フォト

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

加圧トレーニング

こんにちは。トレーナーの細田です。

明日からはいよいよ8月ですね!夏本番といった感じですねsun

7月は夏に向けてか沢山の加圧トレーニング体験の方がいらっしゃいました。

ありがとうございますsign01

8月はさらに沢山の方がいらっしゃる予感がします。

加圧トレーニングの認知度は大分上がりましたが内容については詳しく知らない方が多いと思います。

実際、ご体験に来られる方もそういう方が多いです。

そこで今回は加圧トレーニングの特徴について基本的なことをご紹介致します。

(ホームページ等に書かれていることも多いですが再確認してみます。)

加圧トレーニングは特に変わったことをするわけではなく、いわゆる筋力トレーニングを専用のベルトを締めて行うトレーニングです。

通常のトレーニングとの大きな違いは負荷です。

普通、トレーニング効果を確実に出すには最低でも最大筋力の60%くらいの負荷をかける必要があります。

これはトレーニング経験がある方ならそこまできつくないですが運動不足の方、高齢の方、女性にはかなりきつく感じられる負荷です。

そのためなかなか継続できないという事態に陥りやすいです。

また、高齢の方にとって高負荷のトレーニングは血圧の問題や関節軟骨への負担もあるため、あまりおススメできません。

それに対して加圧トレーニングは最大筋力の30~40%くらいの負荷で行います。

トレーニング中はもちろんきつさもありますが通常のトレーニングに比べて負荷が軽いため関節への負担が少なくて済むため障害のリスクが少なくて済みます。

2つ目の特徴はトレーニング時間が短くて済むことです。

30分以内でトレーニングは終わります。

同じ内容を通常の筋力トレーニングでおこなった場合1.5~2倍くらいの時間がかかります。

また、トレーニング頻度ですが加圧トレーニングは週1回のペースで十分効果が出ます。(もちろん週1回より2回の方が上がります)

通常のトレーニングは確実に効果を出すには週2~3回はトレーニングが必要だと言われています。

そのため、加圧トレーニングは忙しくてなかなかトレーニング時間が確保できない方や運動するのがあまり好きではない方におススメといえると思います。

非常に簡単ではありましたが加圧トレーニングと通常トレーニングの違いとメリットが少しでも伝われば幸いです。

また、加圧の効果等についてはTRUEホームページを参考にしていただければと思います。

それではまた、次回まで。

細田

新規加圧体験ご希望の方はコチラまで

↓↓↓↓↓

info@kaatsu-true.jp

2011年7月27日 (水)

胸椎~肩甲骨~上腕骨①

こんばんは! トレーナーの今井です。。。

なでしこジャパン本当に嬉しかったです!!!(遅いですよね。)

さて、今回は前回に続き2部作にて記載させていただきます。

まずは、

Photo

こんな姿勢の方・・・沢山みかけますね(一応右手はマウスをクリックしている感じです・・・笑)(モデルはいつものフロント嶋田さんです)

+(プラス)

Photo_2

Photo_3

胸椎の回旋で上図のように左右差が大きい場合・・・ 身体にどのようなストレスが起こりやすいのかをお話しさせていただきます。

Photo_4

三角筋後部

Photo_5

棘下筋・小円筋

Photo_6

関節包後部

以上3図は 肩の後ろ側にある 筋肉・関節包で、肩関節の外旋(外側に回す)の作用があるくらいにご理解いただけますと幸いです。

又、左右の 胸椎~肩甲骨の内側縁の距離は・・・

Photo_7

胸椎~右肩甲骨内側縁:約8.5cm

Photo_8

胸椎~左肩甲骨内側縁:約7.5cm

となっております。(理想は7~8cmと言われますが、体型にて異なりますのであくまで目安として参考にさせていただきます)

と、今回はここまでになりますが、 次回はどのようなメカニズムでこのようなことが起きているのかとちょっとした対策をお話させて頂きます。

※最近、健康の重要さを感じる出来事がありました。健康つくり・身体つくりをサポートさせていただいてるトレーナーとして日々努力しなくてはならないと再認識させられました。

では、また次回まで。。。(最近のブログでは加圧トレーニングについて触れることが少ないですが、通常のセッションでは加圧トレーニングが行われています・・・笑)

今井

新規体験ご希望の方は、

03-6226-2808

info@kaatsu-true.jp

まで

2011年7月 8日 (金)

喫煙について

こんにちは。トレーナーの細田です。

7月に入りもうすぐ夏がやってきますねsun

先月末に行われたCEA主催のセミナーにて運動・栄養・休養が三位一体となって初めてコンディショニングに繋がることを改めて考えさせられました。

やはりこの3つのうちのどれか1つでもないがしろにしてりまうとコンディションはトータルで見れば良くなっていかないということでした。

ということで、今回はその中の1つである栄養に関係ある話で「喫煙」について簡単に書きたいと思います。

たばこが身体に悪いことはいまさら言うまでもないことですが喫煙が本人の身体や周りにどんな影響を与えるかについては一度は勉強したことがあってもついつい忘れがちだと思います。

まず、喫煙の影響としてよく知られているのが癌や動脈硬化といった様々な病気の元となるということです。

他には歯周病を悪化させるということもわかってきているそうです。

そして意外と知らないのが喫煙が骨の量を減らすということです。

タバコに含まれるニコチンやたばこの煙に含まれるカドミウムが骨細胞に毒として働くのが原因と言われています。

また、間接的には喫煙によりカルシウムの吸収が減少したり、ビタミンDが不足したりすることも原因と言われています。

さらに喫煙により肺活量が落ち、結果としてあまり運動をしなくなることも原因の1つということもあるようです。

骨が弱くなり骨粗鬆症となり転倒や普通では骨が折れないようなことで骨折して入院。筋肉や骨が弱くなり寝たきりに…。

という流れは避けたいところですshock

また、たばこの先から出る副流煙が喫煙者が吸う主流煙よりもとても身体に悪いことは皆さんご存知だと思います。

喫煙者の方は禁煙をすればした分だけ身体は正常な状態に戻っていくはずなのでなるでく早めに禁煙してみて下さい。

やはりコンディショニングの基本は栄養・休養・運動の3つが大事なのですねsign03

それではまた次回まで。

細田

新規加圧体験希望の方はコチラまで

↓↓↓↓↓

info@kaatsu-true.jp

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

他のアカウント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ