フォト

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月25日 (月)

距骨誘導によるO脚改善

こんばんは! トレーナーの今井です。。。

今年も残り1か月弱ですね。来月は忘年会シーズンですが、心も身体も常により良いコンディションを保っていきたいと思います。

さて、今回は

O脚に対する 簡単なアプローチによる改善方法です。

最終的には、股関節・膝関節周囲筋を主とする 全身のアプローチ(トレーニング・柔軟性・スタビリティ等)がもちろん必要になってきますが、

普段ご自宅で簡単に出来ることを少し紹介したいと思います。

Dsc02376

指で示している骨を距骨と言いますが、この骨が脛の骨に対して、後方にすべらないことが、O脚を助長してしまうことが多いです。

Dsc02374

このように内踝から踵上部までの距離を左右測定して、狭い方がすべりが悪いほうです。

そこで

Dsc02373

写真のように内踝からアキレス腱までの距離を長くするため、写真のあたりに指を入れ、後方にスペースを作るよう少し引っ張ります。実際、先ほどフロントスタッフに2分程度左右実施してもらいました。(他に何もしておりません・・・)

before

Dsc02366

after

Dsc02371_2

before

Dsc02368

after

Dsc02372

理屈を説明させて頂きますと、話が長くなりますので、割愛させて頂きますが、距骨と脛骨(スネの骨)の関係が非常に重要であり、その部分にアプローチをしたということになります。後から映している踵の位置関係が変化しているのが分かります。

このように理想的に骨が乗ってくると、いつも外側に体重が乗っているのが、足裏全体に乗ってくるようになり、臀筋・深層外旋六筋がしっかり働きやすくなってくるものと思われます。→もも前面・外側へ・ふくらはぎの負担が軽減してきます。 

もも外側・ふくらはぎの周囲径は、足部~の位置関係が良くなってくることで、ほとんどの方が、減少しております(この場合は、脂肪減少というより、強い筋緊張が和らいだ状態の為と言えます・・・腕で例えると、常に力こぶを作っている状態は太く見えますよね)。

という訳で、距骨の位置は本当に大切だな~とうお話をさせていただきました。

この状態で、ふくらはぎのストレッチをすると効果が高いです。

ちなみに、下のストレッチボードの名前は「元気一板」と言いますが、足部の安定性は本当に身体に元気を与えてくれます!

Dsc02378

セッション以外の時間で、どれだけ、時間をかけずに効率的に生活の中で改善がはかれるかを常に考えておりますが、今回は、

「少し、ご自分で引っ張って伸ばす!→良い歩行が可能になる→様々な効果が得られる!」 

では、また次回まで。。。

今井

新規体験ご希望の方は、

info@kaatsu-true.jp

まで

2013年11月13日 (水)

健康診断の結果にて!

こんにちは! トレーナーの今井です。

早いもので、今年も残りわずかとなりました。

忘年会等、飲む機会が増えてくる季節ですが、常により良いコンディショニングを保てるよう、運動・栄養・休養を意識し、時間を上手に使っていきたい今日この頃です。

さて、今回はお客様の健康診断の結果にて「昨年よりも身長が2cm伸びていました」という報告を受けたため、画像にてお伝えさせていただきます。

実際に2cmという数値が正しいのか否かは別として、背骨・脚等の姿勢が明らかに変化が見られるお客様の為、少しは伸びている可能性もあると思われます。

まずは正面から

2012年10月

Dsc01875

2013年11月

Dsc02312

撮影アングル・立ち位置がずれている為、 非常に比較しにくい画像ですが(すみません・・・) 足部から膝の位置(赤い線)を比較していただくと膝に向かって外への角度が減少しているのが分かります。

次に側面からです

2013年10月

Dsc01876_2

2014年11月

Dsc02313_2

こちらもアングルが分かりにくくてすみません。

臀部(仙骨)に対する背骨(胸椎)の位置関係が変わりました。

ご本人の感覚の変化としては、腰部の痛みの緩和があげられます。

また、視診・触診の感想としては、大腿部の外側の張り感、サイズの減少があげられます。

伸長が伸びたという健康診断の結果に非常に喜んでいただき、嬉しい限りです。(見た目の変化というものは大きいですよね!) また、同時に腰部の痛みの改善、O脚の改善による、大腿部の張感・将来的に懸念される膝の痛みの改善にもなっているのではないかという予測も嬉しい限りです。

今後も少しの変化を見逃さずセッションに取り組めるよう、全スタッフ精進してまいります。

では、また次回まで。。。

今井

新規体験ご希望の方は、

info@kaatsu-true.jp

03-6226-2808

まで

2013年11月12日 (火)

操体法セミナー開催いたします!

こんばんは! トレーナーの今井です。

昨日、今日と寒さが身に染みましたね。。。

1年間を通して、よりよいコンディショニングを保つということは非常に意義の高いことだと思う今日この頃です。

さて、12月に岡山から 和気トレーナーにお越しいただき、セミナーを開催いたします。

8月にも当スタジオにてセミナーを実施していただいたのですが、身体へのアプローチ方法・捉え方・考え方等、大変有意義な時間を過ごせました。現在では、私が担当させていただいているお客様へのセッションにも活用させていただいておりますし、効果を感じていただいております。

皆様のご参加お待ちしております!

前回 セミナー風景

20130824_20131120130825_201504

~講師紹介~

和気 英樹

岡山出身・1971年生まれ 

~資格~ 

■健康運動指導士~健康づくり財団認定~ ■NSCA認定 ストレングス&コンディショニング スペシャリスト   ■JCDC認定カイロプラクター ■CPT (パーソナルトレーニング指導資格) ■日本トレーニング指導者協会(JATI)トレーニング指導者 ■FTPピラティスインストラクター  

SAMPLE

講師からの一言

私自身が、20年前に腰痛で苦しんでいましたが、試行錯誤によって私自身、そして…
変形性股関節症、腰痛(すべり症、ヘルニア、狭窄、ギックリ腰)変形性膝関節症、頸椎症、捻挫等のお悩みでいらっしゃる方々に大きな改善の傾向がみられています。

現場指導者の方で、その様なクライアントをお持ちの方は是非お問い合わせ下さい。

以下のセミナーは徒手療法、運動補助、セルフケアの内容です。どれか一つだけ…でも良いですが、クライアント様の様々なお悩みに対応するためには不完全です。運動はキツいからちょっと…、施術は難しいから…と思われている方、是非、未知の世界に踏み込んで新しい発見をして頂きたい思っています。

内容

操体法理論を応用したエクササイズ(コンディションを維持するためのトレーニング)


○肩の力を抜くとなぜパフォーマンスがあがるのか?
○操体法では効果が一時的と悩んでいる方
○肩甲帯、殿筋、内転筋群、腹部のトレーニングを連動で体感し、四肢の繋がりを感じる
○体幹から対角の動き、体幹から同側の動きの理解
○ストレッチなしで柔軟性が向上するメカニズム
○今までの体幹トレーニングで物足りない方向け(強度ではなく理論)
○肩甲骨、骨盤の関係が理解出来る事であらゆる動きの修正が容易になる
○スポーツ動作への応用
○大腿前面の酷使が足裏感覚を鈍らせる考え方

■日時:12月8日(土) 18時~21時30分

■募集定員:10名

■料金  :5000円(税込)

■場所  :加圧×パーソナルトレーニングスタジオ 銀座 TRUE

http://www.kaatsu-true.jp/

■対象 トレーナー・インストラクター・治療家の方等


■申し込み方法先着順です。下記宛先にメールにてお申込みくださいませ。

info@kaatsu-true.jp

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

他のアカウント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ