フォト

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月28日 (木)

体脂肪を減らすためのトレーニング

こんにちは。トレーナーの細田です。

今回は体脂肪を減らすための運動についてお話いたします。

体脂肪を減らす運動といえばジョギング・エアロバイク・エアロビクスダンスなどのいわゆる有酸素運動を真っ先に思い浮かべる方が多いと思います。

確かにこれらの有酸素運動は体脂肪を燃やす運動として間違いありませんがより効率よく体脂肪を減らすことを考えるのであればもう少しやって頂きたいことがあります。

それは筋力トレーニングです。

基本的に筋力トレーニングは有酸素運動ではなく無酸素運動ですのでいくらやってもそれ自体では脂肪は燃えません。

ではなぜ無酸素運動である筋力トレーニングが体脂肪の減少に有効なのでしょうか?

それについて説明いたします。

まず、「基礎代謝」という言葉をご存知でしょうか?「基礎代謝」とは「生命を維持するために最低限必要なエネルギー」のことをいい、言い換えれば「生けていれば1日で必ず使用するエネルギー消費」のことです。

基礎代謝は1日の全エネルギー消費の60~75%を占めます。

(※ちなみにジョギングなどの有酸素運動など活動エネルギーによるエネルギー消費は全エネルギー消費の20~30%にしかなりません。)

基礎代謝のうち60%は筋肉による熱生産のためのエネルギー消費に使われています。

整理すると、基礎代謝は一日の総エネルギーの約6割を消費していてその基礎代謝の約6割は筋肉により消費しているということになります。つまり最低でも1日の総エネルギーの内約40%弱は筋肉により使われていることになります。

この理由から体脂肪の減少に筋力トレーニングをして筋肉をつけることが有効だと言えるのです。

では、筋肉をつければどのくらい代謝が上がるのでしょうか?

おおよその数字ですが1kg筋肉を付けると約50kcal基礎代謝が上がると言われています。意外と少ないと感じた方も多いと思いますが一日に何もしなくても50kcal多く消費することになれば単純計算で1ヶ月で約1500kcal、1年で約18000kcalにもなります。

体脂肪は1gで約7kcalのエネルギーをもっていますので1kg落とすには約7000kcalの消費が必要です。

基礎代謝や活動エネルギーにおけるエネルギー消費は基本的に糖質:脂質の割合が1:1で消費されますので筋肉を1kgつけると1年で基礎代謝だけで約1.5kgの脂肪減少することが可能な計算になります。

そして、実際は筋肉がつくことにより日常の活動エネルギーによるエネルギーの消費も増えますのでさらにエネルギーを消費できる身体になります。

(※筋力トレーニングをすることで成長ホルモンの分泌が起こり、脂肪分解を促すことや筋力トレーニング後6~24時間ほど代謝が高い状態が続くなど他にも筋力トレーニングをするメリットはたくさんあります。)

ただし、筋肉を1kg増やすのにはそれなりの筋力トレーニングが必要になります。

筋肉がつくには約3ヶ月はかかると言われています。

筋肉を効率良く付ける具体的なトレーニング内容についてはまた、次回のブログにてお話させていただきたいと思います。

ではまた、次回まで!!!

細田

2010年1月18日 (月)

肥満

皆さん、こんにちは。  トレーナーの細田です。

1月も半ばを過ぎ、そろそろ本格的に運動を始めようと考えている方も多いのではないで

しょうか?

今回は「肥満」についてお話致します。

一般的に肥満とは「体重が重いこと」と考えられがちですが実は肥満とは「脂肪が過剰に

蓄積された状態」のことを言い、単に体重が重いから肥満とは一概に言えません。

ですので皆さんはどちらかといえば体重を気にするより体脂肪率を気にするようにまずは

意識改革をしてみましょう!

さて、本題に入りますがでは何故脂肪のつき過ぎである肥満が身体にとって良くないのか

考えたことはあるでしょうか?

意外とはっきりと答えられないですよね・・・。

その理由は単に体型が悪くなるからという外見的な問題だけでなく肥満が虚血性心疾患・

脳血管障害・糖尿病などの生活習慣病のリスクを増大させるからです。

このメカニズムについて簡単に説明いたします。

脂肪組織というのは内分泌器官であり、様々なホルモンやサイトカインと呼ばれる生理活

性物質を分泌します。

その数はこれまで分かっているだけで20種類以上もあると言われています。

その中には善玉の物質もありますが悪玉の物質も含まれてありその影響が生活習慣病

のリスクを高めることになるのです。

代表例としてインスリンの作用を阻害する「レジスチン」や動脈を狭く固くする「IL-1」「TN

F-α」などが挙げられます。

(もちろんこれらの物質も量が少ないうちは身体にとって有用な働きをします。)

さて、脂肪は大きく皮下脂肪と内臓脂肪に分けられますがこれら物質を多く分泌させるの

は内臓脂肪の方です。その量は皮下脂肪の約3倍と言われています。

因みに内臓脂肪は運動により落ちやすく減らしやすい脂肪です。

この理由から肥満を改善させ、健康な身体を維持・獲得するには「運動」が必要になってく

るわけです。

では脂肪を減らすのに効果的な運動とはどんな運動でしょうか?

次回はその「運動」についてお話致します。

2010年1月13日 (水)

腰椎

こんばんは! トレーナーの今井です。。。

昨日・今日は大分冷え込みましたね。

身体を冷やさないように心がけたいものです!

さて、今回は腰部のアライメントについて!!!

元々、腰部は前湾といって少し反った(表現が適正ではないかもしれません・・・)状態です。

Dsc00402

この腰部(腰椎)の下に仙骨(仙椎)があり、仙骨を挟み込むように腸骨(骨盤といわれるもの)がついております。

その為、骨盤の周りの筋肉の硬さや弱さによって、腰部の姿勢が変化してくることが多いのです。(イメージしづらい方はすみません・・・)

では、上の絵よりも腰部が前湾もしくは後湾しているとどうなるのか・・・

→もちろん、それぞれ腰痛と言われているものになりやすくなります。。。

Dsc00400 Dsc00401

上の図では、腰部が反った状態ですが、脊柱管(神経を入れているもの)が狭くなっているのが分かります。

それによって、ひどい場合には神経症状が出たりすることもあります。

又、もう少し下の腰部になると脊椎分離すべり症と言って、骨折を伴う場合もあります。

下の図はでは、腰部の骨(椎体)の間の椎間板の前部が圧迫され中の髄核が後方に移動しております。これが神経に触れてしまうのが椎間板ヘルニアと呼ばれるものです。

又、棘間靭帯も伸びているのが分かります。。。

上記以外にもそれぞれ、周囲の筋肉が硬くなったり肉離れ的な痛みや、靭帯が伸びるといったように腰部の姿勢が崩れることでの痛みの要素は様々です。。。

腰部が崩れれば(崩れているということは)、胸椎(背中上部)や頚椎(首)も崩れていることがほとんどです。

又、股関節はもちろん膝関節・足関節にも不具合を生じることが多いです。

腰部の姿勢をバランスよく出来るように意識しながらトレーニングすることは、痛みの予防・機能的な身体つくりのためには大変重要になってきます。

シェイプアップ・筋力アップと同時に、身体を少しでも機能的にしていきたいものですね!!!

では、また次回まで。。。

今井

2010年1月 7日 (木)

新トレーナーの細田です!

新年あけましておめでとうございます。

はじめまして。

1月より新トレーナーとして『True』で皆さまの健康づくりをサポートさせていただくことになりました細田と申します。

Dsc00397

写真でみるとこのような感じです。実物とは若干違うかもしれませんが・・・。

趣味はズバリ、トレーニングです。週に2度は必ずトレーニングをしています。

その際にはもちろん『加圧トレーニング』を取り入れております。

トレーニングに『加圧』を取り入れてから自分の身体が明らかに以前とは変わりました!

『加圧トレーニング』をしたことのない方、そしてある方もぜひ一度『TRUE』に足を運んでいただき、まずは一度体験してみてはいかがでしょうか?

きっと今までにないような効果を実感できると思います。

体験にお申込みの方はコチラまで↓↓↓↓↓

http://www.kaatsu-true.jp

最後になりますが、今井トレーナーと共にお客様それぞれの目的にあった質の高いトレーニングを提供できるように努力していきたいと考えております。

皆様にお会いできることを楽しみにしております。宜しくお願いします。

細田

2010年1月 4日 (月)

2010年も宜しくお願い致します。

あけましておめでとうございます!

多くの方々に支えられながら、新年を迎えられたことに大変感謝しております。

2010年が、皆様にとって素晴らしい1年となるようお祈り申し上げます。 

加圧×パーソナルトレーニングスタジオTRUEも、よりお客様に喜んでいただけるサービスをご提供できるよう、細田トレーナーと共に、全力で皆様の健康をサポートさせていただきます。

本年度もよろしくお願い致します! 

今井

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ