フォト

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月26日 (火)

体調チェック

こんにちは。

いつも加圧×パーソナルトレーニングスタジオTRUEをご利用頂きまして誠にありがとうございます!

トレーナーの細田です。

随分と久々の更新となりますcoldsweats01

あっという間に2月も終わりますね!

いつもより2日短いだけで一か月がとても短くなったように感じます。

振り返ってみると1月、2月とインフルエンザやらノロウイルスなどが流行し、体調を崩されていた方がたくさんいらっしゃいましたね。

TRUEをご利用して頂いているお客様の中にも実際にインフルエンザに罹られてしまった方が何人かいらっしゃいました。

そしてどうやら現在は風疹が流行っているようですねshock

妊婦の方(妊娠初期)が風疹に罹ってしまうと胎児に影響を及ぼすことがある(先天性風疹症候群)ので特に妊娠中の方や妊婦の方が周囲にいる方は注意が必要ですね!

さて、みなさんは日々のご自分の体調をどのようにしてチェックしているでしょうか?

一番はご自身の感覚だと思います。熱っぽい、頭がクラクラするなど。

それと違ったチェック方法として体温、血圧、脈拍、など割と簡単に体調をチェックできる客観的な方法があります。

体温であれば大体37℃以上で発熱と言われ、血圧なら収縮期140mmHg拡張期90mmHg以下が高血圧などと言われています。

そして脈拍は60~100回/分ならば正常、60~50以下なら除脈、100以上なら頻脈と判定させます。

脈拍については体温や血圧に比べ普段あまりきにしていない方が多いと思いますが数値が常に100以上である頻脈の方は普段から少し気にしてみた方がよいかと思います。

頻脈になる原因として心臓関係の疾患が隠れている場合もありますし、甲状腺の機能亢進、貧血などが考えられるからです。

また、発熱によっても頻脈になりますので風邪っぽいのに体温計がないといった状況のときは脈をとってみるといいかもしれません。

健康になるにはトレーニングなどの運動はもちろん大切ですが無理して運動をしてかえってマイナスになってしまうといったこともあります。

ある程度の年齢になったら日々自分の身体に何か問題がないか体調チェックをすることをおススメ致します!

それではまた次回まで。

細田

2013年2月21日 (木)

臀部左右差

こんばんは! トレーナーの今井です。。。

早く春が来ないか待ち遠しい日々を送っております(o^-^o)

さて、今回はこの写真を↓↓↓

Dsc01981

お尻に力を入れてもらっています。。。

右と左で大きさが異なるのが分かると思います。

腕に右利き・左利きがあるように、下肢にも踏み出し足・けり出し足があるため、誰でも左右差があるのは当然のことです。(スポーツ選手などは、これを修正しすぎると記録が落ちてしまうこともあるようです・・・トラック競技等)

ただし、左右差が大きくなってくると 骨盤の高さ・回旋の差が大きくなり、その癖のまま歩行するものですから、左右差がますます助長され、膝・足部・腰部・肩への影響が大きくなります。

ややお尻が小さいほうの下肢は大きく踏み出せない+骨盤をスライドさせる+腰部を倒す傾向があります。

お尻に関するエクササイズは様々あると思いますが、左右差を自分で感じながら、弱い方(小さい方)を多めに回数実施するのも良いかもしれません。。。(終わった後は単純に気持ちが良い!・・・かもしれません(笑))

では、また次回まで。。。

今井

新規体験ご希望の方は、

info@kaatsu-true.jp

まで

2013年2月 7日 (木)

インソール②

こんにちは!トレーナーの今井です。。。 いつも「加圧×パーソナルトレーニングスタジオ 銀座 TRUE」をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

昨日は、サッカー日本代表がやってくれましたね! 朝、明るいニュースがあると心が和みますね!!

さて、今回は 前々回の続きでインソール(中敷き)がどのように活躍してくれるのかをお話しさせていただきます。

まずは、恒例の 少し極端ですがこんな写真を↓↓↓

Photo

足を踏み出した際に、足底のアーチが支えきれず 親指でストップがかかり上体が後ろにある状態です。(上手く前に身体を運べていないわけですね。。。なんか腰に悪そうですね!)

そこで、スパーフィートで足底(距骨)をサポートしてあげると↓↓↓

Photo_2

こんな感じで、足部~上半身に上手く力が伝わりやすそうですね!

前面からも

ス-パーフィートなし

Photo_3

Photo_4

こちらも安定感が増しそうですね! 上段の写真は膝に悪そうですよね・・・

ちょっと極端な写真になりましたが(笑)、実際に一歩一歩が上記の写真用になってきている方は多いです(街中等にも結構いらっしゃいますよ)

足底は26個の骨が靭帯・筋肉・腱膜等覆われており、なかなか トレーニングだけでは解決が難しいのと、普段無意識的に荷重をしている時に足部の安定感があるか否かが膝・骨盤・脊柱・肩等にとっても多大な影響を与えるため、このようにインソールというものは重宝されます。実際に入れていただくと 「気持ちが良い・お腹に力が入る」という声が多いです。

足部が整いやすい環境になったところで、

股関節の左右差を評価したり、↓↓↓ 私の母です(左右差がすごい・・・驚)

Photo_15

評価に基づいて特に必要である箇所をトレーニング実施したりしてくと、機能的・快適な姿勢・歩行・動作への改善がより効率的になってくると思われます。

Photo_14

Photo_7

Photo_4Photo_6

 

トレーニングはシェイプアップも含めて、これだけ・・・ということはありません。

お客様の 性格・ライフスタイル等に合わせて、しっかりお話しさせていただきながら 少しずつ 最終的にはお客様が楽しみながらできるよう提供していきたいと思っております。(これは一番の最重要課題です・・・トレーナー一同日々精進していきます!今後とも宜しくお願い致します。)

それでは、また次回まで。。。

今井

新規体験ご希望の方は、

info@kaatsu-true.jp

まで

2013年2月 1日 (金)

風邪とトレーニングと免疫

こんばんは! トレーナーの今井です。。。

少しだけ春のおとずれを感じる今日この頃。それだけで、ワクワクしております!(笑)

さて、今回は「風邪っぽいけど、トレーニングで良くなるかな?」という声が先月多かったため、簡単なメカニズムを記したいと思います。

風邪をひいたときに、白血球が活躍してくれることはご存じだと思われますが、白血球は多量の活性酸素種(ROS)を生成して、補食した細菌などを細胞内で生成したROSで殺してくれます。ROSは有名なように細胞にとって毒性が強いため、ビタミンCがそれを除去してくれます。

一方運動時(トレーニング等)には、糖質コルチコイドというホルモンが副腎から分泌されますが、このホルモンは白血球のうち、リンパ球数を減らすといわれています。(炎症を抑える抗炎症薬のような役目ですね) また、脂肪燃焼サイクルにても カルニチンを合成する段階で ビタミンCが補酵素として使用されます。

このような流れから、運動時・運動後30分程度は免疫力がやや低下します。

しかし、トレーニングを積むことで、運動不足の方よりも運動後の糖質コルチコイドの分泌が減少するようになる為、リンパ球数の減少は抑えられます。

上記の内容を踏まえると、

トレーニング実践者の方が、運動不足の方よりも免疫力は高くなるといえます。 また、トレーニング後の免疫の低下も減少する(運動不足の方より)といえます。(トレーナー3名とも一年を通じてほとんど風邪をひきません・・(笑))

過去には、トレーニングを実施して 身体がすっきりして 風邪の症状がなくなったという方もいらっしゃいますし、 ひどくなってしまったという方もいらっしゃいますため、本当に風邪をひいているのか、どのくらいのものなのか見当がつかない為、何ともいえないのが実情ですが、

万一風邪をひいていた場合、トレーニングを実施することで悪化してしまうリスク(免疫力が高いとはいっても通常時よりも一時的に低下する為)が否めない為、白血球・ビタミンC等が身体中に不足しないように栄養を摂取して、休養されることが個人的にはおススメです。(トレーニング経験が長くなればなるほど、たまに休んでも筋生理学的には全く問題ありません)

体調があまりにもすぐれない時は、思い切って休養することもトレーニングの一つで、長い目で見ると シェイプアップ・健康的な身体作りにつながっていくと考えられるかもしれません。。。(とはいっても体調が悪いにも関わらず、ご来館いただく際は、本当に嬉しいものです・・・いつもありがとうございます!)

では、また次回まで。

今井

新規体験ご希望の方は、

info@kaatsu-true.jp

まで

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

他のアカウント

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ