フォト

« 睡眠 | トップページ | 柔軟性 »

2010年4月26日 (月)

たんぱく質

こんにちは。トレーナーの細田です。

最近、やっと暖かくなってきましたね

もうすぐゴールデンウィークですが連休中も「TRUE 銀座」は通常通り営業させて頂きます

さて、今回は5大栄養素の一つである「たんぱく質」についてお話し致します。

(5大栄養素とは炭水化物・脂肪・たんぱく質・ビタミン・ミネラルの5つですよね

以前にCMでもやっていましたがたんぱく質は筋肉・皮膚・血液などを作るからだにとってなくてはならない成分です。

たんぱく質は英語にするとprotein(プロテイン)となり、語源はギリシャ語で「第一の」という意味からきているそうです。

語源からもたんぱく質が人間の身体にとって大事な栄養素であることがわかりますね

人間の身体のたんぱく質は20種類のアミノ酸によってできています

全部あげることはしませんが大きく分けて9種類の必須アミノ酸と11種類の非必須アミノ酸の2つに分けられます。

非必須アミノ酸は体内で合成されるため必ず摂取しなければいけないものではありませんが、必須アミノ酸である9種類は体内で合成することが出来ないため、食品などにより、体内に摂取することが必要になります。

大事なポイントは必須アミノ酸のうち1つでも欠けてしまうと身体のたんぱく質とはならないということです。

サプリメントでたんぱく質を摂取する場合に9種類の必須アミノ酸が全部入っているかを簡単に見分けるにはアミノ酸スコアという表示を参考にしてみて下さい。

アミノ酸スコア100であれば必須アミノ酸を最もバランスよく含んでいるということになります。逆に、数値が低くなると必須アミノ酸はすべて含んでいるものの何かがものすごく少ないということなり、バランスが悪いということになります。

また、アミノ酸スコアという表示がないものは必須アミノ酸がすべて入っていません。

例えばトレーニングをして積極的に筋肉を付けたい人の場合、トレーニング後に摂取するべきものはアミノ酸スコアが100であるプロテインパウダーが一番良いと思います。

自然の食品ではあじ、まぐろ、牛乳、鶏肉など(他にもいろいろあります。)がアミノ酸スコア100ですが基本的に高たんぱくの食品は脂質も多く含んでいるためプロテインパウダーをオススメします。

このような感じで「加圧スタジオ TRUE 銀座」では運動だけでなく栄養についてのアドバイスもさせて頂いております。

健康には「運動」だけでなく、「栄養」や「休養」の面もとても重要な要素です

では、また次回まで。

細田

体験ご希望の方はコチラまで↓↓↓↓↓

www.kaatsu-true.jp

« 睡眠 | トップページ | 柔軟性 »

運動・栄養・休養」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たんぱく質:

« 睡眠 | トップページ | 柔軟性 »

他のアカウント

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ