フォト

« 「脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の評価/改善アプローチ法」 セミナー開催いたします!(NSCA 0.4A 付与) | トップページ | 痛み・違和感の原因を推察することの大切さ »

2016年8月31日 (水)

柔軟性の改善

こんにちは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
「パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの細田です。

8月もあっという間に終わりますね。

今年の夏はやはりオリンピックで盛り上がりましたね‼

個人的には陸上競技男子400mの43.03秒の世界記録に一番驚いたオリンピックでしたwink

4年後の東京オリンピックも楽しみですね!

さて今回はお客様の柔軟性の変化について書かせて頂きます。

物心ついたときにはしゃがめなくなっており、今まで一度もかかとを床から浮かさずにしゃがめたことがないというA様。

この頃かかとを浮かさずにしゃがめるようになりました‼

このかかとを浮かさずにしゃがむ(もも裏がふくらはぎにくっつくまで)という動作ができない人はけっこう多いのではないかと思います。

また、しゃがめていても膝がつま先の内側に入った状態となっている人も多いかと思います。

しゃがむ動作には足部・足首・膝・股関節・脊柱などの柔軟性が関わりますが、一番原因となりやすいのは足関節だと思われます。

このしゃがむという動作の場合、足の甲とスネの距離が近づく方向への運動(背屈運動)に制限があることが問題となります。

原因として筋肉・腱自体の柔軟性の低下はもちろんありますが、筋・腱と皮膚や皮下脂肪などのその他の軟部組織との癒着や筋肉同士の癒着なども問題となります。

また、それらの問題とも関わりますが関節内の骨の動きが制限されたり、足部の骨の配列の乱れなど関節や骨の問題が原因になる場合も考えられます。

因みにAさんの場合は、筋・腱などの軟部組織の癒着と足部の配列の乱れが主な原因でした。

しゃがむ動作ができなくても洋式トイレが主流となった今では日常生活にあまり問題ないとと思われがちですが、しゃがむ動作ができることは理想的な歩行に繋がります。

なぜなら理想的な歩行ができるためには膝を曲げた状態で約10~20°の背屈、膝をのばした状態で5°の背屈ができることが必要とされ、かかとを床から浮かせずにしゃがむには背屈角度がその位は必要になる為です。

(しゃがめるかどうか確認する際には膝とつま先の向きが一致するように膝のお皿を足の第2指の方に向けてやってみてください。)

もちろん理想的な歩行ができるためには足関節の柔軟性だけでなく、膝や股関節の柔軟性も重要になります。

そして柔軟性を獲得できたからといって動作が変わるわけではなく、動作を改善する為のトレーニングも必要になってきます。

柔軟性改善、筋力アップ、動きの再教育・・・。どれも重要ですね!

今回は柔軟性の変化について書かせて頂きました。

最後までお読み頂き、ありがとうございます!



最後にセミナーの告知をさせて頂きます。

只今、お申込み受付中ですのでご参加ご希望の方は下記をご参照の上、お申込みいただければ幸いです。


「脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の評価/改善アプローチ法」

◆脊柱・体幹・肩甲帯・上肢における評価→原因考察→関節可動域獲得→トレーニングによる改善法を学ぶことができます。

◆脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の理想的(機能的)な肢位・動作・呼吸法とは?

◆猫背・四十肩・肩こり・二の腕のむくみ&張り感等の発生メカニズム・改善法

◆脊柱・体幹~肩甲帯・上肢の運動連鎖、前額面、水平面上における左右差等の評価法

◆パートナーストレッチ、筋間・筋膜・皮膚リリース、関節モビライゼーション等、各関節可動域を向上させるための考え方・手技を学ぶことができます。


※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.4(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2016年10月30日 (日)  15:30~19:30

【講師】今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト

             日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー)

【定員】 12名様

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp  迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、資格取得年、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

~「銀座 TRUE」~  

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808


« 「脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の評価/改善アプローチ法」 セミナー開催いたします!(NSCA 0.4A 付与) | トップページ | 痛み・違和感の原因を推察することの大切さ »

トレーニングによるお客様の変化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110986/67272372

この記事へのトラックバック一覧です: 柔軟性の改善:

« 「脊柱・体幹・肩甲帯・上肢の評価/改善アプローチ法」 セミナー開催いたします!(NSCA 0.4A 付与) | トップページ | 痛み・違和感の原因を推察することの大切さ »

kaatsutrueのつぶやき

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ