フォト

« 加圧トレーニングとリハビリ | トップページ | 効果的なトレーニング頻度① »

2010年3月 9日 (火)

カロリー

こんにちは。トレーナーの細田です。

今日の銀座も雨でかなり冷え込んでいます

雨の日は家から出るのが面倒になり、ついつい間食してしまいがちですよね

本日はカロリーについてお話させて頂きます。

体重を落としたい、体脂肪を落としたいと考えた場合基本的な原則は1つです。

1日の消費エネルギーより1日の摂取エネルギーが多ければ体重は増え、

1日の消費エネルギーより1日の摂取エネルギーが少なければ体重は減ります。

消費エネルギーを上げるための戦略は、有酸素運動(ウォーキング・ジョギングなど)をして積極的にエネルギーを消費することと、基礎代謝を上げるために筋力トレーニングをすることの2つです。

(基礎代謝は1日の消費エネルギーのうち6割~7割を占めているので筋力トレーニングをして筋肉を維持・増強することが大切です。)

逆に摂取エネルギーを抑えるという戦略は、無駄な間食を抑えることや食べる量・時間・種類などを工夫することです。

よく「あまり食べていないのに太ってしまうの~」とおっしゃる方がいますがおそらくご自分の気づかない間にエネルギーを摂取しているものと思われます。

皆さんが普段何気なく食べている食品のカロリーを『一番よくわかるカロリー早わかりBOOK』(西東社)を参考に比べてみます。

まずはお肉

部位にもよりますがだいたい 鶏 < 豚 < 牛 の順でカロリーが高くなります。

一番低カロリーなのは鶏のささみです。ボディビルダーがよく食べてるやつですね

続いてお魚

カロリーは 白身 < 赤身 です。

白身魚は赤身魚に比べて低脂肪・高たんぱくのものが多いです

最後に菓子パン

基本的にどれもカロリーは高いです

メロンパンは種類にもよりますが大体1つで500kcalあると思ってください

マーガリンやバターなどが塗ってあるパンはカロリーがグンと上がります

体重減を考えたら、菓子パンだけは避けたいところですね

以上、簡単ではありますが食品を選ぶときの参考にして頂ければと思います。

ただし、過度な食事制限は、脂肪だけでなく筋肉や骨も減らしてしまうので健康上良くありませんし、筋肉が落ちてしまうことは基礎代謝のダウンにつながりリバウンドをしてしまう可能性が高いです。

運動(筋トレ+有酸素運動)を中心にし、食事制限というよりまずは「食事の工夫」をする(低カロリーのものを選ぶ、寝る3時間前は食べない、油の少ない調理法にするなど。)ことが大切だと思います。

ついてしまった脂肪、その結果増えてしまった体重は一朝一夕には落ちません。ゆっくりでも楽しく、健康的に改善できる方法が一番良いと思います

運動に関してはやっぱり加圧トレーニングがおススメですね

体験ご希望の方はコチラまで↓↓↓↓↓

www.kaatsu-true.jp

では、また次回まで。

細田

« 加圧トレーニングとリハビリ | トップページ | 効果的なトレーニング頻度① »

運動・栄養・休養」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カロリー:

« 加圧トレーニングとリハビリ | トップページ | 効果的なトレーニング頻度① »

他のアカウント

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ