フォト

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

ご報告

こんにちは。トレーナーの細田です。

今年も早いものであと1ヶ月程となりました。

これからの時期は忘年会が多くなりますので摂取カロリーには気をつけていきたいですねsign01

飲み会が怖い理由は過剰なカロリー摂取による体脂肪や体重の増加だけではありません。(お酒そのものよりつまみが怖いですね)

過剰なお酒は筋肉にとってもマイナスとなりますsweat02

アルコールは体内に入り、肝臓でアセト・アルデヒドという物質に分解されますが、容量の限界を超えるとアルコールのまま血中に残り、筋肉や神経に悪影響を及ぼすと言われているからです。

お酒を飲みすぎると筋肉が分解されてしまうのですshock

たまにトレーニングをしたあとに飲み会に行かれる方がいらっしゃいますができればトレーニング後の飲み会は控えたほうが良いと思います。

特に筋肉をしっかりとつけていきたい方はトレーニング後はお酒ではなくプロテインを飲んでいただきたいですねhappy02

さて、少し気分は早いかもしれませんが年末年始の営業についてお知らせ致します。

加圧×パーソナルスタジオTRUEは年末は28日(水)までと営業となります。

また、年始は4日(水)からの営業開始とさせて頂きます。

最後になりますが12月よりTRUEに新しいトレーナーが1名加わることとなりましたshine

近日中にご紹介できると思いますので皆様ご期待下さいup

それではまた次回まで。

細田

新規加圧体験をご希望の方はコチラまで↓↓↓↓↓

info@kaatsu-true.jp

2011年11月25日 (金)

O脚改善

こんばんは!  トレーナーの今井です。。。

寒さも増してきました今日この頃、体調管理を徹底していきたいものですね。

さて、今回は女性の悩みで多い O脚の改善についてです。。。

O脚のデメリットとして、

○見た目○股関節前側の痛み○股関節外側の痛み○膝内側の痛み○膝外側の痛み○足部の捻挫○腰部の反りによる痛み○腰部の回旋による痛み○腰部の側屈による痛み○膝お皿の痛み○足裏の痛み○外反拇指

等があげられます。

今回は、2010年10月に撮影させていただいた写真と2011年11月に撮影させていただいた写真を掲載させていただきます(50代女性)

まず、2010年10月

O_4

次に 2011年 11月

Photo

写真の大きさが異なり、分かりにくいかもしれませんが、体重も3kgほど減少しております。(トレーニング頻度は週1回・・・1年間休みがありませんでした!いつも本当にありがとうございます!)

また、元々あった右膝内側の痛み・右腰部の痛み(神経症状含む)も改善されました。

ご本人の感覚として「お腹に力が入りやすいくなり、重心が常に後ろにある感じが保てるようになった」ようです。

トレーニング内容は、足部のモビリティ・股関節周囲のストレッチ・リリース・体幹の回旋・左右差を考慮した体幹のトレーニング・股関節周辺のトレーニングが主になっております。

今後は、上部胸椎・頚椎・肩甲骨周辺もアプローチしていきたいと思っております。

これからも痛みがなく機能的な体つくりを目指しながらシェイプアップにつながるよう頑張らせていただきますので、今後とも宜しくお願い致します!

では、また次回まで。。。

今井

新規体験ご希望の方は、

info@kaatsu-true.jp

まで。。。

2011年11月16日 (水)

トレーニングと呼吸

こんにちは。トレーナーの細田です。

いつも加圧×パーソナルトレーニングスタジオTRUEをご利用頂きましてありがとうございます。

11月も半ばを迎え、外は大分寒くなってきましたね。

今回は、トレーニング中の呼吸についてお話致します。

と言うのもトレーニングを始められた多くの方が混乱するこのの一つにトレーニング中の呼吸の仕方があるからです。

また、割と長くトレーニングを積んでいる方でもたまによく分からなくなることがありますよねcoldsweats01

皆さんご存知の通り、基本的にトレーニング中は呼吸を止めないというのが原則です。

呼吸を止めてはいけない理由は呼吸を止めてのトレーニングは急激な血圧の上昇やそれに伴う血管や心臓の負担があるからです。

特にもともと血圧の高い方や高齢の方は注意が必要ですdanger

気をつけなければいけないのがトレーニングで追い込んだ際です。

最初は良いのですがトレーニングでラスト一回ぎりぎり上げるときなどは呼吸が止まりがちです。

これは考えてそうしている訳ではなく呼吸を止めた方が力が発揮し易くなるからです。

実際ウエイトリフティングの選手は呼吸を止めて重いものを持ち上げています。

ただ一般の方は安全を考え、呼吸を止めずに息を吐きながら負荷を持ち上げるようにするようにした方が良いですねpaper

さて、トレーニング中の呼吸のリズムですが基本的に負荷を上げるときに息を吐いて下ろすときに息を吸うのが原則になります。

トレーニング中の呼吸が重要な理由として安全面の他に体幹を固定するということもあります。

お腹を意識しながら息を吐くことで腹筋が収縮し、体幹が固定されますsign01

体幹を固定することは力を伝達する上で重要です。

例えばスクワットという種目では、脚で発揮した力が体幹を伝わり肩に担いだ負荷をきちんと持ち上げることが可能となります。

体幹がしっかりと固定できていない場合はグニャグニャしてしまい上手く負荷を持ち上げられません。

実際、スクワットという種目では脚のトレーニングをせずに体幹を固定するようなトレーニングをしただけで最大挙上重量がアップすることもありますflair

トレーニング中に呼吸をすることは安全面と効果の2つの面で重要なのですねsign03

これから益々寒くなってきますが呼吸を意識し、安全で効果的なトレーニングをしていきましょうgood

それではまた次回まで。

細田

新規加圧体験ご希望の方はコチラまで

↓↓↓↓

info@kaatsu-true.jp

2011年11月 4日 (金)

片脚立位

こんばんは! トレーナーの今井です。。。

早いもので、もう11月になりましたね。

ここ数日は、過ごしやすい気温が続き気持ちが良いですね!!!

さて、今回は 片脚立ちの姿勢についてです。

まずは、理想的と思われる姿勢です。

モデルは 細田トレーナーです。。。

赤いチューブは 骨盤の高さを示しております。

Ok

次いで、 右の骨盤高位 及び 外方移動・・・O脚になりそうですよね。。。

Photo

次いで、右の骨盤高位 及び 右腰部側屈・・・右腰部痛めそうですよね。。。

Photo_2

次いで、 右骨盤 低位 ・・・ X脚になりそうで(膝が内側に入っており)、膝痛めそうですよね。。。

Photo_3

次いで、右骨盤低位 外方移動 及び 左腰部側屈・・・O脚及び左の腰部を痛めそうですよね。

Photo_5

又、スクワットの際にも骨盤がずれた位置で行うことが多いので、注意が必要になってきます。

Photo_6

上記の様な、骨盤~上半身のずれは主に殿筋・腹部の筋肉の左右差が大きく関連してきます(もちろんそれだけではありませんが・・・)

Photo_7 Photo_8

日常生活における身体バランスのズレは多かれ少なかれあるため(歩行等)、それを理解して意識してエクササイズを行うことが重要となってきます。

それでは、また次回まで。。。

※12月~トレーナーが1名加わります。(詳細はまた後日ご連絡させていただきます)

今井

新規体験ご希望の方は、

info@kaatsu-true.jp

まで

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ