フォト

« 継続できることを | トップページ | 「下肢の評価/改善アプローチ法」セミナー開催致しました! »

2016年8月12日 (金)

「美脚」と「機能的な歩行動作」を獲得することの関連性

こんばんは!

身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる
「パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの今井です。

ここ最近本当に暑い日が続きますので、長時間の直射日光を避け熱射病にかからないように注意しましょう!(これだけ暑いと、水分補給の徹底のみだけでは対策としては難しいように思われます)

さて、今回は「美脚」を作る上で、普段の歩行動作がいかに大切かというお話をさせていただきます。

Photo

上図は歩行の初期で、線は床反力を示しております。(名前のごとく床が押し返す力)

この状態から、上半身が前に移動してくるわけですが、線が股関節の前面を通過しているため、前に移動させるのにお尻の筋肉が使われることになります。

Photo_2

それでは、この図はいかがでしょうか?赤い線が背骨になります(背中を丸めて歩いている人を想像してください)。
この場合、青い床反力線が股関節の後面を通っているため、もも前側がメインで身体を移動させることになります。

このような姿勢で「有酸素運動でシェイプアップしたい」と毎日長時間歩くと、もも前側の筋肉の過緊張⇁慢性炎症状態⇁浮腫み⇁パンパンに張っている ということも起き得るわけです。

歩行動作というものは、機能的であればあるほど、エネルギー消費は少なくて済むはずですが(それでは痩せにくいではないですか!というのとは別の話として)、不良姿勢による非効率的で局所への負担が大きい歩き方をすることで、本来の目的である「シェイプアップ・身体を引き締める・メリハリのある細い脚を作る」からは程遠い結果になるケースも多々出てしまいます。

「銀座TRUE」では、スタジオ内の鏡・静止画・動画等による動作評価・分析を行い、トレーニングはもちろん普段の生活での注意点を細かくフィードバックさせていただきます。

Studio_0121


歩くという行為は誰しも必ず毎日行います。
効率的・機能的な歩行動作を習得することで、「痛みのない美しい脚」を獲得していきましょう。是非、我々トレーナーを頼っていただきますと幸いです!


では、また次回まで。。。

今井



新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

~「銀座 TRUE」~  

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

« 継続できることを | トップページ | 「下肢の評価/改善アプローチ法」セミナー開催致しました! »

姿勢・動作分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110986/66971223

この記事へのトラックバック一覧です: 「美脚」と「機能的な歩行動作」を獲得することの関連性:

« 継続できることを | トップページ | 「下肢の評価/改善アプローチ法」セミナー開催致しました! »

kaatsutrueのつぶやき

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ