フォト

« 2013年1月~12月 お客様身体変化の例 | トップページ | 柔軟性向上セミナー開催のお知らせ »

2014年2月 7日 (金)

膝の捻じれを解消する大切さ

こんばんは! トレーナーの今井です。

今年の冬は一段と気温の高低差が激しいですが、常にグッドコンディショニングを保てるよう、一日一日を大切に過ごしていきたいものです。

さて、今回は「膝」に関するお話です。

足部・股関節のお話をブログにて頻繁にさせていただいておりますが、その間の膝関節も非常に大切です。

「膝」は特に痛みを発しやすい箇所でもあります(女性は特に・・・)

足部の崩れ、股関節の機能不全が解決しても 膝関節の機能が上がってこないと、下肢の健康な状態とは言えません。

膝の痛みといっても様々ありますが、 膝のお皿(膝蓋骨)の位置が悪くなることによる痛みというものは非常に多いです。(膝蓋大腿関節)

膝のお皿の位置に対して、脛骨の中心の位置(下写真で白いテープ)が外にずれるほど、お皿が外方に位置しやすくなるリスクが高まります。

下写真のように脛骨を内側に回すトレーニングがおススメですが(下腿内旋)、その人の歩き方・立ち方を観て、何か邪魔しているものはないか評価していきます。

ももの外側・股関節外側はその代表と言えると思いますが、今回はもも裏の筋肉にターゲットを絞って実験してみました。

①内側ハムストリングスのリリース&リリース後の下腿内旋可動域

Naisokuhamu

32

②膝窩筋のリリース&リリース後の下腿内旋可動域

Shitukakin

33_2

③外側ハムストリングスのリリース&リリース後の下腿内旋可動域

Gaisokuhamu

31_3

上から順番に実施したため、どんどん可動域が増加したことも考慮しなければなりませんが、感覚的にも視覚的にも、膝窩筋・外側ハムストリングスをリリースした後が格段に可動域が増えております。

このように捻じれを取り除くことによって、脛骨が内方に移動してきいることが確認できると思います(X脚・O脚がまっすぐになってきます)。

下記のお客様は(50代女性)、今年の1月に2週間ほどスキーをされる予定を立てられており、昨年10月頃から右膝の痛みを解消するためのトレーニングを実施致しました。時期的にも週1回のトレーニングでは間に合わないため、シートをお渡しして、セルフでほぐす・ストレッチ&自重での臀部のトレーニングを実施していただきました。「TRUE」でのトレーニング内容は40分以上は可動域の改善、15分程度トレーニングを実施致しました。

2013年10月

Img_0211

2014年2月

Img_0455

下の写真は先日撮ったばかりですが、「今までの人生の中で一番良い滑りが出来た」と満面の笑顔をいただきました!本当に嬉しい限りです。

右下肢の痛み・アライメントの崩れによる、骨盤より上部の左右非対称もありましたが、右の足部~膝~股関節の機能がよくなったと同時にアプローチなしでほぼ問題ない状態になりました。 肩甲帯・脊柱からアプローチをする場合もありますが、「立つ・歩行する」という能力を兼ね備えた人間である以上、足部~股関節の機能は大切だなと改めて認識しました。

では、また次回まで。。。

今井

「加圧×パーソナルトレーニングスタジオ 銀座 TRUE」 

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808

« 2013年1月~12月 お客様身体変化の例 | トップページ | 柔軟性向上セミナー開催のお知らせ »

姿勢・動作分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110986/54900729

この記事へのトラックバック一覧です: 膝の捻じれを解消する大切さ:

« 2013年1月~12月 お客様身体変化の例 | トップページ | 柔軟性向上セミナー開催のお知らせ »

kaatsutrueのつぶやき

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ