フォト

« 加圧トレーニング | トップページ | 効果出ています!!! »

2011年8月10日 (水)

胸椎~肩甲骨~上腕骨②

こんばんは! トレーナーの今井です。。。

ここ数日、気温が上昇してきましたね。 気温の変動が大きいので常に身体のケアを心がけたいものですね(特に 栄養・休養面)。

8月で当スタジオにてのトレーニングが2年と7ヶ月目になる 74歳の女性の会員様の数値的変化ですが、

2009年2月→2010年1月 体重7kg減 体脂肪率8%減

2010年2月→2011年1月 体重3kg減 体脂肪率2%減

2011年2月→2011年7月 体重1kg減 体脂肪率2%減

と まだまだ 数値の変化があらわれています。 週2回 全く休まず(本当に脱帽です)、関節可動域を広げることと あまり使われていなかった 筋肉のトレーニング(加圧も含めた)が主です。 ご本人も ご自分の身体に関してマニアックになっているため(笑)歩行中の意識が大分変わってきたようです。何より、どんどん意識が高まってきていることが非常に嬉しく思います。

さて、今回は前回の続きとなります。

前回は 胸椎の右回旋が強い(大きい)方の 肩甲骨は外転しているケースが多いというお話でしたが、 胸椎の右回旋が大きく、肩甲骨も内転していたら 上腕は後方に位置してしまいそうですね。。。(無意識にバランスをとっていることが示唆されます。)

さて、では肩甲骨の外転が起きている側の肩の後部が硬くなるのは何故でしょうか?一概にこれだという回答はありませんが、胸椎~肩甲骨の関係と同様 バランスをとるため、肩関節を外旋してバランスをとっていることがイメージできます)

Photo

このような姿勢で肩関節の外旋が起きなければ マウスを握っている右手はもう少し内側に入ります。

ちなみに、肩甲骨外転の左右差は手の位置も、目安になるかもしれません(下図)。。。

Photo

では、次に肩関節後方のストレッチを実施してもらいます。

Photo_2

肩甲骨が前傾(前に傾く・・・字の通りですね笑)して代償しております。

では、こんなストレッチを実施してみましょう!

Photo_3 Photo_4

Photo_5

Photo_6

代償がなくなりました!!!

こんな感じで、肩の調子が悪いときには、肩だけでなく、様々な関節の動きを考慮する必要がありそうですね(実際は、足関節から上に全て連動します)。

冒頭の女性も、一般的にイメージされる激しい運動というよりも、身体を機能的にしていくという目的でトレーニングを行った結果、シェイプアップにもつながってきているという認識が強いです(ご本人の努力にはいつもパワーをいただいております)。加圧トレーニングならでは、という感じもあります!!!

では、また次回まで。。。

今井

新規体験ご希望の方は、

info@kaatsu-true.jp

まで

« 加圧トレーニング | トップページ | 効果出ています!!! »

運動・栄養・休養」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胸椎~肩甲骨~上腕骨②:

« 加圧トレーニング | トップページ | 効果出ています!!! »

他のアカウント

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ