フォト

« 1日の必要エネルギーを知る | トップページ | ちょっとした心がけ »

2012年3月28日 (水)

足関節~膝関節~骨盤~脊柱の流れ②

こんばんは! トレーナーの今井です。。。

やっと春らしく、身体にやさしい気温になってきましたね。 昨日の休日は、久しぶりにゴルフの打ちっ放しに行ってきました。 私の場合、右腹部・臀部の意識を強めると比較的イメージ通りの球が打てました。身体の使い方で全然変わってくる奥深いスポーツなので今後も時間を作って通いたいと思っております。

先日、名古屋の 「パーソナルトレーニングスタジオ nano」代表トレーナーの

高橋さんが 遊びに来てくれました。高橋さんは09~10年 トレーナー・オブ・ザ・イヤーにも輝いており、専門学校の講師もされており、いつ寝ているのだろうかと思うほど、様々な場所でご活躍されております。 突然の訪問で嬉しさのあまり、お茶の一つも出すのを忘れてしまいましたが(すみませんでした・・・、高橋さんには名古屋名物「ういろう」をいただきました(ありがとうございました)。nano→http://www.studio-nano.com/Photo_15 Dsc01719

さて、今回は前回のお話の続きです。 前回のお話→http://kaatsu-true.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-55af.htm

レッグランジという種目における足部から脊柱までの流れをお話しいたします。

Photo_6

上図は 右足関節 回内気味 です。

このような場合、

Photo_7 Photo_8

 右骨盤が前に行きやすく、右膝が内側に入り、また、上半身にてバランスを保つため、右骨盤が落ちやすい傾向になります。 足部はもちろん膝や腰部に悪そうですよね。。。

次に、

Photo_9

右足 外側への荷重が大きい場合(足関節の定義的には回外も回内もあります)。。。

やはり 右の骨盤が前方に回旋している場合は、

Photo_10

このように、骨盤を外側に移動させながら、腰部を曲げることでバランスを取りやすい傾向になります。O脚になりそうだし、腰に悪そうですよね。。。

では、次に 骨盤が後方に回旋している際の 左側の足部で説明をいたします。

Photo_12

Photo_11

回外ですね。。。

Photo_13

もしくは、

Photo_14

のような感じが多いです。

足部の関節に大きな癖がついてしまうと、 いくら 骨盤の調整やら 周辺の筋肉をリリースしようと 動き自体の変化は一時的なものになりやすいです。

と、今回は ここまでです。(話が長くなりそうですので・・・笑)

次回は、その際に 股関節・脊柱等にどのような差が出やすいかをお話しさせていただきます。

では、また次回まで。。。

今井

新規体験ご希望の方は、

info@kaatsu-true.jp

までお待ちしております!

« 1日の必要エネルギーを知る | トップページ | ちょっとした心がけ »

姿勢・動作分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足関節~膝関節~骨盤~脊柱の流れ②:

« 1日の必要エネルギーを知る | トップページ | ちょっとした心がけ »

他のアカウント

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ