フォト

2018年1月17日 (水)

距骨の動きが美脚を決める!?

こんにちは!


身体機能評価に基づいたパーソナルトレーニングで機能的で美しい身体を手に入れる

パーソナルトレーニングスタジオ 銀座TRUE」 (www.kaatsu-true.jp/)
トレーナーの今井です。



朝、同じマンション内でエレベーターが一緒になることの多い小学生男子から私の軽装から質問してみたくなったのではと思われる、「おじさん、仕事何しているの?」という質問を
頂き、「トレーナー」と回答した所、「何それ」と返答され、「ママに聞いてみな」という返しにとどまり、トレーナという仕事の社会的な認知度の低さを改めて痛感しましたdespair。。。

さて、今回はタイトルにある通り少し偏った内容ですが、私の中では昔から超重要だと考えているお話しになります。(笑)


まずは、距骨ですが、

 

Thddsnj7ch


図のように、下腿と足部の丁度つなぎ目のような役割をしております。

その為、下腿に対する距骨の位置関係がよろしくなく(機能的な意味で)、動きが制限されている
場合、距骨と連動している足部の位置がよろしくなくなり、内反小趾外反母趾につながりやすくなります。

その逆もまた然りで、足部が外や内にずれてくると下腿を外や内にずらして何とかバランスを取ろうとするのですが、この動きは下腿の動きというよりは、大腿・骨盤・腰部といった箇所の動きになります。その為、X脚・O脚等にもなりやすく、脹脛や太ももの筋肉に部分的に負荷がかかる為、張ったりむくみ易くもなります。

Gaihan



と、文章では非常に分かりにくい為、下写真で説明させていたただきます。

Img_4980

上図はある方の無意識下の立位姿勢になります。踵骨・距骨の長軸線と下腿中心の長軸線を結んだ角度で、角度が小さければ小さいほど踵の真上に下腿が載れていると考えて頂きますと分かりやすいかと思われます。

 

上写真の方は母趾球がやや浮いているのですが、母趾球に体重を載せると(蹴り出しの際等)、これだけ骨盤等を移動させなくてはならなくなります。

Img_4979

歩行時には、これだけ、外側にも内側にもお尻(骨盤)をフリフリしなくてはならない為、足部はもちろんのこと、外ももや腰に負担が来るのが想像できます。また、同様の理由から膝や脹脛等にも負担がかかりやすくなります。


そこで、下腿に対する距骨の位置・動きを調整することで、

Img_5001_2

のように大分まっすぐになり、角度も減少しました!

この位置のまま、歩行していただければ、勝手に筋がバランスよく反応すると思われますが、足部・膝関節・股関節等の機能が発揮されなくても元の位置に戻りやすくはなります→それをトレーニングしていく流れになります。


今回は、美脚・美姿勢というフレーズに関して、下腿に対しての距骨のズレを変化させなくては何をしても難しい場合があるというお話でした!

※距骨から話はそれますが、足はとても大切という事で、我々トレーナー4名ともリアライン・インソールを装着!(ショップでもご購入いただけます!)

Dsc_0345_2

では、また次回まで。。。

 

今井

 

新規体験トレーニングをご希望の方は、↓↓↓迄、ご連絡お待ちしております!

 

~「銀座 TRUE」~  

h.p:http://www.kaatsu-true.jp/

mail:info@kaatsu-true.jp

tel:03-6226-2808



★★★セミナー情報★★★


「基礎から足を学ぼう!~足部・足関節の触診・評価・改善アプローチ法~」

◆足部・足関節の機能解剖学・関節構造・動きのメカニズム
◆足部・足関節の触診方法(骨・筋肉・靭帯・脂肪組織等)

◆足部・足関節の評価法(距腿関節・距骨下関節・ショパール関節・リスフラン関節)
◆足部・足関節の改善アプローチ法
◆膝関節・股関節との運動連鎖
※NSCA認定資格保有者(CSCS/NSCS-CPT);当セミナーは、 「資格更新のための継続教育活動(CEU)」となります。【0.3(A)】のCEUが取得できます。

【日時】2018年1月28日 (日) 16:00~19:00

【講師】
今井 宏(銀座TRUE代表 NSCA-CSCS・CPT、SKLZ JAPANパフォーマンススペシャリスト、日本アスレティック医科学協会認定HOPSマスタートレーナー、8年連続110本~140本/月セッション実施)
定員】 12名様(後1名様ご受講いただけます)

【受講料】 9,720円(税込)(当日お支払いただきます)

【ご持参いただくもの】 ウエア・筆記用具

【申込方法】 TEL:03-6226-2808   MAIL:
info@kaatsu-true.jp
迄ご連絡ください。(お名前と連絡先をお伺いいたします)  ※NSCA資格保有者は、資格種類、会員番号を明記及びご連絡いただきますようお願い致します。

«自分自身の身体を知ること

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ