フォト

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

運動

こんにちは。トレーナーの細田です。

八月もあっという間で明日からはもう九月ですね。

先週より世界陸上が始まり世界のトップアスリート同士の勝負に毎日魅了されています!

皆さんすごい身体をしていますよねsign01

ただ、個人的に残念なのは男子100mで有力選手が怪我で出場できなかったことです。

競技をやっていると怪我は付き物とも言えると思いますが大きな怪我をしないことがトップアスリートで長い期間活躍する為の条件である気がします。

さて、怪我はアスリートに限らず一般の方にとってもなるべく起こしたくないものだと思います。

怪我をするとしばらくは安静にしなければなりません。

その間に身体には1 筋肉が弱くなる 2 関節が硬くなる などの変化が起きてきてしまいます。

また、寝たきりにならなければいけないような場合は3 骨が弱くなる 4 心肺機能の低下 5 平衡感覚の低下なども起きてきます。

若いうちなら回復力も高いし、もともとの筋肉や骨もしっかりしているので、心配は少ないてすが高齢者になると回復力が低く筋肉や骨の量も少なくなっているため、そのまま寝たきりになっとしまうことも多いようです。

寝たきりになってしまうと先程1〜5に挙げたような変化が身体にさらに起こっていくという悪循環に陥ってしまいます。

因みに寝たきりになってしまった高齢者は5年以内に亡くなってしまうことが多いようです。

そう考えると、やはり怪我をしない身体を作ることはアスリートに限らず一般の方にとっても大事なことだと思います。

年齢が上がってくると、どんな方でも筋肉が落ち、骨が弱くなり、関節の動きは悪くなってきます。

骨粗鬆症や変形性関節症になる方も出てきて骨折など怪我のリスクは自然と高くなります。

そうならないようにするにはやはり適度な運動をすることが大事です。

適度に運動をすることにより筋肉や骨を強くしたり、心肺機能が鍛えられたりできるからです。

筋トレをしたり、ウォーキングをしたりすることはダイエットや綺麗にやかっこ良くなりたいということで始められる方が多いと思いますが、長い目でみれば未来の健康のために運動をしていることになっているんだと思います。

もちろん、運動だけでなく食事や嗜好品も大事ですね!

それではまた次回まで。

細田

2011年8月11日 (木)

効果出ています!!!

こんにちは。トレーナーの細田です。

最近、厳しい暑さが続きますねsun

皆さん、しっかり水分補給を行い、熱中症には気をつけていきましょうsign01

さて、今回はTRUEに通われているお客様の身体の変化についてご報告致します。

ご紹介するのは20代後半の女性の方です。

今年の4月よりトレーニングをスタートしました。

トレーニング頻度は週1回のペースでTRUEにて加圧トレーニングと通常のトレーニングとストレッチを行いました。

最初の1ヶ月はまずはトレーニングに慣れて頂きつつ、食事内容のチェック等を併せて行いました。

その結果、1ヶ月で約1kg減という結果が出ました。

2ヶ月目からは週1回のTRUEでのトレーニングにプラスして、ご自宅用のメニューをお渡しし、週に2回を目安に取り組んで頂きました。

すると2ヶ月でさらに約2kg減という結果が出ました。

3ヶ月目からはTRUEでのトレーニング内容にも変化を加え、さらにご自分でもご自宅で有酸素運動を取り入れて頂きました。

その結果さらに2kg減という結果が出ました。

そして最終的に4ヶ月で7.6kgの体重減を達成されましたshineshine

体脂肪率も約4%落ちました。

写真はお見せできませんが4ヶ月前の写真と現在の写真を比べると顎のラインがシャープになり、ウエストにクビレがしっかりできているのがはっきり分かりましたsign01

さらに側面からの写真では身体の厚さが見違えるほど細くなったのが分かりましたsign01

さて、今回はお客様の身体の変化の報告をさせて頂きました。

加圧トレーニングだけでこの結果が出たということはまちろんありませんが、食事や生活習慣のアドバイスやご自宅で出来るメニューなどのアドバイスも併せて行っておりますのでそのトータルの結果がこのような形になったのだと思います。

これからもより多くの方のお役に立てるように精進していきたいと思いますhappy01

それでは、これからも加圧×パーソナルトレーニングスタジオTRUEを宜しくお願いします。

細田

新規加圧体験ご希望の方はコチラまで

↓↓↓↓↓

info@kaatsu-true.jp

2011年8月10日 (水)

胸椎~肩甲骨~上腕骨②

こんばんは! トレーナーの今井です。。。

ここ数日、気温が上昇してきましたね。 気温の変動が大きいので常に身体のケアを心がけたいものですね(特に 栄養・休養面)。

8月で当スタジオにてのトレーニングが2年と7ヶ月目になる 74歳の女性の会員様の数値的変化ですが、

2009年2月→2010年1月 体重7kg減 体脂肪率8%減

2010年2月→2011年1月 体重3kg減 体脂肪率2%減

2011年2月→2011年7月 体重1kg減 体脂肪率2%減

と まだまだ 数値の変化があらわれています。 週2回 全く休まず(本当に脱帽です)、関節可動域を広げることと あまり使われていなかった 筋肉のトレーニング(加圧も含めた)が主です。 ご本人も ご自分の身体に関してマニアックになっているため(笑)歩行中の意識が大分変わってきたようです。何より、どんどん意識が高まってきていることが非常に嬉しく思います。

さて、今回は前回の続きとなります。

前回は 胸椎の右回旋が強い(大きい)方の 肩甲骨は外転しているケースが多いというお話でしたが、 胸椎の右回旋が大きく、肩甲骨も内転していたら 上腕は後方に位置してしまいそうですね。。。(無意識にバランスをとっていることが示唆されます。)

さて、では肩甲骨の外転が起きている側の肩の後部が硬くなるのは何故でしょうか?一概にこれだという回答はありませんが、胸椎~肩甲骨の関係と同様 バランスをとるため、肩関節を外旋してバランスをとっていることがイメージできます)

Photo

このような姿勢で肩関節の外旋が起きなければ マウスを握っている右手はもう少し内側に入ります。

ちなみに、肩甲骨外転の左右差は手の位置も、目安になるかもしれません(下図)。。。

Photo

では、次に肩関節後方のストレッチを実施してもらいます。

Photo_2

肩甲骨が前傾(前に傾く・・・字の通りですね笑)して代償しております。

では、こんなストレッチを実施してみましょう!

Photo_3 Photo_4

Photo_5

Photo_6

代償がなくなりました!!!

こんな感じで、肩の調子が悪いときには、肩だけでなく、様々な関節の動きを考慮する必要がありそうですね(実際は、足関節から上に全て連動します)。

冒頭の女性も、一般的にイメージされる激しい運動というよりも、身体を機能的にしていくという目的でトレーニングを行った結果、シェイプアップにもつながってきているという認識が強いです(ご本人の努力にはいつもパワーをいただいております)。加圧トレーニングならでは、という感じもあります!!!

では、また次回まで。。。

今井

新規体験ご希望の方は、

info@kaatsu-true.jp

まで

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

他のアカウント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ