フォト

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月23日 (金)

夏は痩せやすい?

こんにちは。トレーナーの細田です。

久々のブログの更新になってしまいましたcoldsweats01

梅雨が明け、本格的な夏の到来となりましたねsun

さて、今回は夏は痩せやすいのかについてお話し致します。

以前に冬は太りやすい?というタイトルでブログを書いたときにもお話ししましたが、結論から言うと夏は冬に比べて代謝が落ちるため、痩せやすいとは一概に言えませんsign01

その理由は、人は一年中体温を一定(36~37℃)くらいに保って生きていますが冬は気温が下がるため体温維持のために一年の内で最も多くエネルギーを使わなければなりませんが夏は気温が高いため体温維持のために使うエネルギーが少なくて済むからです。

春・秋の基礎代謝を1としたら夏は0.8冬は1.2とも言われていますup

でも実際夏に痩せる人が多いような気もしますよねflair

おそらく夏は暑いため、自然と食欲がなくなり、一日の摂取カロリーが減ってしまうケースもあるのではないかと思います。

また、夏ということでいつもより痩せたいというモチベーションが高まることも痩せる人がいる原因かとも思います。

ただし、夏は代謝が低いのは事実sign03

夏に太る人も実は大分いるようですshock

暑くて汗をかくからといって油断して暴飲暴食はできませんねcoldsweats01

食事も気をつけつつ、適度に運動をして夏を楽しんでいきましょうnote

代謝アップにはやはり加圧トレーニングがおススメsign03

ご体験、お待ちしておりますhappy02

ご体験希望の方はコチラまで↓↓↓↓↓

www.kaatsu-true.jp/

ではまた次回まで。

細田

2010年7月 9日 (金)

コンディショニング

こんばんは!

トレーナーの今井です。。。

ワールドカップもいよいよ決勝戦を残すのみとなりましたね。

アルゼンチン好きの私は、大分興味が薄れてきましたが・・・(悲)

さて、先日 日本スイミングクラブ協会 主催のセミナーに参加してきました。

内容は、

「指導者ならば知っておきたい ”体の見方、動きの見方”」

講師:矢野史也 (株)スポーツフィールド代表取締役
              早稲田大学スポーツ科学学術院非常勤講師

「壊れにくい身体づくり 障害予防と体幹トレーニング」

講師:小泉圭介 国立スポーツ科学センター スポーツ医学研究部

でした。

Dsc00588 Dsc00599

たまたま私の大学の先輩ということで、食事をご一緒させていただいたのですが、かなり緊張してしまいました。。。また、モデルとして借り出させていただき、参加者の前で腹を出すことにもなり恥ずかしさもありましたが、トップアスリートのトレーナーの実技を体感することができ、貴重な経験をすることができました(本当にありがとうございました&もっとしっかりとした腹筋を作っておけば良かったです・・・笑)。

矢野先生のセミナーは今回で2回目の参加となり、前回より自分の感覚的につながってきた感じがありました(まだまだですが・・・)。

小泉さんは水泳選手のトレーナー(北島康介選手等)をされているのですが、セミナーの中で

「腰痛がある選手はトップ選手になれない」

と話されていたのが非常に印象的でした。トレーニングすることでの、怪我をさせない身体作りを実際のトレーニング風景画像をふまえ、お話しされていました。

Dsc00606

小泉さんが北島選手にストレッチされています。

競技選手の方が痛み・違和感があることでトップ選手になりにくいように、

非競技選手でも痛み・違和感があることで、肥満・病気を起しやすい身体に近づいてくる可能性が高くなってきます。(矢野先生はこちらの分野でお話されていました)

痛み・違和感がある→身体を動かすのが億劫→精神的にもだるい・いらいら等→肥満になりやすい環境

といった感じでしょうか。。。

画像は当スタジオのお客様(73歳・女性)ですが、1年5ヶ月間 最初の1年間週1ペース、今年から週2回ペースにてトレーニングを実施していただいております。(加圧トレーニングももちろん行っております!)

Photo

Photo_2

無理を言って画像を掲載させていただいておりますが、上の写真の背骨の位置から下の写真の背骨の位置にトレーニングを行うことで、少しずつですが変化があらわれてきました。

また、体重も約5Kg・体脂肪率も約11%減少しております。

今後も、快適に身体を動かせられる・動かしたくなるような、且つお客様の理想の身体に近づけられるよう

細田トレーナーと2名体制にて頑張らせていただければと思いますので、宜しくお願い致します!

新規体験ご希望の方は、

info@kaatsu-true.jp

では、また次回まで。。。

2010年7月 2日 (金)

プロテイン

こんにちは。トレーナーの細田です。

最近、不安定な天気が続きますねrain

早く梅雨が明けて夏になってもらいたいですねsun

さて、今回は「プロテイン」についてお話し致します。

以前、たんぱく質について書かせていただいたときに たんぱく質=プロテイン であることはご説明いたしました。

今回の「プロテイン」はたんぱく質そのものというよりはプロテインサプリメントのことを指しますので混乱なさらないようにお願いしますcoldsweats01

プロテインには大きく3~4種類に分けられますが今回はその中でも主流となっているホエイプロテインとソイプロテインの2種類についてご説明致します。

この二つの大きな違いはホエイプロテインは動物性のたんぱく質、ソイプロテインは植物性のたんぱく質である点ですflair

以下に簡単に2つのプロテインの特徴を挙げますup

★ホエイプロテイン(原料は牛乳)

・吸収が非常に早く、たんぱく質の合成を促進し筋肉などの組織の材料となりやすい。

・吸収が早い分、効果は短い。

★ソイプロテイン(原料は大豆)

・吸収は遅いがその分長く身体の中に留まるためたんぱく質の分解を防ぐとともに満腹感    も持続する。

・大豆に含まれるイソフラボンなどの成分による抗酸化作用やコレステロール値を低下させる効果が期待できる。また、ホルモンバランスを整えたり、代謝を上げる働きもある。

この特徴からホエイプロテインは筋肉を大きくしたい方や瞬発系のスポーツをしている方、ソイプロテインはダイエットや健康のためにトレーニングをされている方におススメですsign03

加圧トレーニングにいらっしゃる方の場合は、ダイエットや健康のためにトレーニングをされる方がほとんどですのでソイプロテインを(任意で)飲んで頂いておりますpaper

ただ、ソイプロテインは粉っぽいのでかなり飲みにくいですし、おいしくないですcoldsweats01

飲むときには薬だと思って我慢しましょうねbleah

では、また次回まで。

細田

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

他のアカウント

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ