フォト

« 姿勢分析 チェックシート 開始しました! | トップページ | キネマティックチェーン② »

2010年12月13日 (月)

キネマティックチェーン①

こんばんは! トレーナーの今井です。。。

今年も早いもので、残り半月となりましたね。 忘年会・クリスマス・お正月と飲食する機会が増えるこの時期ですので、楽しみながらも身体の管理を徹底していきたいものですね!

さて、今回のタイトルは非常に意味不明だと思われますが、

Photo

こんな感じのことを表した言葉です(全く分かりませんよね・・・)

キネマティックチェーン=運動学的連鎖 と表現されますが、

上図では右の足部の関節不具合により、全ての身体の姿勢に影響をもたらしているものを表しております。

1つの関節の機能低下が及ぼす影響は身体の色々な部分に及ばされるわけですが、無意識的にバランスをとっている人間の能力にも驚きです(代償と言われるものです)。

今月から姿勢チェックシートを導入して、現在約30名の画像を撮影させていただき、一般的に理想的と言われる姿勢と比較して「どーだ・あーだ」とお客様にお渡しさせていただいておりますが、それぞれ骨盤の形状・下肢の長さ・胴体の長さ等異なるため、一概に姿勢が良い・悪いと判断することはありません。(実際に画像で見られると、私自身も非常に助かっていますし、確信が持てることも多いです)

現在、過去に痛み・違和感がある箇所をヒアリングしながら、またトレーニング後 その翌日等の感覚を確認させていただきながら、トレーニング・普段の生活等でのアドバイスを伝えさせていただいております。。(あくまで、お客様の第一の目的は加圧トレーニングによるシェイプアップですので、なんとなく理解していただきながらトレーニングを行ってもらっております。中には冗談半分で、痛みがあっても良いからとにかく見た目よとおっしゃられる方もいらっしゃいますので・・・そうは出来ませんが・・・笑)

実際に70歳代の方で、腰・股関節の動きが大分よくなってきており、1年間半で体重8kg・体脂肪率約11%減少されている方もいらっしゃいます!

非常に前置きが長くなりましたが、前々回の肩関節のつながりで、今回は骨盤~体幹部分が及ぼす肩の動きについて説明させていただきます。

Photo_2

モデルは毎度おなじみの島田さん(いつも色々な体勢をありがとうございます!)ですが、加圧トレーニングにてこんな動きのトレーニングを良く見かけますよね。。。(またまた一例ですので、色々な場合がございます!)

Photo_3Photo_4

では、こんな感じでダンベルの位置が異なる場合に無理やり右手を上後方に伸ばさせようとすると、右肩への負担が大きすそうですね。(前々回のブログをチェックしていただけますと幸いです)

実際にお客様の中で、過去にジムでマシンのプレス(写真の種目)を行なっている最中に 右の肩の腱を断裂されて手術されたという方もいらっしゃいました。。。(術後当スタジオにて回復の為のトレーニングを頑張っていただきました)

という訳で、運動連鎖のどこがどうなっているかを確認できないと、無理やり「右手伸ばして ください」 だと、身体が覚えて癖になり、危険が伴うケースもあるということですね。(無理やりまとめさせていただきました・・・笑)

毎回 ブログが長文となりますので、 今回は何回かに分けて記載させていただきます。

次回は 島田さんのチェックと修正をかけてみたいと思います。

では、また次回まで。。。

今井

新規体験ご希望の方は、

info@kaatsu-true.jp

まで

また、不定期にて身体に関する情報を提供させていただいている携帯メルマガ(携帯ブログですかね。。。栄養に関することが多いです)は、

こちらをご登録いただけますと幸いです!

« 姿勢分析 チェックシート 開始しました! | トップページ | キネマティックチェーン② »

加圧トレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1110986/38066988

この記事へのトラックバック一覧です: キネマティックチェーン①:

« 姿勢分析 チェックシート 開始しました! | トップページ | キネマティックチェーン② »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ