フォト

« 運動は必須 | トップページ | 半年間の成果! »

2015年2月 5日 (木)

3月29日(日) セミナー開催のご案内 (NSCA 0.3A 付与) 

こんばんは! トレーナーの今井です。

明日は一日「雪」の予報ですsnow 交通機関も足下も安定感のない一日となりそうですので、早め早めの行動を心掛けたいと思いますrun

 

さて今回は、3月開催予定セミナーのご案内をさせていただきます。

昨年までは2時間で実施しておりましたが、お伝えしたい内容がどうしても収まらず、今年から3時間の内容となっております(昨年参加された方も是非ご参加お待ちしております!)



柔軟性向上セミナー ~脊柱(腰椎・胸椎・頸椎)、肩関節(肩甲胸郭、肩甲上腕)~


◆パートナーストレッチ、筋間・筋膜・皮膚リリース、関節モビライゼーション等、各関節可動域を向上させるための考え方・手技を学ぶことができます。

◆身体評価法を基に、四十肩、肩こり、背中痛、腰痛、猫背、二の腕のむくみ・たるみ等の発生メカニズム・改善法を学ぶことができます。

※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.3(A)】のCEUが取得できます。

【日時】
2015年3月29日 (日)  15:30~18:30

【講師】
今井 宏(銀座TRUE 代表、NSCA-CSCS、CPT、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー )

【定員】
10名程度

【受講料】
5,000円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】
ウエア・筆記用具

【申込方法】
TEL:03-6226-2808
MAIL:info@kaatsu-true.jp  迄ご連絡くださいませ。(お名前と連絡先をお伺いいたします)

 

(※NSCA資格保有者は、資格種類、資格取得年、会員番号も)を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。


昨年のセミナー風景


Semina

Ki

実技メインのセミナー内容となりますが、評価法から各関節に対する有効的なアプローチ法、何故関節可動域の獲得が必要なのか、セッションの中でどのように役立たせるか、痛みのメカニズム等をあますことなくお伝えさせていただきます。

 

例えば、肩甲帯では、

 

○肩の高さを見る場合何処を見るのか

 

○左右差がある場合高い方と低い方どちらが良いのか?脊柱はどのような状態で評価すべきか

 

○動きの診かた、動きの出し方

 

○脊柱・胸郭との関連、上腕骨との関連性

 

等々を学びつつ、実技を習得していただきます!

 

今回も、細田トレーナー・石沢トレーナーと3名体制にて実施させていただきますので、みっちりと学べると思います。

インストラクター・パーソナルトレーナー・治療家の方等、誰でもご参加いただけます。

 

皆様のご参加楽しみにお待ちしております!

今井

~「銀座 TRUE」~

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

« 運動は必須 | トップページ | 半年間の成果! »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110986/58819059

この記事へのトラックバック一覧です: 3月29日(日) セミナー開催のご案内 (NSCA 0.3A 付与) :

« 運動は必須 | トップページ | 半年間の成果! »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ