フォト

« 怪我をしない・痛みの起こりにくい身体作り | トップページ | 「美しい背中を作る為の評価・改善アプローチ法」 セミナー終了いたしました! »

2015年11月15日 (日)

姿勢・呼吸・横隔膜の関連性

こんばんは! トレーナーの今井です。

細田マネージャーと小学生時代所属していたサッカーチームの話で盛り上がっていましたが、指導者の一言一言の影響力は非常に大きいという結論に達し、我々トレーナーがセッション中に発する一言一言もお客様にとって非常に影響力が強いと思われ、最新のエビデンスに基づいた指導・お客様に合わせた指導はもちろんのこと、話し方・伝え方というものの大切さを再認識できた本日の帰り道でした。


さて、今回は横隔膜の付着している位置・動きと、呼吸に伴う姿勢の安定性の重要性を簡潔にお伝えさせていただきます。

Img_3626_2

上図のように横隔膜が上下することで胸腔の容積が大きくなったり小さくなったりすることで、呼吸が行われています。

上図のような姿勢で呼吸が行われている際には、横隔膜は機能を果たしやすいのですが、腰が反っていたり、丸まっていたりすると横隔膜の頂点の位置が後方を向いたり、前方を向いたりして収縮力が弱まってしまいます(イメージしやすい図がなくてすみません・・・)。
また、不良姿勢では肋骨の動きも制限されますから、胸腔の容積は小さくなります。



横隔膜の機能が良くないと、代償的に、上位の肋骨や鎖骨を挙上させて容積を拡大させようと首に付着している筋肉が頑張ります。


呼吸の度に、首に付着している筋肉が頑張りすぎるとますます不良姿勢に陥りやすかったり、肩周辺の神経を圧迫して首こり・肩こり・肩の痛み等にもつながってきます。

Img_3628

このように、不良姿勢では横隔膜が機能しにくく呼吸が浅くなりやすく、代償的にあまり沢山働いてほしくない首周りの筋肉が使用せざるを得ないという悪循環をもたらしてしまいます。

呼吸が安定していない状態では上記のようなデメリットがあり、またトレーニング中のように酸素を多く必要とする場面ではなおさら不良姿勢に陥りやすいため、セッションの最初に横隔膜がしっかり働いているかチェックを行い、また働くようにしていきます。

呼吸は24時間休みなく行われておりますので、横隔膜が常に機能的に働けるようにしていきたいものです。

脂肪がは燃焼するには酸素を必要とする訳ですから、シェイプアップという観点から考えても大切な機能ですね!

では、また次回まで。。。

今井



~指導者向けセミナー情報~

「美しい背中を作るための評価・改善アプローチ法」

~猫背・四十肩・肩こり   二の腕のむくみ&張り感を改善するためには~


★脊柱・胸郭・肩関節(肩甲胸郭、肩甲上腕)における評価→原因考察→関節可動域獲得→トレーニングによる改善法を学ぶことができます。

◆パートナーストレッチ、筋間・筋膜・皮膚リリース、関節モビライゼーション等、各関節可動域を向上させるための考え方・手技を学ぶことができます。

◆身体評価法を基に、四十肩、肩こり、背中痛、腰痛、猫背、二の腕のむくみ・たるみ等の発生メカニズム・改善法を学ぶことができます。

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.3(A)】のCEUが取得できます。

【日時】 2015年11月29日 (日)  15:30~18:30

【講師】 今井 宏(銀座TRUE 代表、NSCA-CSCS/CPT、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー )

【定員】 12名様(残り2名様)

【受講料】 7,560円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808
        MAIL:info@kaatsu-true.jp  迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)
※NSCA資格保有者は、資格種類、資格取得年、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。


新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

~「銀座 TRUE」~  

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

« 怪我をしない・痛みの起こりにくい身体作り | トップページ | 「美しい背中を作る為の評価・改善アプローチ法」 セミナー終了いたしました! »

姿勢・動作分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110986/62526391

この記事へのトラックバック一覧です: 姿勢・呼吸・横隔膜の関連性:

« 怪我をしない・痛みの起こりにくい身体作り | トップページ | 「美しい背中を作る為の評価・改善アプローチ法」 セミナー終了いたしました! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ