フォト

« 「美しい背中を作るための評価・改善アプローチ法」 セミナー終了いたしました! | トップページ | ニーイントーアウト »

2014年10月17日 (金)

臀筋の左右差

こんばんは! トレーナーの今井です。。。


10月も半ばとなり、朝・夜は大分寒く感じるようになりましたね。季節の変わり目ということで体調を崩されている方も多いようですので、運動・栄養・休養のバランスを取りながら、常に元気な状態を保てるようにしていきたいものですね!


さて、今回はスクワットという動作を行う上で、注意しなければならない点を述べさせていただきます。(ご自宅で毎日スクワットだけはやっていますという方も多いと思われます!)





スクワットと言えば「KING OF EXERCISES」と言われるくらい、身体にとって非常に有益なトレーニングですが、最初は股関節から使用して臀筋の使用感を出すのに苦労すると思われます。股関節から動かすことに慣れてきたら、左右の股関節にしっかり体重が乗っているかの確認が大切になります。

Img_1795

↑↑↑写真のように、誰でもお尻の筋肉量は左右で異なります。そのため、無意識にスクワットを行うと、筋出力が強いほうに骨盤・もしくは体幹を載せやすくなり(重心移動)、強い側ばかりトレーニングされてしまうケースが多いのです。(上記の写真はフォーム修正のうえ、骨盤をやや左側に寄せていただいてもらっております。)

 

臀筋は誰でも左右差が大きいため、 その差が骨盤の傾き、脊柱・肩甲骨の傾きに関与してきますので、認識が非常に大切な箇所となります。


よく、街中でお尻を片側だけ大きく回しながら歩かれている女性をみかけますが、明らかに臀筋の出力の差が大きいと思われます。歩く度にお尻(骨盤)を回すと、やはり腰部にかかるストレスは否めませんので、腰痛の原因になったりもしてきます。

 

とはいえ、トレーニングを継続されている方でも、なかなかご自分で身体を評価するのは難しいと思われます。


当スタジオまで定期的に足を運ぶのが難しい方でも、ご自分の身体のチェックや現在行っているトレーニングメニュー・フォームの確認のため、月1回・2回程度ご来館されている方もいらっしゃいますので、是非ご活用いただきますと幸いです。



では、また次回まで。。。

今井



新規体験ご希望の方は↓↓↓まで


~「銀座 TRUE」~

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

« 「美しい背中を作るための評価・改善アプローチ法」 セミナー終了いたしました! | トップページ | ニーイントーアウト »

姿勢・動作分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110986/57705983

この記事へのトラックバック一覧です: 臀筋の左右差:

« 「美しい背中を作るための評価・改善アプローチ法」 セミナー終了いたしました! | トップページ | ニーイントーアウト »

他のアカウント

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ