フォト

« 効果的なトレーニング頻度① | トップページ | 体組成的 効果② »

2010年3月26日 (金)

膝関節

こんばんは! トレーナーの今井です。。。

3月も残りわずかとなりましたね。

いつも 加圧×パーソナルトレーニングスタジオ 銀座 TRUEにご来館いただきまして、誠にありがとうございます!

さて、今回は膝関節について・・・

まずは、

201003261551000

上のような股関節及び膝・足首の状態の方は、女性の方でよく見受けられます。。。(骨盤の広さも影響していると思われます)

このような状態で、歩いたり立ったりすることが多いと、、、

膝の内側を痛めやすくなる率が高くります。

201003261513000 

上の図で言うQ角が大きくなると(内股の方が大きくなりやすい)、膝のお皿がももの外側の筋肉(外側広筋)に引っ張られ、外側にお皿がずれやすくなります。(股関節の内転及び内旋にて大きくなりやすいです)

その状態で、膝の曲げ伸ばしを行なっていると(歩いたりはもちろん、トレーニング中も)お皿の軟骨の摩擦を強く生じるため膝蓋骨軟化症になりやすくなったり、膝の内側の関節包が伸びきってしまい、痛みを生じることになりやすくなります。

年配の方で、膝の痛みが女性に多いのは、上記のような理由もあるようです。。。

それでは、このようなケースでおススメなトレーニングを説明させていただきます。

モデルはフロントスタッフの森永さんです。。。Photo

上記の図と同じポーズをとっていただきました。

Photo_2

ももの前内側(内側広筋の加圧トレーニング)

Photo_3

母指球に体重を乗せての内反・底屈筋のトレーニング。

Photo_4

薄筋(ももの内側)のストレッチ。

Bosu

股関節・膝関節・足関節の角度を考慮した加圧トレーニング+神経的トレーニング

身体の痛みや違和感・不調を予防しつつ、シェイプアップ・筋力アップ等の効果を得られるようにしていきたいのですね!

新規体験ご希望の方は

↓↓↓↓↓

www.kaatsu-true.jp

では、また次回まで。。。

今井

« 効果的なトレーニング頻度① | トップページ | 体組成的 効果② »

運動・栄養・休養」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 膝関節:

« 効果的なトレーニング頻度① | トップページ | 体組成的 効果② »

他のアカウント

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ