フォト

« 片脚立ち | トップページ | トレーニングの効果 »

2011年2月 2日 (水)

腸腰筋

こんばんは! トレーナーの今井です。。。

サッカー日本代表 アジアカップ優勝⇒長友選手インテル移籍 と嬉しいニュースの続く今日この頃です。。。

201101300120000_3

画像は 優勝の翌日に、カタールから友人の代表スタッフ山根君が送ってくれたものです(ありがとう!!!)。

さて、本日は 「腸腰筋」について。。。

Photo

まずは、場所の確認です。 腰骨~骨盤~大腿骨を前面でつなげている感じですね。。。

機能は主にはももをあげることになるわけですが、歩行の場合は、脚が蹴りだされたときに一番筋出力が必要とされます。 後から前に運ぶ訳です。 そこから つまずき防止等で重要視されることが多いです。(競技スポーツをされている方は非常に発達しております)

又、腰部から付着しているため、S字ラインを保つ上でも重要な筋肉となります。

では、トレーニングの紹介をさせていただきます。(今回は加圧ベルトを装着しておりませんが、装着するのを忘れて撮影をしてしまいました。。。)(モデルは毎度おなじみの島田さんです)

Photo_2

前回お話しした 左中殿筋を意識してのももあげです。

Photo_3

股関節内旋(内股)しています。。。(腸腰筋の機能は外旋となります)

Photo_4

骨盤を後傾さ せることで代償しています。。。

Photo_13 

腰椎を側屈(横に倒す)することで代償しております。左の骨盤を後方回旋させることで、片脚立ちの代償運動も行っております。

次に、もものひきつけをこんな姿勢にてトレーニングします。

Photo_6

Photo_7

腰部を丸めて代償しています。。。

最後に、ディスクを使用してみます。

Photo_8 Photo_9

 このように、骨盤を安定させた状態で脚を後に伸ばして、前に戻します。

Dsc01176

腰部にて代償しております。

Photo_11

股関節が内旋しております。。。

女性は比較的内股の方が多い為、前回の「中殿筋」と今回の「腸腰筋」は柔軟性は高いが使われにくい場合が多いです。 膝・股関節・腰部の痛み・違和感等につながりやすい筋肉でもありますので、トレーニングを怠らないようにしたいものですね。。。

では、また次回まで。。。

今井

新規体験ご希望の方は、

info@kaatsu-true.jp  もしくは 03-6226-2808

まで

« 片脚立ち | トップページ | トレーニングの効果 »

運動・栄養・休養」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腸腰筋:

« 片脚立ち | トップページ | トレーニングの効果 »

他のアカウント

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ