フォト

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月13日 (土)

美しい背中を作るための評価・改善アプローチ法 セミナー開催致します!(NSCA 0.3A 付与)

こんにちは。

トレーナーの細田です。

本日は春が来たような非常に暖かい気候ですね。

さて今回は、3月に開催致しますセミナー告知をさせていただきます。

下記をご参照のうえ、お申込みいただきますと幸いです。


「美しい背中を作るための評価・改善アプローチ法」 ~猫背・四十肩・肩こり  二の腕のむくみ&張り感を改善するためには~

★脊柱・胸郭・肩関節(肩甲胸郭、肩甲上腕)における評価→原因考察→関節可動域獲得→トレーニングによる改善法を学ぶことができます。

◆パートナーストレッチ、筋間・筋膜・皮膚リリース、関節モビライゼーション等、各関節可動域を向上させるための考え方・手技を学ぶことができます。

◆身体評価法を基に、四十肩、肩こり、背中痛、腰痛、猫背、二の腕のむくみ・たるみ等の発生メカニズム・改善法を学ぶことができます。


※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.3(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2015年3月27日 (日)  15:30~18:30

【講師】 細田 聡一郎(銀座TRUE 副代表、NSCA-CSCS、柔道整復師、日本アスレティック医科学協会認定HOPSトレーナー )

Staff_02


【定員】 12名様

【受講料】 7,560円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:info@kaatsu-true.jp  迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします) ※NSCA資格保有者は、資格種類、資格取得年、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

実技メインのセミナー内容となりますが、評価法から各関節に対する有効的なアプローチ法、何故関節可動域の獲得が必要なのか、セッションの中でどのように役立たせるか、痛みのメカニズム等をあますことなくお伝えさせていただきます。

※以前のセミナーの様子です。↓↓↓

Photo

Photo_2


また、毎回最新版にバージョンアップされておりますので、過去に受講された方も新たにインプットできる内容となります!

今回講師は、私、細田が担当させて頂きます。

インストラクター・パーソナルトレーナー・治療家の方等、どなたでもご参加いただけます。

皆様のご参加楽しみにお待ちしております!


細田



新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

~「銀座 TRUE」~  

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

 

2016年2月 9日 (火)

痛みのない身体作りと美脚作り

こんばんは!銀座TRUEの今井です。

寒い日が続きますが、
昨日、うどんを食べにいき、注文の際「大・中・小」いかがなさいますか?とサイズを問われ、「普通で」と答えを準備してた為か、とっさに「ふちゅうで」と答えてしまった間もなく40歳を迎える私の返答に対して、「かしこまりました!」と満面の笑みで対応してくれた店員さんに心が温まり、その後のセッションもぽかぽか状態でした(笑)

今回は、先月1か月間だけ日本に滞在されていた方のお話をさせていただきます。

お客様のご紹介にて、膝の痛みを解決されたいと合計6回程「TRUEに」ご来館いただきました。

膝の痛みは2015年10月に事故をされてからひどくなったものの、ここ数年間は常につきまとっていたとのことでした。

日本・アメリカで整形外科や整体・接骨院等様々通われたようですが、なかなか症状が改善されないとのことで、「TRUE」にご紹介いただきました。


2月にはアメリカに帰国されるため、1か月間の中で、現在痛みが何故起きているのかということと、身体全体の運動連鎖のメカニズムを理解していただくことを最優先にセッションを行いました。

1回目で評価⇁原因追求を行い、2回目からは足関節~股関節の動きを獲得しながら、歩行を基にした全身の使い方を説明し、家で出来るエクササイズ・普段歩くときに注意することを伝えました。

3回目では嬉しいことに長年あった痛みが消失しました。2回目から3回目の間が1週間あったのですが、毎日エクササイズ(2種目)を行っていただいたとのことと、自分がどのような姿勢で歩いているかを感じ始めてくれたことが大きいように感じました。お客様の頑張りに感激しつつ。評価をした上で、エクササイズを継続することで身体は必ず変化するのだなと改めて実感しました。



2回目

Img_3742


5回目(2回目から2週間後)

Img_3772

両方ともトレーニング前に撮影したものですが、踵の位置、骨盤の位置とも大きく変化しているのが分かると思います。これだけでも普段の生活における動作が変わっていることが推測できます。

膝が痛いから膝だけアプローチするだけでは、根本的に解決には至らず、硬い箇所をほぐすだけでも根本解決に至らず、しっかりとした身体の動きを覚え込ませることが大切でその為には、全身の身体の評価が大切だということを改めて感じました。


当スタジオには、全国準優勝の学生ラグビー選手から79歳の方まで年齢層も体力も目的も様々な方にご来館いただいておりますが、本来機能すべき関節の動きや筋肉の着いている箇所、支配している神経にはもちろん変わりはありません。

目的が怪我からの回復なのか、シェイプアップなのかという違いがあったとしても、機能的な動作を習得するということは結果的には両方の目的を達成することでの基礎となってきます。


機能的な動きをともなえば、局所の強い筋緊張等が作られず常に血液等の代謝循環が良い状態を保て、見た目の美しさにもつながるという考え方で「TRUE」ではセッションを行わせていただいております。
その為に、我々トレーナーは評価⇁アプローチ⇁再評価という概念で日々精進していきます。今後ともよろしくお願い致します!

今井




新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

~「銀座 TRUE」~  

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808




※今月開催されます指導者向けのセミナーも下記をご参照の上ご参加いただきますと幸いです。


~指導者向けセミナー情報~

美脚・美尻を作るための評価・改善アプローチ法
 

O脚・X脚・外反拇趾・ふくらはぎ、太もものむくみ&張りを改善するためには~


★足関節・膝関節・股関節における評価→原因考察→関節可動域獲得→トレーニングによる改善法を学ぶことができます。

◆パートナーストレッチ、筋間・筋膜・皮膚リリース、関節モビライゼーション等、各関節可動域を向上させるための考え方・手技を学ぶことができます。

◆身体評価法を基に、O脚・X脚・外反拇趾・内反小趾・足部痛・膝痛・股関節痛・ふくらはぎ・太もものむくみ等の発生メカニズム・改善法を学ぶことができます。

◆理想的な歩行動作につながるエクササイズの考え方を学ぶことができます。


※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCA-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.3(A)】のCEUが取得できます。


【日時】
2016年2月28日 (日)  15:30~18:30

【講師】石沢 直之(NSCA-CPT、JATI-ATI、adidasPT

                  日本アスレティック医科学協会認HOPSトレーナー )フィジカルコンディショニングトレーナー 石沢 直之(いしざわ なおゆき)

【定員】
12名

【受講料】
7,560円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】
ウエア・筆記用具

【申込方法】
TEL:03-6226-2808
MAIL:info@kaatsu-true.jp  迄ご連絡くださいませ。(お名前と連絡先をお伺いいたします)

(※NSCA資格保有者は、資格種類、資格取得年、会員番号も)を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。)

2016年2月 2日 (火)

お客様のお身体の変化「美脚」

こんにちは。

トレーナーの細田です。

今年初のブログということで大分遅くなりましたが今年も宜しくお願い致します。

あっという間の一か月ですねhappy01
お正月の箱根駅伝で優勝した青山学院大学の体幹トレーニングが話題となりましたが、先日、大相撲初場所で優勝した琴奨菊関も体幹トレーニングを昨秋くらいから取り入れ始めていた、ということで今年もトレーニングのトレンドとして「体幹」がキーワードになっていきそうですね!

体幹を鍛えるというと腹筋を鍛えるというイメージが強く、足を押さえて上体を起こすといういわゆる昔ながらの腹筋運動をイメージする方が多いかと思います。

また、トレーニング雑誌等で勉強されている方は前腕と足先で身体を支え、一直線にキープするプランクという種目や横向きでキープするサイドプランクなどを実践している方も多いかと思います。

起き上がり運動もプランク等のエクササイズも体幹トレーニングに間違いはありませんが、正しく行わないと効果が出ないだけでなく腰などを痛める原因にもなってしまうかもしれません。

また、スポーツ等で取り入れる場合、本当にそのエクササイズがその競技に必要なのか、を考える必要もあります。

場合によっては姿勢を悪くしてしまったり、競技にマイナスとなってしまう場合も考えられますので安易に体幹トレーニングブームに乗るのではなく、できればトレーナー等にご相談頂くのが良いかと思います。

今の自分にどんなトレーニングが必要なのか、身体を評価し、トレーニング内容を決めていくのが効果を出す一番の近道かと思います。


さて、今回は銀座TRUEにてトレーニングをされているお客様のお身体の変化をご紹介致します。

トレーニングを始めて約3か月の女性です。(頻度は週1回ペースです)

Photo_2_3

トレーニング開始時に前後左右より写真を撮らせて頂いており、正面からの画像において、下腿の外旋と足部の回内が見られました。

(正面から見た際に膝上が内側、膝下が外側に入っている。

また、足の甲が足首に対して外を向いている。)

この状態の原因となっている、弱くなっている部位をトレーニングで強化すると共に、過使用している部位を修正することにより状態に変化が観られてきました。

Img_3773_2_2

画像をよく見て頂くと、トレーニング開始時に比べて、現在の状態をみると膝下のカーブ、足首と足部の向きの変化が確認できるかと思います。

ちなみに体重は3kgほど落ちております。

また、足部が変わることで骨盤の位置や肩の高さ等、全身の変化も見られました。

やはり、足部は非常に重要な部位であることを再認識しました。

一度のトレーニング内でもトレーニングの前後で瞬間的に変化は起きますが、その状態を維持する為には、正しい動作を身体に覚えさせることが重要だと考えます。

まだ、特に左脚の方は改善の途中となっておりますので引き続き取り組んでいきたいと思います。



今回ご紹介させて頂いた方のように美脚を目指したい方やご興味のあるかたは銀座TRUEにご相談頂ければ幸いです。

また、美脚・美尻を作るための方法を知りたい指導者の方は2月28日(日)に開催致します「美脚・美尻を作るための評価・改善アプローチ法」セミナーにご参加頂ければ幸いです。

詳細は下記をご確認ください。

それでは、2月も銀座TRUEを宜しくお願い致します。

細田



~指導者向けセミナー情報~

美脚・美尻を作るための評価・改善アプローチ法
 

O脚・X脚・外反拇趾・ふくらはぎ、太もものむくみ&張りを改善するためには~


★足関節・膝関節・股関節における評価→原因考察→関節可動域獲得→トレーニングによる改善法を学ぶことができます。

◆パートナーストレッチ、筋間・筋膜・皮膚リリース、関節モビライゼーション等、各関節可動域を向上させるための考え方・手技を学ぶことができます。

◆身体評価法を基に、O脚・X脚・外反拇趾・内反小趾・足部痛・膝痛・股関節痛・ふくらはぎ・太もものむくみ等の発生メカニズム・改善法を学ぶことができます。

◆理想的な歩行動作につながるエクササイズの考え方を学ぶことができます。


※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCA-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.3(A)】のCEUが取得できます。


【日時】
2016年2月28日 (日)  15:30~18:30

【講師】石沢 直之(NSCA-CPT、JATI-ATI、adidasPT

                  日本アスレティック医科学協会認HOPSトレーナー )フィジカルコンディショニングトレーナー 石沢 直之(いしざわ なおゆき)

【定員】
12名

【受講料】
7,560円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】
ウエア・筆記用具

【申込方法】
TEL:03-6226-2808
MAIL:info@kaatsu-true.jp  迄ご連絡くださいませ。(お名前と連絡先をお伺いいたします)

(※NSCA資格保有者は、資格種類、資格取得年、会員番号も)を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。)



新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!


~「銀座 TRUE」~  

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ