚に覆われていると足に骨がこんなにたくさんあるのは想像しにくいですよね。

Win_20161119_13_51_54_pro_2_2

それぞれの骨の間は関節となっており、動く範囲に違いはありますが、そこには動きが起こります。

 

 

この動きがあることによって足は状況に合わせて硬くなったり、柔らかくなったりしています。

例えば、地面を強く蹴りだすとき足は硬くなった方が力を発揮しやすい為、関節はより結束を強め強固になります。

また、地面に足を着くときは逆に足は柔らかくなった方が衝撃を吸収できるため、関節は結束を弱め柔軟になります。

 

このように足部は歩いたり走ったりなどする際に、状況に応じて臨機応変に機能を変化させ、身体により負担がかからないように効率よく機能してくれています。

ところが、柔らかくなったり硬くなったりのどちらかが極端になってしまったり、この2つの動きが起きるタイミングがズレてしまったり等の機能不全となってしまうと、足部に障害が起きる可能性が高くなります。

また、先ほども説明させて頂いた通り、足部の状態はその上の関節にも影響を与えるため、足部が原因で、膝、股関節、腰、肩、頸などの痛みや違和感となることもあります。

このように、足部の状態は足部のみでなく、全身に影響を与えやすい為、身体の中でもまず最初にアプローチしなければならない部位の一つといえるのではないでしょうか。



次回は足部の評価についてご説明させて頂きます。

それではまた次回まで。


細田

新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

 ~「銀座 TRUE」~  

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

2016年11月18日 (金)

「脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の評価・改善アプローチ法」 セミナー開催いたします!(NSCA0.4A付与)

こんにちは!

 

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE (www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの今井です。

先日、久しぶりにスタジアムまで足を運び、サッカー日本代表の試合を観戦してきました。

Img00552_2

日本の勝利に酔いしれながらも、
相手に当たられながらも、胸を張って周りを見ながらボールをキープできる能力に長けている選手が活躍しているということを現場で強く感じました。

これを「体幹の強さ」という一言で片づけるには安易であろう、足部から頭部までの運動連鎖のしなやかさを見て取れました。


さて、今回は1月29日(日)に開催致しますセミナー告知をさせていただきます。

下記をご参照の上、お申込みいただきますと幸いです。



「脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の評価/改善アプローチ法」

◆脊柱・体幹・肩甲帯・上肢における評価→原因考察→関節可動域獲得→トレーニングによる改善法を学ぶことができます。

◆脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の理想的(機能的)な肢位・動作・呼吸法とは?

◆猫背・四十肩・肩こり・二の腕のむくみ&張り感等の発生メカニズム・改善法

◆脊柱・体幹~肩甲帯・上肢の運動連鎖・前額面、水平面上における左右差等の評価法

◆パートナーストレッチ、筋間・筋膜・皮膚リリース、関節モビライゼーション等、各関節可動域を向上させるための考え方・手技を学ぶことができます。


※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.4(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2017年1月29日 (日)  15:30~19:30

【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト

 

 日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー)

【定員】 12名様

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具


【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp  迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、資格取得年、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。


※前回のセミナーの様子です。↓↓↓

1477837784840_2
1477837802801_2
1477837823664

例として、

 

ヒアリングで常に左の腰部が痛みやすいというお客様がいらっしゃった場合、

まず、静的・動的な体幹の評価を実施したところ、脊柱の左回旋が行いにくい為、痛みを生じているということが分かり(評価方法もじっくりとお伝えさせていただきます)、

Img_3601_2

↑↑↑最終的にこのようなエクササイズで神経筋・筋持久力を活性化させたい・・・が、動きにくい・・・そのような場合、どのようにアプローチしていけば良いのかということまでお伝えさせていただきます。

 

パーソナルトレーナー・医療従事者・治療家・インストラクターの方等、誰でもご参加いただけます。

 

皆様のご参加を楽しみにお待ちしております。
よろしくお願い致します!


今井

 

新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

 

~「銀座 TRUE」~  

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

2016年11月 9日 (水)

年齢は関係ない!トレーニングがもたらす効果

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの今井です。


本格的な寒さが続いている為、風邪をひかれている方も多い今日この頃です。

1年中を通して健康的に生活を営むためには免疫力を高めていきたいわけですが、グルタミンがリンパ球を増やす→グルタミンを増やす→筋肉量を増やすという流れからも筋力トレーニングが風邪をひきにくい身体を作ってくれているとも言えそうです。


さて今回は、大腿の手術をされた80歳弱の方の経過をお話しさせていただきます。


手術は成功し、術後2週間は病院でリハビリに取り組み退院。それから1週間後に当スタジオにお越しいただきました。

Img_4350_5



上写真がその時の状態ですが、右下肢を手術され、まだ杖なしでは歩行が出来ませんでした。

 

そこから、約1か月間 週4回→週3回→週2回→週2回と計11回トレーニングを実施させていただいた状態が、

Img_4409_4

こちらの上写真になります。


実際にご自分の意識下でしっかりと下肢を動かせるようになったのは、3回目のトレーニングからで、それまでは反応が見られない箇所もありました。 

が、写真のように筋肉の量、出力とも術前と同じレベルまで回復され(病院で筋出力を計測された際にも同様の結果で驚かれたそうです。)、特にもも前内側(内側広筋)の筋肉が落ちたことで外側に引っ張られていた脛の骨がまっすぐに戻ってきたのが分かると思います。

現在は杖なしでの歩行も全く問題なく、痛みもない為手術されたことを忘れてしまうこともしばしばで、ほっとしております。




トレーニングをすることで得られる効果は、どの年齢でも期待できます。 

逆に言えば、生活の一部として定期的に継続的にトレーニングを行うことが、健康的な生活を営む上では、欠かせないと言えそうです。


※下図は当スタジオに貼ってある大腿部の断面図です。

 

上から、トレーニングをしている40代の方・運動不足の70代の方・トレーニングをしている70代の方で、黒が筋肉・白が脂肪です。

Img_4415



では、また次回まで。。。


今井

新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

~「銀座TRUE」~  

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808


~指導者向けセミナー情報~

「下肢(足・膝・股関節・骨盤)の評価・改善アプローチ法」

◆足関節・膝関節・股関節・骨盤帯における評価→原因考察→関節可動域獲得→トレーニングによる改善法を学ぶことができます。

◆下肢の理想的(機能的)な肢位とは?、理想的(機能的)な歩行とは?

◆O脚・X脚・外反拇趾・内反小趾・足部痛・膝痛・股関節痛・ふくらはぎ・太もものむくみ等の発生メカニズム・改善法

◆足部・足関節の評価・改善アプローチ法(距腿関節~中足指節関節)
 

◆膝関節の評価・改善アプローチ法(大腿脛骨関節・大腿膝蓋関節)

◆股関節の評価・改善アプローチ法

◆足部~骨盤の運動連鎖・前額面、水平面上における左右差等の評価法

◆パートナーストレッチ、筋間・筋膜・皮膚リリース、関節モビライゼーション等、各関節可動域を向上させるための考え方・手技を学ぶことができます。



※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.4(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2016年11月27日 (日)  15:30~19:30

【講師】今井 宏
(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト                            日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー)

【定員】 12名様(
残り2名様


【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具


【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp  迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、資格取得年、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

2016年11月 2日 (水)

「脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の評価/改善アプローチ法」 セミナー開催致しました!

こんばんは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの今井です。

11月に入り、本格的な寒さが身に染みる今日この頃ですね。この時期は一層、身体の熱を下げない努力をしていきたいものですね!



さて先日、銀座TRUEにて

 

「脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の評価/改善アプローチ法」 セミナーを開催致しました!

1477837784840_2

1477837802801_2

1477837823664

今回も様々なバックグラウンドをお持ちの指導者の方にご参加いただきました。

 

本当にありがとうございます!

 

開催してからの2日間、数多くのご質問をいただき、復讐→セッションでご活用されるというアウトプットを非常に嬉しく思っております。

今回のように、これだけの時間を費やして身体を評価することはセッション内ではなかなか難しいと思いますが、逆に身体を評価せずエクササイズを提供することほど運動指導者として無責任なものはない為、是非、ランドマークとなる骨や筋といった触診技術を高めることから始めていただきますと幸いです。


また、次回11月27日(日)に下肢バージョンを開催いたしますので、下記をご参照の上、お申込みいただきますと幸いです。

 

よろしくお願い致します!


「下肢(足・膝・股関節・骨盤)の評価・改善アプローチ法」

◆足関節・膝関節・股関節・骨盤帯における評価→原因考察→関節可動域獲得→トレーニングによる改善法を学ぶことができます。

◆下肢の理想的(機能的)な肢位とは?、理想的(機能的)な歩行とは?

◆O脚・X脚・外反拇趾・内反小趾・足部痛・膝痛・股関節痛・ふくらはぎ・太もものむくみ等の発生メカニズム・改善法

◆足部・足関節の評価・改善アプローチ法(距腿関節~中足指節関節)

 ◆膝関節の評価・改善アプローチ法(大腿脛骨関節・大腿膝蓋関節)

 ◆股関節の評価・改善アプローチ法

◆足部~骨盤の運動連鎖・前額面、水平面上における左右差等の評価法

◆パートナーストレッチ、筋間・筋膜・皮膚リリース、関節モビライゼーション等、各関節可動域を向上させるための考え方・手技を学ぶことができます。



※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.4(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2016年11月27日 (日)  15:30~19:30

【講師】今井 宏
(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト  

                           日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー)

【定員】 12名様(残り2名様

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808
  MAIL:info@kaatsu-true.jp  迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、資格取得年、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

 

新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

 

~「銀座 TRUE」~  

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

kaatsutrueのつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ